• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 藤井 康寿先生(教育学)

私立大学/岐阜

トウカイガクインダイガク

先生・教授

ゲームは今や勉強?!考える力を育むゲームを開発する 先生

藤井 康寿先生

人間関係学部  子ども発達学科

【教育学】
算数 ・プログラミング ・自作教材

2020年度以降実施される学習指導要領で、小学生からプログラミング教育を取り入れる方向性が決まっています。理論的な志向を身につける流れの中、私が研究しているのが算数教材の開発です。2年前には市販されているプログラミング言語を使って3桁の数字を当てる「マスターマインド」というゲームを作りました。これは携帯型ゲーム機とそのゲーム機のタッチペンを使う数当てゲームです。他にも子ども達が興味を持ち、自ら考えることができるようになる補助教材を常に考えています。もちろん教材を開発することが目的ではありません。こういった教材を教育現場でどう活用していくか。費用をかけずに工夫した教材を使い、子ども達の学習モチベーションをあげられるようなラーニングモデルを提案していけたらと模索しているところです。

「マスターマインド」を作るために購入したプログラミング言語は800円。ゲーム機を使わず紙でも遊べます

授業・ゼミの雰囲気

子ども達が楽しめる補助教材を活用して「算数脳を鍛える方法」が学べる授業

小学校教諭免許取得を目指す学生の必須科目でもある「算数科指導法」の授業では、本来の講義以外にも算数を楽しく学ぶための指導スキルや教材研究も行っています。学生が算数クイズやゲームなどを実際に解いてみて、子ども達に興味を持たせるためには教材をどう使えばよいのかを体感することができます。「算数の正解はひとつでも、そこに至るまでのアプローチはひとつとは限りません。問題を解くのに試行錯誤することで、算数脳を鍛えることが大切だということを理解し、教員になった時に上手く活用して欲しいですね」と藤井先生。

「九九ビンゴ」は、実際に学生達も挑戦。体感することで、授業への取り込み方を具体的に考えることができる

キミへのメッセージ

自分の意思と実感で、学びたい大学を選んで下さい

大学選びは“自分探し“と同じです。まずは足を運んでみて「五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)」を最大限に活用し、調べてみてください。自分の意思と決意を持って、本学を選択して欲しいと思います。

この先生・教授に出会えるのは…

東海学院大学 人間関係学部 子ども発達学科

小学校教諭・幼稚園教諭・保育士のトリプル資格を取得!子どもとともに成長できる創造性豊かな教育者へ…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
東海学院大学(私立大学/岐阜)