• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪電気通信大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • N・Yさん(工学部/機械技術者・研究者)

私立大学/大阪

オオサカデンキツウシンダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

機械技術者・研究者  として働く  N・Yさん  にインタビュー!

  • ものづくり業界
  • 技術・研究開発職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

社会に感動や驚きを与えるような、“ものづくり”の担い手になりたい!

この仕事の魅力・やりがい

高校生のときから「技術者になりたい」と思っていたので、その夢を叶えたことが何より幸せです。現在、勤めている会社は技術力の高さが売りの会社で、扱っている製品群も多岐に渡ります。私が所属する部署が関わっている製品だけをとっても、遊園地の観覧車からロケットエンジンの試験設備まで、その幅広さが大きな特徴。技術者としての成長を考えたときには、最高の環境です。職場には尊敬する先輩たちが大勢おり、みんな“ものづくり”が大好きな人たち。仕事を離れたところでも「今度、こんなロボットをつくってみようよ」という話で盛り上がったりします。いつまでもこどものようなハートを忘れない。これも技術者の魅力かもしれません。

機械技術者・研究者として働くN・Yさん

好きなことを勉強し、憧れの技術者に!

機械技術者・研究者として働くN・Yさん
私の学生時代!

機械を触っていると、いろんなイマジネーションが!

私の学生時代!

大阪電気通信大学には、ものづくりに興味を持つ学生に対して場所や予算や技術を支援してくれる「自由工房」という活動の場があります。私は1年生のときから参加しました。発想力と行動力があれば「なにをつくってもOK!」。こんな魅力的なことはありません。私は仲間と一緒にヒト型二足歩行ロボットをつくって、キャンパス周辺の商店街のイベントに参加し、こどもたちに操縦してもらいました。あのときの、こどもたちの喜ぶ姿は今もはっきり覚えています。ものをつくるという喜びだけでなく、自分のつくったもので人を喜ばせる幸せもあるのだということを、自由工房の活動のなかで学びました。

後輩への応援&アドバイス

現場に足を運び、経験を積むことも大切な仕事

後輩への応援&アドバイス

技術者として仕事をはじめて、英語の大切さを実感しています。どうしても必要な機械が海外にしかないというのは、よくあることで、当然、英語で書かれた説明書を読まなければなりません。社内では定期的に英語講座が開講され、若手社員は一定レベル以上の英語力の修得が求められます。私は大学時代、英語の授業をしっかり受けていた記憶がありますが、授業だけでなく、もっと自発的に勉強しておけばよかったと少し後悔しています。英語ができれば、一気に自分の仕事が広がり、世界に通じていることが実感できます。国境を超えて仕事ができることも技術者の魅力だと思うので、ぜひ、みなさんも大学ではしっかり英語を学んでください。

プロフィール

N・Yさん のプロフィール

三菱重工メカトロシステムズ株式会社勤務/大阪電気通信大学 工学部電子機械工学科/2012年3月卒/入社2年目の今、これから叶えたい目標は、知識、経験を積んで、少しでも早くひとつの業務を任せてもらえる存在になること。「どんなに時代が変わっても、人間の“ものづくり”に対するニーズはなくなりません。しかも、時代にマッチした“新しいものづくり”を求め続けます。私もいつかは、時代にインパクトを与えるような、まったく新しい製品を自身の手でつくりだしたいと思っています。」

この先輩が卒業したのは…

大阪電気通信大学 工学部

学校イメージ

工学の基礎知識から最先端技術まで向学心を持って学べるカリキュラムで、第一線で活躍できるエンジニアを育成。三菱電機やきんでんなどの企業と連携した講座を開設するなど、実験や実習などを重視し、社会で活きる技術力を修得します。2018年4月には建築学科(仮称)を設置予定(※構想中)。「人と環境に配慮した建物・まちづくり」をモットーに、安全かつ快適な空間の提供、自然との循環型共生や、省エネルギーで環境負荷の低い建築物・都市、設計、施工をめざし、これらを実現できる建築家・建築技術者を養成します。さらにIT技術を活用して、建築設計・造形・設備などの実務に携わる技術者を養成します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
大阪電気通信大学(私立大学/大阪)