• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京家政学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 現代生活学部
  • 食物学科

私立大学/東京

トウキョウカセイガクインダイガク

食物学科(2018年4月開設(※栄養士養成施設申請予定))

募集人数:
70人

栄養士の知識と技術を基盤として、「食」のフィールドで活躍するための実践力を養います。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

初年度納入金:未定  (認可申請中のため認可後に公表)

学科の特長

カリキュラム

現場のリアルを学び基盤を固め、さらに3分野の特徴的な科目を通じ広い領域の専門性を高めます
栄養士の知識と技術を基にビジネスや教育など幅広い教養を取り入れ、食をめぐるさまざまな課題の発見力と解決力、「豊かに生きることを実践する食」を創造・提案する力を養います。地域や企業との連携による実践的なプログラムも豊富。卒業後は栄養士分野だけでなくフードビジネスやコーディネーター、教育へと広がります。

卒業後

マルチな能力を持ち新たな「食」の価値を提案できる栄養士(栄養士養成施設申請計画中)
福祉施設・学校・病院・事業所等の給食管理、健全な食生活の実践を担う自治体・企業の栄養士、学校で食育の授業を担当する栄養教諭、食生活を基軸に教育できる中・高校の家庭科教諭、食品の品質・安全・衛生面の指導・管理者、食品メーカー・フードサービスでのメニュー企画・開発、小・中学校の給食の運営等をめざします。

施設・設備

自然豊かで落ち着いた町田キャンパス
学生の街として発展する八王子にも近く、自然豊かで落ち着いた雰囲気は、4年間の学生生活を送るのに快適な環境です。また、地域の企業との連携による授業が多くあります。

教育目標

これからの豊かな「食」を創造する人材を養成します
食物学科は、「食生活と栄養・健康」、「教育・栄養教育」、「食品の衛生・安全」、「フードビジネスと企画開発」などの分野において教育・研究を行い、これら専門的知識・技能と使命感をもって広く社会に貢献できる人材を育成します。
学校概要

世の中が変わる、家政が変える 東京家政学院大学

東京家政学院大学は、実験・実習による学びや地域連携活動が特徴で、問題に向かい合い、いかに解決すべきかを「生活者の視点」で考察し、現代社会が抱える問題を発見・解決する「プロフェッショナル」を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 栄養士<国> 、
    • 管理栄養士<国> (卒業後実務経験1年) 、
    • 栄養教諭免許状<国> (二種) 、
    • 中学校教諭免許状【家庭】<国> (一種) 、
    • 高等学校教諭免許状【家庭】<国> (一種) 、
    • フードスペシャリスト

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

行政機関、教育機関、病院、福祉施設、食品メーカーなどでの活躍が期待されます

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒194-0292 東京都町田市相原町2600
TEL 042-782-9411 (町田キャンパス入試広報グループ)
nyushi@kasei-gakuin.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
町田キャンパス : 東京都町田市相原町2600 JR横浜線「相原」駅下車、バス停「相原駅西口(のりば2番)」から「東京家政学院」行乗車、約9分
京王高尾線「めじろ台」駅下車、バス「めじろ台駅(のりば4番)」から「東京家政学院」行乗車、約13分
JR「八王子」駅下車、バス停「八王子駅南口」から「東京家政学院」行乗車、約30分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京家政学院大学(私立大学/東京)