• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪電気通信大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 北野谷 征吾さん(工学部 電気電子工学科/電気工事士)

私立大学/大阪

オオサカデンキツウシンダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

電気工事士  として働く  北野谷 征吾さん  にインタビュー!

  • マスコミ・通信業界
  • 通信・システム関連職
  • 筋道を立てて考えるのが好き
インタビュー

電気を確実に届けるために、新しい知識や業務に挑戦しています。

この仕事の魅力・やりがい

「雷で停電して電気が使えない!」入社1年目のある日、お客さまからの連絡を受けて現場に緊急出動しました。雨雲は激しい雨を降らせ、時折強い風も吹いていました。電柱は頑丈に見えるかもしれませんが、思った以上に揺れるし、滑ります。「早く電気をつけてあげたい」という気持ちはあるものの、思うように作業が進まず時間ばかりが過ぎていきました。ようやく作業を終え、お客さまの元へ時間がかかってしまったことを謝りに行くと、「こんな悪天候の中、電気を使えるようにしてくれてありがとう」と逆に感謝の言葉をいただけたのです。長時間の復旧作業で肉体的にも精神的にも疲れていましたが、そんな疲れも一瞬で吹き飛びました。

電気工事士として働く北野谷 征吾さん

電気のプロとして、人々の生活を守っていきます!

電気工事士として働く北野谷 征吾さん
業界ココだけ話!

危険を伴う現場作業は仲間の安全を常に意識しています

業界ココだけ話!

現在は「外線設計」という仕事を担当しています。電柱の上にドラム缶のようなものが付いているのをご存知ですか?あれは電線を流れる高圧の電気を、家庭やオフィスで使用できる電圧に変換するための変電器なのですが、機器によって変換できる電気の容量が決まっています。家の新築などで新しく電気が必要になったとき、その変電器を容量の大きなものに交換したり、新しい電柱を建て、お客さまが必要とする電気を届けるのが私の仕事です。機器のことだけでなく、電柱を建てる場所や強度なども考えなければならず、いろいろな知識や計算が必要です。自主的に勉強したり、先輩たちに教わりながら仕事を覚えています。

これからかなえたい夢・目標

現在、自動卓の操作業務に挑戦中です

これからかなえたい夢・目標

電気の世界も、自動化やネットワークによる管理が進んでいて、現場に行かなくても電柱に付いている自動開閉器(スイッチのようなもの)を、営業所内の操作卓でコントロールすることができます。自動卓を操作するには、広いエリアでの電気の供給や流れをわかっていなければなりません。電気についての理解を深めるためにも、自動卓の操作業務に挑戦することがいまの目標です。私が和歌山営業所に配属された年は、台風12号が和歌山に大きな被害をもたらした年でした。復旧の応援に駆けつけたときは大変な状況でしたが、同時にとても意義のある仕事だと感じました。これからも、電気のプロとして人々の生活を守っていきたいです。

プロフィール

北野谷 征吾さん のプロフィール

関西電力株式会社 和歌山営業所 ネットワーク技術センター/工学部 電子工学科(現 電気電子工学科)/2009年3月卒/大学時代に仲間たちと「教職を盛り上げていこう!」とサークルを立ち上げて、教員免許を取得した北野谷さん。教育実習に行く前に自分たちで模擬授業を行い、意見を交換し合うことで自信をつけていったそうだ。そのメンバーの中には、いま教師として活躍している仲間がたくさんいるという。「サークルの運営や後輩の指導に取り組んだことで、自ら考え実行していく力が身についたと思います」と北野谷さんは分析している。

この先輩が卒業したのは…

大阪電気通信大学 工学部 電気電子工学科

学校イメージ

電気電子工学は、すべてのテクノロジーの基礎であると同時に、新領域開拓の突破口にもなる学問です。電子・光デバイス、電気・電子回路、計測・制御、情報、電気エネルギーという5分野の学びに対して、講義・演習・実験の反復を徹底。将来の幅広いフィールドに応じた知識・技術を効果的に修得します。「三菱電機講座」「きんでん講座」「日本電設工業講座」などの有力企業との連携講座を開講。それぞれの総合電子、環境・エネルギー、総合エンジニアリング、電気鉄道技術など各分野の最先端の技術を直接学ぶことができます。また、企業見学やインターンシップを積極的に行っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
大阪電気通信大学(私立大学/大阪)