• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中部大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生命健康科学部
  • スポーツ保健医療学科

私立大学/愛知

チュウブダイガク

スポーツ保健医療学科

募集人数:
80人

生命科学・医学の知識を踏まえた健康スポーツの専門指導者に!※救急救命士・合格率100%(23名合格/2015年度実績)

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 救急救命士

    救急車の中や救急現場で救急救命処置を行うスペシャリスト

    心肺機能が停止状態になった重症患者に対する救急処置を、救急車の中などで、医師と連絡をとりながら行う仕事。従来は医師でなければ行えなかった処置が、平成3年の救急救命士法によって、救急隊員が行えるようになった。現在のところ、各地の消防本部に消防官に採用されることが条件。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 162万3300円 

学科の特長

学ぶ内容

科学的根拠に基づき、スポーツを適切に「処方・指導」できる力を身につける
本学科で育成するのは、水泳やエアロビクス、ジョギング、レクリエーションなどの生涯スポーツを通して、疾病・障がいの予防や健康増進に貢献する、新たな保健医療の専門家。スポーツそのものを指導するインストラクターではなく、科学的根拠に基づいて処方・指導できる「医療人」としての、幅広い知識と技術を学びます。

カリキュラム

スポーツの専門知識の前に、医療人として欠かせない医学・医療の基礎を理解
一人ひとりの健康状態に応じた健康運動プログラムを適切に処方・指導するためには、まず疾病や医療を理解することが不可欠。本学科では、現代病の発症メカニズムや診断・治療・予防法といった医学・医療の基礎を学んだうえで、健康運動の理論や実践指導に関する専門科目を履修するカリキュラム構成となっています。
多彩な分野を学んで興味の幅を広げ、専門性を深く追究できるカリキュラム
1~2年次の専門基礎科目では、生命、人間、健康、医療、保健予防、看護、リハビリテーション、医療技術、バイオテクノロジーなど、多彩な分野を学び興味を広げます。その後は専門科目を学び、理論・実技の両面から専門性を深めます。高い専門性と広い視野・豊富な知識を兼ね備えた、魅力ある指導者を目指します。

卒業後

スポーツ施設や医療機関など、「スポーツに強い医療人」として多彩な可能性
健康運動を処方・指導する専門家として、スポーツ施設や老人ホーム、障がい者施設、企業の保健・福利厚生部門など、さまざまな進路が期待できます。その他、医療や救急医学の知識を活かし、医療機関や医療関連企業、保健所、消防署などでの活躍も可能です。●救急救命士・合格率100%(23名合格/2015年度実績)

制度

「副専攻」制度で、+αの強みを持つ「スペシャライズド・ジェネラリスト」に
専門のほかに他学部・学科の専門教育科目から自由に選択して受講し、「もう一つの強み」をつくることができる「副専攻」制度。20単位履修すると「副専攻修了者」として認定され、修了証書も交付されます。たとえば「副専攻として幼児教育を学び、小児糖尿病を予防する運動指導のエキスパートに」といった進路も拓けます。
入学直後から卒業まで、4年間にわたるキャリアサポートが「適職」探しを応援
本学のキャリアセンターでは、専門スタッフが1年次よりキャリアカウンセリングを実施するなど、学生一人ひとりを強力にサポートしています。就職活動時の指導はもちろん、悩みや不安にも親身にアドバイス。また、「中部大学幸友会」会員企業による企業説明会の開催など、学生と企業の橋渡しも積極的に行っています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 障がい者スポーツ指導員 (初級) 、
  • レクリエーション・インストラクター

受験資格が得られる資格

  • 救急救命士<国> 、
  • 健康運動実践指導者 、
  • 公認スポーツ指導者 (水泳指導員、エアロビック指導員)

トレーニング指導者

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数60名 )

主な就職先/内定先

    東京消防庁 、 浜松市消防局 、 岡崎市消防本部 、 春日井市消防本部 、 豊橋市消防本部 、 大府市消防本部 、 知多市消防本部 、 愛知県警察本部 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200
中部大学入学センター TEL:0120-873-941

所在地 アクセス 地図・路線案内
春日井 : 愛知県春日井市松本町1200 「高蔵寺」駅から北口8番乗場発 名鉄バス 10分 中部大学下車
「神領」駅から大学直通の名鉄バス 乗車時間10分

地図

 

路線案内


中部大学(私立大学/愛知)