• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 海洋学部
  • 海洋機械工学専攻

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

東海大学

トウカイダイガク

海洋機械工学専攻

募集人数:
60人

ものつくりの立場から船、機械、ロボットなどの技術を学び、海の環境保持と利用を考えます。

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

目指せる仕事
  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 海洋学技術者・研究者

    海の資源を調査・開発したり、海洋土木など、海を有効活用するための技術・開発を行う。

    地球の7割を占めるという海をより有効活用するため、海洋に関するさまざまな情報収集や研究を行う。海底や海中の海の地形、気象、資源などを調査・開発したり、海洋土木など海での土木・建築のための新たな技術や工法の研究などで、海を新たなフィールドとしていかに役立てることができるかを研究したりする。また、船舶や水中船などの性能をいかにあげるかなどの研究も行われている。大学や専門の研究機関で研究活動を行うのが主。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 174万4200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

「ものつくり」を通して船、海洋資源・エネルギーや機械・ロボットなどを学びます
一度に大量の荷物を省エネルギーで運べる点で船は最も優れており、生活に必要な食料・エネルギーなどの大部分は船で運ばれています。社会生活を支える船や海洋資源・エネルギーに加え、持続可能な社会の発展に必要なロボットや機械システムを「ものつくり」を通して学び、社会を支える技術者を育成します。

授業

波浪中における船体運動の基礎を学ぶ「船体運動学」
水の上に浮いている船は波から力を受けて揺れますが、どのように揺れるかは船の形や波により変化します。また、船は港を出て、再び港にたどり着くために操縦する必要がありますが、直進しやすい船と曲がりやすい船があります。本授業では、水の上に浮いている物の動きを知るために船体運動や船に働く力について学びます。
機械設計技術者に必要な基礎知識を習得する「機械力学」
機械を構成する個々の部品に用いられる機械材料の種類・特性や、機械の部品をどのような形状で配置・連結し、目的の運動を起こさせるかについて学びます。機械要素設計、往復機械・回転機械の力学等を扱う機械力学、機械仕事及び熱エネルギー等を扱う熱力学などについて演習を交えて学びます。
工学的な立場からロボットを解析し制御技術を学ぶ「ロボット工学」
現代では人間の仕事をロボットに任せることにより、格段の性能を引き出し、作業領域を拡大しています。本授業ではロボットを制御工学的な面から捉え、ロボットの制御、センサー技術と制御、知能技術について学ぶことで、ロボットに共通する基礎的手法を理解します。最新のロボット開発状況についてもビデオなどで学びます。

研究テーマ

海上都市、海上空港の建設や、海洋資源エネルギー開発に必要とされる浮体技術を研究しています
近年、海上都市・海上空港などの建設や、海洋資源・エネルギーの採集・利用などの、新たな試みに期待が寄せられています。そのため沖合や水深が深い海域で利用できる浮体構造物や海洋機械が求められる時代になりました。【砂原俊之研究室】ではこれらの機械を安全かつ地球環境に優しく利用する浮体技術を研究しています。
海における建設工事や調査など、あらゆるシーンで活躍する水中作業ロボットを開発しています
【坂上憲光研究室】ではアームを持つ水中ロボットをダイバーの代わりにした、効率的な水中作業の実現をめざしています。現在は自分たちで設計した水中ロボットを使い、沖縄等で基礎実験を重ねています。将来はロボットを使って海中・湖での環境や生物の調査、船のメンテナンス、遺跡の調査などに役立てたいと思っています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種)

海洋環境士(本学認定資格)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    海上保安庁、警視庁 、 東京消防庁、長野県庁 、 静岡市役所、イオンリテール 、 紀文食品、モロゾフ 、 花王、鴻池運輸 、 日本海洋掘削、熊谷組 、 テレビ埼玉、東京ベイヒルトン 、 米久、川崎近海汽船 、 内海造船、鳥羽水族館 、 横浜八景島 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

海洋学部全体

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒424-8610 静岡県静岡市清水区折戸3-20-1 清水教学課(入試広報担当)
TEL:054-337-0144(直)
E-mail:umi@ml.tokai-u.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
清水キャンパス : 静岡県静岡市清水区折戸3-20-1 JR東海道線「清水」駅より、「東海大学三保水族館」行き、または「三保車庫前」行きバス乗車(約20分)。「東海大学・海技短大前」下車 徒歩2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)