• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文化社会学部
  • 文芸創作学科

私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本

トウカイダイガク

文芸創作学科(2018年4月設置予定(構想中))

募集人数:
60人

古今東西のさまざまな文芸作品から幅広い知識を得て、創作や批評をはじめとする多様な表現力を修得する

学べる学問
  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 外国文学

    海外の文学作品を読み、その国の文化や思想を学ぶ

    外国文学を読み、作家や作品の研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会や人間そのものを研究する。文学史、作家論のほか、言語や文化の研究も行う。語学学習は必須。

  • 児童文学

    日本や外国の児童文学を研究し、創作する

    童話や昔話など、児童を対象にした文学と、児童文学の読み手である児童の心理や言葉の発達などについて研究する。児童文学を創作することもある。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

目指せる仕事
  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • 作家・小説家

    文章表現で、人を感動させる作品をつくる

    大きくは、純文学系とエンターテイメント系に分かれる。作品を書き下ろし単行本になる場合と、新聞や週刊誌、月刊誌などに連載されたものがあとから本にまとめられる場合がある。いずれにせよ、書き続ける意欲と情熱は欠かせない。

  • 校正者

    印刷物の制作過程で、誤字・脱字などの間違いをチェック

    新聞や書籍、雑誌など、印刷物をつくるときに原稿に誤字や脱字、事実誤認などの間違いや写真などの誤りがないかをチェックする。漢字やさまざまな表記上の決まりについての知識、文章の理解力なども求められる。また文章内容によっては、その分野の専門知識が求められる場合もある。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • コピーライター

    消費者や時代をとらえた、商品宣伝などのコピーをつくる

    商品などの広告・宣伝の文案(コピー)やキャッチフレーズを考えて書く仕事。商品の内容やスポンサーの意図を把握したうえで読者や消費者の目を引く、斬新な文章を書くことが要求される。折り込み広告、ポスター、CMなど仕事内容はさまざま。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 152万5200円  (入学金30万円、授業料他 含む)

学科の特長

学ぶ内容

自分の意思や考えを伝達するために不可欠な言語表現力を養う
古今東西のさまざまな知識や教養に触れ、多くの文化や文芸作品から幅広い知識を得て感性を磨いていきます。そして、自分の感じたことを言葉にしていくことを学びます。そのために多くの作品にふれ、自分で作品を創作したり、既存の作品を批評したり、種々のテーマについて研究を重ねたりします。

授業

さまざまな分野から自分に合った授業を組み合わせて選択する
創造と読書、表現と理解とを一体のものとして高める創造的な文学教育のもと、社会で通用する表現力、文章力、教養を身につけることができます。授業は創作系、批評系、編集系と大きく三つの柱に分かれて構成され、その中から自分に合った授業を選び、最終的に卒業制作へとつなげていきます。

先生

現役の作家・批評家が、直接指導することで表現力をきたえる
文芸創作学科の教員は、小説、批評、詩歌、映画、絵本、文学研究などのフィールドで活躍している表現者です。現役ならではの経験を生かして、「読むこと」と「書くこと」を実践的にサポートします。いろいろな分野での学びを通して、社会で役に立つ表現力と思考力を培います。

ゼミ

教員の指導のもと、小説創作、詩作や批評、エッセイ、論文の執筆に取り組む
自由に好きなことを追求できるのが、この学科のゼミの特長です。たとえば小説でも、恋愛小説、SF、歴史小説、ミステリー、ファンタジーなどジャンルは様々で、近年では、進路選択に悩む等身大の主人公の話や、有名童話のキャラクターをモチーフにした連作、神々の世界や幻想的な異空間を描いた長編などが創作の好例です。

研究テーマ

文学作品や作家に関係するテーマの例
「漱石先生を読む」(漱石の人間性を浮かび上がらせる書簡・随筆の分析)、「『時計じかけのオレンジ』から見る暴力とディストピア」(バージェス、トマス・モア、プラトン、オーウェル、村上春樹を考察)、「谷崎潤一郎と正岡子規における食の探求」(異常なまでの食への執着を見せる両作家と、人間と食との関わりの再考)
文化や歴史、社会に関係するテーマの例
「1300年目の古事記」、「アングラ・小劇場運動と野田秀樹の関係」、「ラーメンズとポツネンから考える小林賢太郎の面白さ」、「軽井沢文学論~二面性から読み解く軽井沢の魅力」「ゾンビ映画論」、「ライトノベルの誕生と発展、未来」、「ロボット文学における存在の不自然性」、「萩尾望都論~日本マンガ史の一断面」

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 司書<国> (予定) 、
  • 学芸員<国> (予定) 、
  • 社会教育主事任用資格 (予定)

※どの資格も所定の条件を満たす必要があります。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日本郵便 、 法務省 、 十和田市役所 、 北秋田市役所 、 嬬恋村役場 、 相模原市役所 、 寒川町役場 、 神奈川県警察本部 、 コナカ 、 スタッフサービス ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(本学科の前身「文学部文芸創作学科」の実績)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-6422(直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
湘南キャンパス : 神奈川県平塚市北金目4-1-1 小田急線「東海大学前」駅下車 徒歩15分
JR東海道線「平塚」駅より、バス乗車(約30分)。「東海大学正門前」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内


東海大学(私立大学/神奈川・北海道・東京・静岡・熊本)