• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 電気電子工学科

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

電気電子工学科

募集人数:
140人

電気の明るい暮らしを創造、ECO社会を導く、電気系エンジニアを目指します

学べる学問
  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電気主任技術者

    安全な電気利用に欠かせない

    電気工作物の工事の監督のほか、電気を送り出す管理室で電気が滞りなく供給されているかどうかや、故障があった場合の処理をする。電気を安全に供給、運用する際の監視人のような役割を担う。電気は取り扱いを間違えると大きな事故の原因ともなるので管理責任は大きい。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 166万3200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

人間力、共生力、専門能力、達成力を持った人材を育成
幅広い分野のテクノロジーを学べる学科。学びを通して学生に身につけてほしいと考えている大きなテーマは4つです。科学的および文化的な広い視野を持つ人間力、体験型学習による仲間との共生力、電気系技術を社会で活用する専門能力、一人ひとりの志向にあった進路を決定する達成力。そのための指導を徹底します。
くらしのなかの身近な製品に活かされる電気・電子技術を学ぶ
電気・電子・通信工学の幅広い分野を学ぶことができます。たとえば、私たちの暮らしをささえる便利な電化製品は、電気・電子技術の結晶です。IHクッキングヒーターなどを使ったオール電化住宅や電気自動車などに直接触れて、楽しみながら電気を学んでいきます。

カリキュラム

電気機械、電気通信、電子機器の3コースを用意。コースを横断した履修もOK
交通や生活環境など社会基盤に関わる電気機械技術を学ぶ「電気機械コース」、移動体通信技術や音響と映像に関わる放送技術を学ぶ「電気通信コース」、半導体、ディジタル回路などの電子機器技術を学ぶ「電子機器コース」を設置。学生の興味に合わせて選択できるほか、3つのコースをミックスした科目選択も可能です。

授業

テレビ(TV)放送を知る「映像音響技術」や、環境に優しい車の仕組みを知る「電気自動車工学」
「映像音響技術」…TV放送の仕組み(中継技術、スタジオ設備、変調方式等)やサラウンドシステムなどの音響技術を学びながら未来の映像と音響を考えます。
「電気自動車」…電気自動車の作製に必要なバッテリー、モータ、モータ制御などの技術を学びます。また、鉄道などの電動車両の仕組みについても学びます。
ますます活躍するロボットの技術を学ぶ「ロボット工学」
自動車などの工場では、製品の組み立てを行なう産業用ロボットが活躍しています。今後は、人間型ロボットが皆さんの生活の中に入り、色々な作業を手伝ってくれることでしょう。本科目では、今後のロボットの発展を予想しながら、ロボットの動きを制御する技術を学びます。

研究テーマ

世界で1台、電気電子工学科オリジナル、自分たちの電気自動車を作ろう!
学生自らが企画し、運営するプロジェクトとして「電気自動車の開発」があります。開発コンセプト作りから、その実現のためメンバーが協力して「電気電子技術」「機械工学」「材料工学」などさまざまな分野の技術を組み合わせて開発していきます。あなたも行動力ある技術者として、一緒に電気自動車の未来を開拓しませんか?

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国>

第一級陸上特殊無線技士<国>
第二級海上特殊無線技士<国>

目標とする資格

    • 電気通信主任技術者<国> 、
    • 電気主任技術者<国> (第一種、第二種、第三種) 、
    • 電気工事士<国> (第二種)

    第一級陸上無線技術士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東急建設 、 関電工 、 東芝プラントシステム 、 日本空調サービス 、 日本電設工業 、 凸版印刷 、 キヤノン 、 古河電池 、 東京電力 、 東日本旅客鉄道 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-6422(直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
湘南キャンパス : 神奈川県平塚市北金目4-1-1 小田急線「東海大学前」駅下車 徒歩15分
JR東海道線「平塚」駅より、バス乗車(約30分)。「東海大学正門前」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内


東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)