• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中央学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宮内 あずさ さん(商学部 商学科経営コース/金融機関販売・営業)

私立大学/千葉

チュウオウガクインダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

人の役に立つを大事に

金融機関販売・営業  として働く  宮内 あずさ さん  にインタビュー!

  • 金融業界
  • 営業職
  • 人と接したり話すのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

目標はお客様に喜んでもらうこと。組んでよかったと言われる関係性をめざして

この仕事の魅力・やりがい

今は、新人営業マンとして、ひたすらお客様に電話をかけ、当社の口座を開いてもらうのがミッションです。多いときは一日に100件以上の電話をかけることもありますが、その中で会っていただけるのは、ごくわずか。取引成立までの道のりは簡単ではありません。とはいえ、お客様と接触しているうちに「いつも元気だね」と覚えていただけるようになったり、趣味の話をしていただけるようにもなりました。お客様から教えていただいたお祭りに実際に足を運び、その話で盛り上がるうちに、取引が成立したことも。日々変わる相場や商品、世界経済など勉強することはたくさんありますが、頑張った分だけ、お客様に喜んでもらえるのがやりがいですね。

金融機関販売・営業として働く宮内 あずさ さん

日本経済の最前線にいるという感覚が楽しい

金融機関販売・営業として働く宮内 あずさ さん
今の仕事との出会い・きっかけ

わからないことはコーチャーに相談。頼りになります

今の仕事との出会い・きっかけ

父が銀行員だったからか、早くから金融業界に興味を持っていました。証券会社は、お客様の資産をお預かりし最善の提案をすることで、お客様の役に立てるところが魅力だと感じました。特に当社の場合は、「お客様のために」というモットーを掲げており、説明会で共感を覚えたのが入社のきっかけです。実際に働いてみて感じるのは、やはり日本経済の最前線にいるということ。相場は毎日変動し、経済は生き物のように変化しています。少しでも早く、時代の流れをキャッチするために、新聞やニュースは欠かさずチェックしています。いつかは先輩方のように、世の中の潮流を捉えて、お客様の役に立てる営業マンになりたいと思っています。

私の学生時代!

休憩時間は、貴重な情報収集タイム

私の学生時代!

学生時代は野球一筋。といってもマネージャーなのですが、中央学院大学は全学ベスト8に入るくらいの強豪校で、部員は200人以上、マネージャーも何人かいましたが、女子は私一人という環境でした。土日も練習があるため、友達と遊びに行くこともできず、ひたすら試合の手配や部員たちのフォローに追われていたような気がします。なぜ、裏方なのにそんなに頑張るのかとよく聞かれますが、正直自分でもよくわかりません。ただ、野球が好きなのと、私もチームの一員なんだという気持ちに支えられていたんじゃないかと思います。今の仕事も、学生時代のマネージャー経験を活かして、お客様とよいパートナーシップを築いていきたいですね。

プロフィール

宮内 あずさ さん のプロフィール

丸三証券株式会社 二子玉川支店勤務/商学部商学科経営コース/2014年3月卒/第一志望は銀行員だったという宮内さん。就職活動を続けるうちに「お客様のために」をモットーとする丸三証券と出会い、証券会社にも興味を抱くようになったのだという。「まだまだつらいと思うことばかりだけど、コーチャーの方に指導を仰ぎながら一歩ずつ成長したい」と語る宮内さん。でしゃばらず、裏方に徹することで、お客様とよりよい関係性を築くのが目標だ。

この先輩が卒業したのは…

中央学院大学 商学部 商学科経営コース

学校イメージ

学ぶ内容はもちろん、学生サポートも充実しているのが本学商学部の特長。1年次に「プロゼミナール」という授業を設け、担当教員が卒業までの間、アカデミックアドバイザーとして担任のような存在になります。また、「商学部入門講座」では、各コースで学べる内容を知ることができ、2年次から自分に最適なコースを選択することができます。4年次の「商学部卒業講座」では、4年間学習してきた商学に関する理論が現実にはどのように展開しているのかについて学びます。担当講師は実際に社会で成功している実務家の方々。商学の実社会に進む準備として、実務の感覚に触れることができるのも大きな特長です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
中央学院大学(私立大学/千葉)