• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京家政学院大学
  • 学校の特長

私立大学/東京

トウキョウカセイガクインダイガク

自然がいっぱいの広いキャンパス

それぞれに個性を備えた「千代田三番町」「町田」の2つのキャンパスがあります

千代田三番町キャンパスは、JR・地下鉄6路線が利用できるなど、抜群のアクセスを誇る都心のキャンパスです。周辺には東京の代表的な名所なども多く、そこを学びの場とするフィールドワークが特徴です。現代家政学科と人間栄養学科(2018年4月設置予定・構想中)の学生が学びます。町田キャンパスは、学生の街として発展する八王子にも近く、自然豊かで落ち着いた雰囲気で、4年間の学生生活を送るのに快適な環境です。また、地域の企業、幼稚園との連携による授業が多くあり、生活デザイン学科・食物学科(2018年4月設置予定・構想中)・児童学科の学生が学びます。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

さまざまな「プロフェッショナル」を目指せる学びがあります

学科別の専門教育に加え、国際化・情報化に対応する基本ツールとしての「使える」語学教育やITリテラシー教育をはじめとする基礎科目も充実しているので、専門教育をより深く学ぶための基礎知識を、入学後に身につけることが可能です。また、実践力を養うための、実験・実習中心の実学プログラム、学生参加型の教育プログラムが豊富です。企業との共同商品開発、地域の子育て支援事業のオーガナイズ、産学協同プロジェクトなどが盛んで学生からも人気です。学校の特長2

歴史や伝統がある

日本に女子教育を根付かせて94年。伝統ある東京家政学院であなたも学びませんか?

本学は、1923年に大江スミによって設立された家政研究所を母体とする94年の歴史を誇る女子大学です。創立者・大江スミは、文部省(当時)の留学生として「家政学」研究のため、英国留学したほどの才媛で、日本の女子教育の礎となった人物でもあります。大江スミの教育理念は、「時代と社会の要望にこたえる日本女性にふさわしい、すぐれた知識・豊かな徳性・望ましい諸技術を、個性に応じて調和のとれた形で体得させる」こと。この理念は今もなお、知識(Knowledge)、徳性(Virtue)、技術(Art)の頭文字をとって、本学の建学の精神「KVA精神」として息づいています。学校の特長3
東京家政学院大学(私立大学/東京)