• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大正大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 表現学部
  • 放送・映像表現コース

私立大学/東京

タイショウダイガク

放送・映像表現コース

人々に喜ばれる放送・映像をつくる専門技術や、企画を考えカタチにするプロデュース力を身につける

学べる学問
  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広告会社営業

    企業に広告宣伝を提案し、売り込む

    普段から業界の動向、各企業の経営などを分析し、どこにどのような広告を提案すれば契約してもらえるか戦略を立て、営業する。契約後は制作スタッフとの間で、効果的な広告を作る調整役となる。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

初年度納入金:2017年度納入金 126万2500円 

学科の特長

学ぶ内容

4年間で、映像・音声メディア・Web作品の企画から完成までの制作工程の基本を身につける
映像や音声メディア、Webコンテンツについて、企画から制作、仕上げまで実際に現場で働くプロから実践的に学ぶ。企画を考え、スタッフ手配や制作工程の管理も学生の手で行う。専門技術を身につけるだけでなく、企画を考え実現させるプロデュース力を身につけることに力を入れている。
メディアの特性をつかみ、効果的な表現方法を考える
テレビ、映画、ラジオ、Web番組など、さまざまなメディアの特質、役割や影響力など、メディアについて多角的に学ぶ。それにより、アイデアや伝えたいことを効果的に表現できるメディアの種類や活用方法を理解する。「見る人から、企画する人、つくる人へ」。「見せる人から、活用する人へ」。放送・映像の可能性も探究。

授業

授業の7割が実習。学年の枠を越えて作品を作るプロダクト方式で学ぶ
実習授業の中心はワークショップ。実写映像に、手書きやアニメ、3DCGなど幅広い映像表現を対象に、映画やCM、テレビのバラエティ番組など、多種多様な映像制作に取り組む。学年の枠を越え、さまざまな個性、能力を持つ人々と共同作業をすることで、コミュニケーション能力や制作を円滑に進める管理能力を身につけられる。
ホンモノを体験しながら学ぶ
授業では、テレビ番組を制作したり、映画の撮影現場を見学するなど、現場に触れる機会を多く設けている。学内には約40坪のスタジオにプロ仕様の放送機器を備えた副調整室、ナレーション制作が可能なMA室を併設。映像制作技術を学ぶために必要な施設・設備も用意している。

先生

映像表現の現場で活躍するプロフェッショナルによる授業を展開
長年にわたってテレビやラジオの報道に携わってきたジャーナリストや、数々の人気番組を企画制作しているプロデューサー、そのほか俳優、アナウンサー、映画監督、ウェブプロデューサーなど、業界のプロフェッショナルによる授業で、放送・映像の仕事をリアルに学べる。

制度

就職につなげるインターンシップ
プロの仕事を目の当たりにし、社会とのつながりや仕事に対する心構えをもつために、積極的にインターンシップを取り入れる。ATP(社団法人全日本テレビ番組製作社連盟)や社団法人撮影監督家協会などの公的インターンシップの他、映画制作やテレビ番組制作の現場へも積極的に派遣。現場経験は制作会社への就職に役立つ。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 社会教育主事任用資格 、
  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 社会福祉主事任用資格

日本語教員(養成講座修了証)※本学独自
社会教化者(養成講座修了証)※本学独自 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ東日本 、 (株)スタジオアリス 、 (株)映像システム 、 (株)クリーク・アンド・リバー社 、 ジュピターショップチャンネル(株) 、 (株)エイチ・アイ・エス 、 花王カスタマーマーケティング(株) 、 ソフトバンクグループ(株) 、 日本郵便(株) 、 (学)埼玉医科大学 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

上記は表現文化学科実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
TEL03-3918-7311(代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
巣鴨キャンパス : 東京都豊島区西巣鴨3-20-1 「板橋」駅から徒歩 10分
「庚申塚」駅から徒歩 7分
「西巣鴨」駅から徒歩 2分

地図

 

路線案内


大正大学(私立大学/東京)