• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中部大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 応用生物学部
  • 環境生物科学科

私立大学/愛知

チュウブダイガク

環境生物科学科

募集人数:
110人

「種の多様性」の上に成り立つ生態系を深く理解。環境への科学と技術を高め、21世紀の環境創造に貢献する人材を育成。

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 167万3300円 

学科の特長

学ぶ内容

種の多様性を理解し、生態系の中で「環境」をとらえる
多様な「生態系」における生物と環境の関係から、「種」の違い、個体ごとの「遺伝子」の違いなどを研究。「大気圏」「水圏」「土壌圏」すべてを研究フィールドに、それぞれの環境下で実験・実習・研究を行うことで生態系を保全し、環境修復・保全をめざして生物の機能を活用するための基礎的な素養を、徹底的に学修します。

カリキュラム

分子レベルから環境レベルまでの環境に関わるバイオサイエンスとバイオテクノロジーを学ぶ
バイオマスなどの恵みを有効活用し、持続可能な循環型社会実現が、21世紀の大きな課題。環境ビジネス、生物化学工業、食品加工業、農業、教員など、進路も広がっています。本学科では、分子、細胞、個体、集団、生活の各レベルの環境に関わるバイオサイエンスとバイオテクノロジーの科目を設定。高い専門性を身につけます。

先生

植物の成長・開花を遺伝子レベルから解析し、美しいままの花を作りだす
山田邦夫先生いわく「花弁の成長に関わる遺伝子やタンパク質の解析で、開花のコントロールや、今までにない色や形の花も作り出せます」。先生のめざす研究は、園芸学と植物分子生物学の融合。「切り花は鑑賞期間が品質要素の一つ。つぼみから開花、老化の過程を研究することで、切り花の鑑賞価値を高めることも可能です」

研究テーマ

4年次には興味ある分野を徹底的に研究
本学科のある学生の卒業研究テーマは、「東海丘陵要素植物群生に生息する昆虫の種類と生態」。1年半で約400種の昆虫を採取し、調査を実施しました。興味のあるテーマを徹底的に研究できるのが本学科の特長。また、ゼミ生の中には学科の先生と海外まで現地調査に行く学生もいます。

卒業後

環境は全産業のテーマ。幅広い活躍分野が待っています
卒業後は、環境関連ビジネスを中心に、あらゆる産業の環境保全職種など幅広い分野での活躍が期待できます。食品関係や飼料・肥料関係などの研究、製造、販売をはじめ、農水産物関連の総合商社なども。さらに、バイオサイエンスの学問分野を分かりやすく伝える環境科学ジャーナリストへの道も開拓できます。

施設・設備

基礎研究から新発見につながりそうなものまで、たくさんの植物がすくすくと育っています
応用生物学部には「閉鎖系温室」という設備があり、温室は窓が全く開かず空調で温度制御されています。現代のバイオテクノロジー・バイオサイエンス研究に欠かすことのできない遺伝子組み換え植物の実験設備が整えられており、基礎研究から新発見につながりそうな植物がすくすくと育っています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【農業】<国> (1種) 、
  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 食品衛生監視員

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 99 %

( 就職者数104名 )

主な就職先/内定先

    イオンリテール 、 明治 、 フジパングループ本社 、 日本空調サービス 、 富士薬品 、 土木管理総合試験所 、 非破壊検査 、 国立大学附属高等学校 、 清須市役所 、 豊明市役所 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200
中部大学入学センター TEL:0120-873-941

所在地 アクセス 地図・路線案内
春日井 : 愛知県春日井市松本町1200 「高蔵寺」駅から北口8番乗場発 名鉄バス 10分 中部大学下車
「神領」駅から大学直通の名鉄バス 乗車時間10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

中部大学(私立大学/愛知)