• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 帝塚山学院大学
  • 学校の特長

私立大学/大阪

テヅカヤマガクインダイガク

教育方針や校風が魅力

産学連携プロジェクトにより、社会に役立つ人材を育成

各学科の学びを生かし、多くのフィールドで地域ならびに企業との産学連携プロジェクトを実施しています。情報メディア学科での地域のイベントポスター作成、食物栄養学科での地域の特産物を使ったメニュー開発などが主なものになります。食物栄養学科では、大阪狭山市から加工用のトマトと大野ぶどうを提供していただき、プロジェクトチームを立ち上げてメニュー開発を行ってきました。これらのプロジェクトの活躍が認められ、大阪狭山市から感謝状をいただきました。学校の特長1

資格取得に有利

充実した管理栄養士国家試験対策。検定料奨学金制度「ライセンススカラシップ」も用意

食物栄養学科の「管理栄養士国家試験」対策は、受験対策講座の開講、模擬テストの実施や個別指導など、実績のある専門の教員がサポートします。また「教員採用対策」は教職実践研究センターが応援します。教員育成に長年関わった大ベテランの先生が35回の対策講座で講義、問題演習、実地練習などを行います。その他にも、高額の検定料の試験でも学生がチャレンジできるよう「ライセンススカラシップ」を設けています。検定に合格した時に検定料の半額を奨学金として支給する制度で、学生のやる気をサポートします。学校の特長2

インターンシップ・実習が充実

実習や実験、職場体験など実際の経験を通して、現場で必要な実践力を養います

本学では、フィールドワークや演習、実習実験など、実践的な学びを重視しています。なかでも、人間科学部では、情報メディア利用の技術について制作実習を通して学ぶ「マルチメディア制作法」、番組制作のノウハウを学内スタジオで実践的に身につける「番組制作論」、描画療法や箱庭療法の技法を学ぶ「臨床心理学実習」、大量調理のノウハウを習得する「給食経営管理論実習」など、豊富な実習・実験科目を設置。最新設備・施設を使った実習や実験を通して、実践力を身につけていきます。また、就職プログラムの一環として、企業での職場体験を行う「インターンシップ」にも積極的に取り組み、数多くの学生たちが挑戦しています。学校の特長3
帝塚山学院大学(私立大学/大阪)