• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大正大学
  • 好奇心の授業一覧
  • 好奇心の授業

私立大学/東京

タイショウダイガク

好奇心の授業

文化・地理・歴史
グローバリゼーションの幕開けって実は戦国時代!?
テーマphoto
テーマphoto
取材協力:佐々木 倫朗 教授
欧米人が日本に初めてやって来たのが戦国時代
戦国時代というと、名立たる武将たちが領土拡大のための戦いに明け暮れていた、いわば“内向きな”時代を思い描きがち。しかし一方で、ヨーロッパ人が初めて日本にやってきたのもこの時代です。ポルトガル人が鉄砲を伝来したのは1542年(もしくは1543年)。バスク人であるフランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝えたのは1549年。また、このころ、九州沿岸を中心に各地で密貿易を行っていた倭寇の多くは中国人だと言われています。
“シルバーラッシュ”に沸いていた戦乱のニッポン
ヨーロッパ人や中国人がこの時代の日本に大挙して押しかけたのには、ちゃんとしたカラクリ=理由があります。現在は世界文化遺産に登録されている石見銀山において大量の銀が産出されていたのです。当時の中国(明)の通貨は銀。日本国内では余剰になっていた銀を中国に運べば莫大な富を得られる。そこで外国人たちは我先にと戦乱の日本にやってきたのでした。ゴールドラッシュならぬ、シルバーラッシュ!――そんな時代が日本にもあったなんて、ちょっと驚きですよね。
歴史は進化する!?
とはいえ、この500年近くも昔の“カラクリ”が、歴史学上の通説となったのはここ15年位のことに過ぎません。つまり、歴史というのは、決して固定化されたものではなく、学者たちのたゆまぬ研究によって、たびたび“進化”もするのです。大昔のことなのに“進化”する――なんだかゾクゾクしませんか? ひょっとしたら、あなたもそんな“進化”に貢献できるかもしれません。
これって実は・・・歴史学
学べるのは、ココ!
大正大学 文学部 歴史学科日本史コース
photo
大学で学ぶ歴史学は、高校までの知識や年号の暗記を中心とした勉強とは異なります。歴史学とは、文献資料、考古資料、民俗資料、地理資料などを読み取り、歴史上の事実について明らかにしていくこと。こうした資料を出発点として歴史を考えていく手法を「実証史学」と言います。実証史学は大正大学建学以来の伝統として受け継がれてきたもので、資料に基づき事実を明らかにする手法は、卒業後にもさまざまな問題を自ら解決する力となります。歴史学科日本史コースでは、日本史上の各時代を専門とする教員がそろっており、古代から近世を中心とした政治史や仏教史、近現代の政治史の分野に力を注いでいます。

大正大学(私立大学/東京)