• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大同大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • かおりデザイン専攻

私立大学/愛知

ダイドウダイガク

かおりデザイン専攻(2018年4月設置)

募集人数:
20人

生活を彩り、心を癒す要素としての「におい・かおり」を活用し、豊かな生活をデザインする技能を身につけます。

学べる学問
  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • アロマセラピスト

    香油を使って心身のリラックスを促す

    香油を使った匂いによるリラクゼーション法で、各症状に効く香りを使い分け、心身のリラックスや回復を促す。マッサージやフットバスなどリラックスの方法は色々。ホテルや百貨店にある専門サロンや、エステサロンなどで働く。

  • フレグランスコーディネーター

    香水の処方・設計・調香を行う

    化粧品販売店の店頭や、香水の教室などで、客や生徒に、洋服や演出したい雰囲気、気分に合わせた香水をアドバイスする。パフューマーは、既製の香水のアドバイスにとどまらず、好みに応じた香りの処方、設計、調香を行う。香水は、酸化や濃縮する時間が早いので、最適な状態をキープするための知識・技術も難しい。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 158万1300円  (入学金・代理徴収金を含む)

学科の特長

学ぶ内容

「におい・かおり」「生活環境」「人・こころ」の3つの領域を学ぶ
嗅覚の仕組み、においやかおりの測定・評価、においの除去、かおりの活用など、実験・実習を行いながら知識を習得。また、におい・かおりの心への影響とそれに基づく行動といった心理学的見地からの実験や調査、快適な生活環境の要素としてのにおい・かおりの役割等、「人や環境」と「におい・かおり」の関係を追究します。

先生

日本における“におい”研究の第一人者、光田恵教授に学ぶ
敏感に感じているのに解明されていないことが多い“におい”。ノーベル賞でも2004年まで嗅覚の分野からの受賞はなかったほどです。実は、光田教授は日本の“におい”研究の第一人者。においの測定やシャットアウトする方法など人の心や住空間における「におい・かおり」全般を研究。産学連携共同研究も数多く行っています。

研究テーマ

幅広い分野の企業と共同し、においに関する研究を発表【産学連携共同研究】
「におい・かおり」の分野でも、幅広い分野の企業と産学連携共同研究を進めています。≪共同研究例≫タバコ付着臭の成分分析(パナソニック)、病室における臭気測定(朝日工業社・ノリタケカンパニーリミテド)、システムキッチンの空気清浄システム(サンウエーブ工業(現:株式会社LIXIL))ほか多数。
においを測定し、評価・制御する。“におい”関連の研究に期待が高まる
本学で「におい・かおり」の研究が開始されたのは1998年。最初は高齢者施設のにおいに関する研究でした。その後、本学に専用ラボラトリーが設置され、毎回多くの研究関係者が集まる「におい研究交流会」を開催するように。光田教授の研究、においの評価と制御の成果も広く認められ、本学への期待も高まっています。

卒業後

研究者から、かおりデザイナーまで。「におい・かおり」の知識や技能を活用
介護環境やペットのにおい対策、消臭ブームなど“におい”関連の注目度は高まっています。その測定・分析や研究のみならず、かおりを使った人や空間の演出、消臭・脱臭・芳香剤の開発、香水やせっけんの香りを作る仕事、空気清浄機などのデザインなど、「におい・かおり」の知識や技能を活用できる進路は幅広くあります。

クチコミ

「第28回におい・かおり環境学会」でベストプレゼンテーション賞・学術賞をW受賞!
2015年8月に開催された公益社団法人におい・かおり環境協会主催「第28回におい・かおり環境学会」において、本学かおりデザイン専攻の学生がベストプレゼンテーション賞を受賞。また、同専攻の棚村壽三講師が学術賞を受賞し、本学では光田恵教授に続き2例目の受賞となりました。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 臭気判定士<国> 、
    • アロマコーディネーター 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • アロマテラピー検定

    調香師
    ハーブコーディネーター
    心理学検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    株式会社スギ薬局 、 あいち知多農業協同組合(JAあいち知多) 、 三重北部農業協同組合 、 株式会社ジェイアイエヌ(JINS) 、 日本ハウズイング株式会社 、 トランコム株式会社 、 株式会社スタッフサービス・ホールディングス 、 大冷工業株式会社 、 株式会社スギヤマ薬品 、 三重金属工業株式会社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒457-8530 名古屋市南区滝春町10-3
入試・広報室 0120-461-115(フリーダイヤル)
nyushi@daido-it.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
滝春校舎 : 愛知県名古屋市南区滝春町10-3 「大同町」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


大同大学(私立大学/愛知)