• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 動力機械工学科

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

動力機械工学科

募集人数:
150人 (予定)

輸送機械とそのエネルギー源を主な題材としつつ、機械工学技術者を育成する

学べる学問
  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • レーシングエンジニア

    レースチームの技術面の責任者

    レースチームの技術面の責任者として、ベストの状態でレースに参戦できるようマシンを管理する。テスト走行の結果や次に参戦するレースコースの特色を踏まえ、マシンのチューニングの総指揮をとる。同時に新たなパーツの開発にも参加し、そのためにメーカーやスポンサーとの折衝も進める。

  • カーデザイナー

    コンセプトを形にする自動車・オートバイ・自転車など、乗り物のデザイナー

    自動車・二輪車メーカーなどで、自動車・オートバイ・自転車のデザインをする仕事。マーケティングをもとに新しい車のコンセプトが決定され、そのコンセプトを実際の形にしていくのが主な仕事だ。自動車のデザーナーはエクステリアと呼ばれるボディデザインと、内装のインテリアデザインとに分かれることが多い。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 166万3200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

産業・技術の発展に寄与できる豊かな創造性と開発力を備えた機械技術者を養成
エンジンなどのエネルギー変換機械や、自動車をはじめとしたさまざまな輸送機械に関連した研究・技術開発に取り組めます。カリキュラムはエンジン、自動車、環境保護、モータースポーツを主な題材としながら、機械工学に関する幅広い知識・技術を修得できます。

カリキュラム

自動車技術の基礎修得及び実践的学修
我が国の基幹産業の一つに挙げられる自動車産業は、先進技術を背景に世界をリードしています。カリキュラムは自動車技術の修得に必須な理工学の基礎を学び、次に専門領域を学ぶという段階を踏んだ履修構成となっています。また従来の機械工学で対処しきれない自動車関連科目を設置すると共に、実践的学修も重視しています。

授業

広範な自動車に関する技術の修得
広範な自動車技術を網羅するため、車両伝熱工学、エンジン工学、カーエアロダイナミックス、自動車工学、車両振動工学、レーシングカー工学等の専門性の高い科目を設置しています。また実験・実習を重視し、自動車用エンジンの分解・組み立て、ガソリンエンジン及びディーゼルエンジンの性能試験等も学ぶことができます。
従来型自動車用動力源から新動力源へ
従来型の動力源である熱機関では、エネルギーの枯渇や環境との調和において考慮すべき課題が多く存在します。近年、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車へと推移し、修得すべき専門技術も従来の機械工学領域に止まりません。そのため本学科では、電気自動車工学や燃料電池自動車工学の先進的な科目も設置しています。

研究テーマ

自ら新しい発想と技術にチャレンジし、研究や開発設計と同時にものづくりを経験する
授業とは別に、学生主体プロジェクトとして活動している「TOKAI Formula Club」。メンバー全員が1からものづくりを学ぶとともに、チームの運営から企画、設計・製作、そしてテスト走行など、マシン製作における全ての過程を経験。この活動を通して、将来エンジニアとして必要な技術・経験を身につけます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国>

目標とする資格

    • 機械設計技術者

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東芝 、 日立製作所 、 トヨタ自動車東日本 、 自動車部品工業 、 スズキ 、 三井造船 、 東京電力 、 東京急行電鉄 、 三菱自動車エンジニアリング 、 警視庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-6422(直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
湘南キャンパス : 神奈川県平塚市北金目4-1-1 小田急線「東海大学前」駅下車 徒歩15分
JR東海道線「平塚」駅より、バス乗車(約30分)。「東海大学正門前」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内


東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)