• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 材料科学科

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

材料科学科

募集人数:
80人

航空宇宙材料や産業の発展に欠かせない先端科学材料を幅広く研究します

学べる学問
  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 166万3200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

航空宇宙・先端科学技術の鍵を握る材料技術者・研究者を目指す
日本の材料開発・生産技術は欧米諸国と比べてもきわめて高いレベルにあります。金属・セラミック・高分子材料や、超伝導材料、エレクトロニクス材料など、あらゆる「材料」の幅広い知識・技術を身につけ、21世紀の技術革新を材料分野から支援する技術者・研究者を養成します。

カリキュラム

あらゆる材料に対応した4つのコース制
入学後は、4つのコースに分かれて学びます。各コースに定員枠は設けていないため、興味のあるコースを自由に選択することが可能です。
【材料技術者コース/超伝導・機能材料コース】
<材料技術者コース>工業材料を中心とした材料工学を総合的に学びます。 
<超伝導・機能材料コース>超伝導現象とその特性のほか、磁性材料や形状記憶合金などについて学びます。
【環境・エネルギー材料コース/航空宇宙・構造材料コース】
<環境・エネルギー材料コース>熱伝変換素子関連の材料など、環境問題解決を担う素材について学びます。
<航空宇宙・構造材料コース>航空宇宙機を構成する材料とその特性や複合材料などについて学びます。

授業

日本が世界をリードする先端材料について学ぶ「複合材料学」
低燃費で環境に優しい自動車や航空機にはどんな素材が使われているかご存知ですか?実は炭素材料や高分子材料などを組み合わせた、軽くて強い”複合材料“が使われています。授業では高分子系・金属系・セラミックス系等の各種複合材料の設計理論から材料の性質、用途などについて最新の研究成果を交えて解説します。
未来のキーテクノロジーである超伝導技術を学ぶ「超伝導工学」
低温において電気抵抗がゼロになる「超伝導」に関して、基礎から応用まで広く学ぶ授業です。超伝導の原理、超伝導材料の応用へ向けた線材化など基礎事項は、図や写真など使ってわかりやすく解説します。さらに、実用化が目前に迫ったリニアモーターカーなど、日本が世界を牽引する最先端超伝導技術に関して解説します。
学校概要

文理融合の幅広い知識と国際性豊かな視野を獲得

未来を見据え課題を探求する【自ら考える力】、多様な人たちの力を結集する【集い力】、困難があっても挑戦する【挑み力】、失敗を乗り越え目標を実現する【成し遂げ力】。独自のカリキュラムで4つの力を育てます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国>

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

目標とする資格

    • 技術士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    川金ホールディングス 、 日立ビルシステム 、 近江化工 、 日本鉄塔工業 、 デンソーウェーブ 、 東洋技研 、 オリオン電機 、 日本郵政 、 セントラルスポーツ 、 アルプス技研 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-6422(直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
湘南キャンパス : 神奈川県平塚市北金目4-1-1 小田急線「東海大学前」駅下車 徒歩15分
JR東海道線「平塚」駅より、バス乗車(約30分)。「東海大学正門前」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内


東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)