• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工芸大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術学部
  • マンガ学科

私立大学/東京・神奈川

トウキョウコウゲイダイガク

マンガ学科

募集人数:
60人

マンガについて体系的に学ぶ、深い理解が実績につながる

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • 漫画原作者

    登場人物から、場面設定までまんがのストーリーを考える

    まんがにはストーリーが必要だ。そのストーリーを考えるのが原作者。まんがの原作だけを書いて仕事をしている人はまれ。小説家や脚本家など、他にも仕事を持っているケースが多い。まんがの原作の仕事は取材に行くなど、通常ライターの仕事に似ているが、表現段階になると会話のセリフや、より短い言葉でまとめる等、絵柄とのバランスはもちろん、構成力や描写力が求められる。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • 画家

    旺盛な創作意欲で描き続ける

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろだが、絵の収入だけで生活できる画家は少ない。教師やデザイナー、イラストレーターなどの副業を持ち、自分の才能を信じて創作活動を続け、大きな賞を受賞するのが成功への早道だろう。

  • 美術研究者

    大学・大学院、美術館・博物館などで専門分野を研究し論文を書く

    美術学、美術工芸品など美術に関連した専門的な研究を、大学・大学院、美術館・博物館などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

初年度納入金:2017年度納入金 189万5000円  (うち入学金25万円)

学科の特長

学ぶ内容

マンガを学問の対象として総合的に学び、将来に活かす
国際的にも高く評価されている、日本を代表するビジュアル表現「マンガ」はメディア芸術として幅広い分野に展開することができる可能性を秘めている。本学科ではマンガ表現を核とした、幅広い分野において新たな文化や価値を発信できる高いポテンシャルを秘めた人材の育成をめざす。

カリキュラム

3つの領域
ストーリーマンガをはじめとした創作系に限らず、理論系も含め幅広くマンガおよびその周辺の業界で活躍できるよう、1・2年次から「ストーリーマンガ」「キャラクターイラスト・イラストレーション」「編集・研究」領域をフォローする履修モデルを設定。入学時から将来の進路を考えられるカリキュラムになっている。

授業

プロフェッショナルによる講義を通じて、プロとして生きるための力を身につける
マンガを取り巻く業界・企業の第一線で活躍するプロフェッショナルの方々を講師に迎える。現役で働くマンガ家、編集者などからの生の話を聴くことで、興味ある業界の現状を深く知るとともに、高度で実践的な知識・技術はもちろんのこと、プロとして生きていく上で必要な考え方も身につける。

学生

在学生・卒業生が続々とマンガ家デビュー!未来の人気作家をめざす
「ビッグコミックスピリッツ」「週刊少年ジャンプ」「LaLaDX」などに、在学生・卒業生が次々とデビュー!他にも新人賞への応募や出版社への持ち込みを繰り返し、担当編集者が付いてデビューをめざす学生も多い。出版社が一極集中する都心に位置するキャンパスで学ぶ地の利を活かし、学生たちは日々切磋琢磨している。
主なデビュー実績
【マンガ家】慎本 真『SSB-超青春姉弟s-』/オダトモヒト『デジコン』/ヨゲンメ『キミと死体とボクの解答』/雨水 龍『月夜田定の世界の救い方』/池田 恵介『天杖のアルワンド』(週刊少年ジャンプ読切)【イラストレーター】玉木 えみ『少女系きのこ図鑑』/ぎうにう『俺と巫女たちの方陣輪舞』(イラスト担当)

卒業後

将来は、従来のマンガの枠を超えて多彩なビジネスフィールドで活躍
プロのマンガ家を養成することを目的とするほか、編集者・マンガ原作者・キャラクターデザインなど、4年間で培った知識と教養と技術を武器に、これからますます発展していくであろうマンガ関連ビジネスの多彩なフィールドで活躍できる人材育成をめざす。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アフロ 、 A-1 Pictures 、 NHKメディアテクノロジー 、 カヤック 、 コロプラ 、 サイバーエージェント 、 スクウェア・エニックス 、 東映アニメーション 、 博報堂プロダクツ 、 ミクシィ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(芸術学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583
TEL 0120-12-5246(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
厚木キャンパス : 神奈川県厚木市飯山1583
(1、2年次)
小田急小田原線「本厚木」駅下車 「厚木バスセンター」7番乗り場からバス「東京工芸大学」行きで 20分

地図

 

路線案内

中野キャンパス : 東京都中野区本町2-9-5
(3、4年次)
都営地下鉄大江戸線「中野坂上」駅から徒歩 7分
東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


東京工芸大学(私立大学/東京・神奈川)