• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大谷大学
  • 先生・教授一覧
  • 川端 泰幸講師(歴史学)

私立大学/京都

オオタニダイガク

先生・教授

武士に対峙した中世民衆の力強い姿をあぶりだす 先生

川端 泰幸講師

文学部

【歴史学】
中世民衆の姿 ・京都で歴史 ・史料解読

日本中世史を民衆の視点からとらえることに取り組んでいます。中世というと「戦国時代・戦国大名」のイメージを持つ人が一般的には多いのですが、それだけではなく大名や武士が台頭してくるなか、それに対して民衆が共同体を作り、知恵を使ってたくましく生き抜いた時代でもあるのです。私はこういった名もなき人たちが大名と互角に戦って自分たちでルールを作っていく姿に関心を持ち、中世のなかでも特に戦国時代の民衆の歴史や、織田信長と戦った一向一揆などを中心に研究しています。また、中世は、村や地域社会、共同体などが生まれてくる時代であり、お茶やお花、踊りなど、現代にもつながる文化の基礎が生まれてきた時代でもあります。授業では、学生たちにこうした「中世人の息づかい」を感じてもらいたいと思っています。

「古文書解読法」も担当。史料から当時の状況を読み解くことで学生たちはさまざまな発見に出あいます。

授業・ゼミの雰囲気

史料を徹底して読み込み、また、歴史の地に実際に足を運ぶことで先人の姿が生き生きと立ち現われてくる

ゼミでは、中世の人々が書いた手紙や日記史料を読み解きます。現代語訳をするだけでなく、その背景や生活、どういう人物かなどを調べ、追究していくのです。「例えば書かれている食べ物、着物の柄について意見を交わしながら考えてみる。『ツルを食べていた』といった思わぬ発見もあります」と川端先生。関ヶ原をはじめ歴史的な場所へのフィールドワークや研修旅行も実施し、さまざまな形で歴史を見る目を養っていきます。「こうして身につけた『課題を見つけ、史料を集めて分析する力』は、将来どんな分野でもきっと役に立つはずです」。

関ヶ原でのフィールドワークの様子。昨年は、浄土真宗の寺院で掛け軸や古文書なども調査しました。

キミへのメッセージ

自ら学ぶ楽しさを知り、歴史を入り口にして関心の対象を広げてください

歴史学は単なる過去の検証ではなく、現在や未来を考えるうえで大切な学問です。そして自分で課題を見つけて考えていく学問です。自ら学ぶ楽しさを味わうとともに、歴史をきっかけに関心の幅を広げていってください。

この先生・教授に出会えるのは…

大谷大学 文学部

Be Real 京都でみつける新しい未来。人間を知り、自分らしく生きる力へ。…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
大谷大学(私立大学/京都)