• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 教養学部
  • 自然環境課程

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

自然環境課程

「人間活動」と「自然環境」との調和のとれた環境の確立を目指し、地球環境問題の解決に向けた教育を実施

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

目指せる仕事
  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

初年度納入金:2017年度納入金 166万3200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

自然環境を保全しつつ、人々が豊かに生活できる「自然共生社会」を目指す
環境を自然科学の視点から理解することに重点をおきながら、関連する人文・社会科学的な視点を加え、環境問題の解決に向けた少人数教育を展開します。また、実験・実習を重視し、実践的に学ぶことで思考力・判断力を修得。広い視野を持ち、自ら考え、解決に向けて行動できる人材の育成を目指します。

カリキュラム

多彩な自然環境関連科目から、興味や関心に合わせて履修できる
1年次には基礎づくりとなる自然科学の科目(数学、物理、化学、生物、現代社会)を開講。2年次から開講される自然環境基礎実験では調査や実験を行い、レポート作成と教員との討論を通して総合的な思考力、判断力を養います。3年次からは研究室に所属し各自関心度の高い専門知識を身につけ、4年次の卒業研究へとつなげます。

先生

人間の生活に欠かせない「食」を題材に、自然環境や生活環境の問題を考察(室田憲一教授)
研究室では、「食」に関わる人間活動と自然環境の関連について、さまざまな問題を抽出し、その解決策について考察しています。「食」は、安全性や食糧不足のような問題を抱えているほか、生産、流通、消費の段階でも環境に関わる問題を抱えているため、自然環境や生活環境の問題を考察するには最適な題材となります。

実習

ユニークな体験型授業「環境体験演習」「環境保全演習」の開講
環境体験演習は、学外で実践的な知識を身につけることを目的とした体験型授業です。海洋調査船“望星丸”による伊豆大島での水環境調査、稲作体験、環境教育NPO体験、沖縄西表島での動植物生息状況調査、北海道栗山町での自然観察と利雪体験などユニークな試みが用意され、学生が興味のあるコースを選んで履修できます。

研究テーマ

人間と社会のかかわりについて問題意識を高くもった研究テーマの設定
理論だけにとどまらず、実際の地域や社会体験を卒業論文の研究テーマに活かしています。
-研究テーマの例-
 <エネルギー>二次エネルギーとしての水素利用へ向けた展望と課題
 <生きもの>絶滅に瀕したゲンゴロウ類の保全活動の実践
 <地球・環境>火山の誕生と噴火を再現する室内実験~超巨大爆発の謎~

大学院・専科

一般企業、行政分野、環境系企業、教育分野、NPOやNGOで活躍できる人材を育成する
本学大学院の人間環境学研究科では、共生社会の実現を目指して、人間の生き方を再考し豊かさの本質を問い直します。自然環境や社会環境、科学技術、環境教育などの環境政策を背景とした教育と実践的プログラムを重視した教育を展開。資格取得支援を行い、共生生活の構築に向けて行動できる人間を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 学芸員<国>

目標とする資格

    • 環境カウンセラー (市民部門) 、
    • 技術士補<国> (環境部門)

    生物分類技能検定  
    自然再生士補   
    eco検定(環境社会検定試験)(R)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アース環境サービス 、 日本生命保険 、 丸山工務店 、 九州旅客鉄道 、 ラコステジャパン 、 公立中学校 、 環境省 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

自然環境課程

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-6422(直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
湘南キャンパス : 神奈川県平塚市北金目4-1-1 小田急線「東海大学前」駅下車 徒歩15分
JR東海道線「平塚」駅より、バス乗車(約30分)。「東海大学正門前」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)