• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中部大学
  • 学校の特長

私立大学/愛知

チュウブダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

中部大学ならではの、さまざまな教育システムを用意。

1年間を2学期に分け、各学期で講義が完結する「セメスター制」を採用。通年開講制に比べ履修申告の機会が2倍になり、科目選択の自由度が高くなります。「指導教授制」では、教員が大学生活全般にわたって学生の相談相手に。英語力をつけたい人には、ネイティブスピーカー指導の英語集中教育プログラム「PASEO」を用意。英検、TOEFL(R)テスト、TOEIC(R)テストなどで所定の点数を得た学生への「単位認定制度」や、他学部・学科の専門教育科目を自由選択でき、20単位履修で修了者認定される「副専攻」制度もあります。工学部の「創成科目」では、社会のニーズを調査しテーマを決めて製品をつくるという、企業の製品づくりの流れも体験できます。学校の特長1

施設・設備が充実

広大なキャンパスに、最先端の研究施設などが集約。

約43万平方メートルの広大なキャンパスには、設備も充実。工学部のコンピュータ支援教育設備や、幼児教育学科・児童教育学科のための模擬保育室やピアノ室、生命健康科学部の50の病床を備えた実習室をはじめ、各学部の研究室・実習室には最新設備や機器を完備。全天候型グラウンド、映像スタジオ、野外ステージ、プール、武道館、食堂やコンビニ、ファストフード店、カフェ、パソコンショップ、郵便局などもあります。また、学生全員が1人1台自分専用のノートPCを携帯。キャンパス内にある情報コンセントを経由し、学内LANへアクセスでき、休講チェックや履修申告なども可能。パソコンを日常的に使用することで情報リテラシーも自然に養います。学校の特長2

就職に強い

毎年高い就職率をキープ!就職率98.8%(就職者数1,929名/2016年3月卒業生実績)

東海3県の中でもトップクラスのこの高い実績の理由の一つには、「社会でいま解決が求められているテーマにいち早く対応した教育を行い、社会が必要とする人材を育成して送り出す」という中部大学のモットー「実学主義」があります。企業からも高く評価されているこの「実学主義」に即して、入学直後から4年間を通じた「キャリア支援プログラム」を実施。きめ細かな指導とキャリア開発のための充実のサポートを行っています。また「公務員採用試験対策講座」や各種「資格対策講座」も充実。キャリア開発や就職活動をサポートする「キャリア支援課」では、キャリアカウンセリングやインターンシップの紹介などを行っています。学校の特長3
中部大学(私立大学/愛知)