• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物学部

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

東海大学

トウカイダイガク

生物学部募集人数:140人

実験・実習重視のカリキュラムで好奇心を社会の課題解決へつなげる

募集学科・コース

実験や実習をとおして生物について広く学び、人と自然との調和を基に、広く社会で活躍できる人材を育てる

学科のテーマは「海を知り、海を活かす」。多くの実験・実習科目を広大なフィールドで展開し海のスペシャリストを育成

キャンパスライフShot

Photo
さまざまな実験科目を通して実験技術と分析機器の使い方をマスターし、研究についての考え方を理解します。
Photo
キャンパスの森で野鳥観察。北の動植物が生息する自然あふれる環境です。
Photo
室蘭沖での野外調査実習(ホエールウォッチング)の様子です。

学部の特長

学ぶ内容
生物学科
生き物に関する幅広い分野を学びます。自然環境や生態系からミクロな世界の生命活動にわたる多角的な側面から生き物を研究します。とくに、実験や野外実習を重視したカリキュラムが特長で、専門科目の生命科学系では細胞や遺伝子などの基礎と知識をもとに細胞工学、食品科学などのバイオ技術を身につけます。自然生態系では動植物の分類、生態系の基礎から野生生物調査や自然の保全、動物行動分析などの技術と行動力を身につけます。
海洋生物科学科
環境の問題や食糧危機の問題は地球の約7割を占める海を抜きには語れません。海洋生物科学科では、海を知るための環境・生態科学系と海を食糧資源の場として活用するための水産科学系を軸にして専門教育を行います。海や河川・湖沼の多彩な生き物を材料にした実験・実習や講義を行いながら、水圏生物に関する総合的な理解を深めていきます。北海道は太平洋、オホーツク海、日本海に囲まれており、実験環境に恵まれているのも海洋生物科学科の特色です。
授業
カリキュラムの特色
陸と海、ラボラトリーとフィールド、基礎と応用、生命の大切さ、自然のしくみといったさまざまな面から生物の探求を行います。 生物学科では実験室での細胞培養などの実験、キャンパスの森での野生生物調査のほか、西表島にある沖縄地域研究センターを利用した亜熱帯生物調査を行います。海洋生物科学科では道内に設置している3ヶ所の臨海実験所で実習や研究を行い、また本学所有の海洋調査研修船「望星丸」で海洋調査実習も行います。大自然の中でのホエールウォッチングやフィッシング実習、沖縄でのダイビングを中心とした環境生態系実習なども実施。漁協や水族館などでの就業体験も充実しています。
少人数教育
少人数制には仲間意識を高められるメリットがあります。フィールドワークや実験での協調はもちろん、教員との距離も近くなります。
資格
取得できる資格
【全学科】 中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科)、学芸員、自然再生士補◆
※◆以外は、全て国家資格
目標とする資格
【生物学科】 生物分類技能検定、中級・上級バイオ技術者認定試験、ビオトープ管理士(施工)
【海洋生物科学科】 技術士補<国>(水産・環境)、生物分類技能検定、ビオトープ管理士(計画・施工)

就職率・卒業後の進路 

■平成28年3月卒業生就職実績
沿海調査エンジニアリング、男鹿水族館、津軽海峡フェリー、東京一番フーズ、北海道栽培漁業振興公社、日糧製パン、日本ウミガメ協議会、日本衛生、日本ニューホランド、フロンティア・サイエンス、北洋銀行、丸水札幌中央水産、有楽製菓、北海道立オホーツク流氷科学センターGIZA、海上保安庁 他

問い合わせ先・所在地

〒005-8601 北海道札幌市南区南沢5条1-1-1
011-571-5111 (代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
札幌キャンパス : 北海道札幌市南区南沢5条1-1-1 地下鉄南北線「真駒内」駅より、「じょうてつ」バス(南96番または環96番)乗車(約20分)。「東海大学前」下車 徒歩1分

地図

 

路線案内


東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)