• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工芸大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術学部
  • ゲーム学科

私立大学/東京・神奈川

トウキョウコウゲイダイガク

ゲーム学科

募集人数:
60人

ゲームを学問として学び、世界で通じるクリエイターになる

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 広告プランナー

    商品などを売り出すためのアピール方法を企画する

    商品や企業イメージなどをその時代や流行、消費者ニーズを考えながら、どのように広告していけばいいのか企画するのが仕事。イメージ作りはもちろん、デザイナーやコピーライターを集めたり、どの時期にその媒体に広告を打つと効果が高いかなども考えながら仕事を進める。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • ゲームプログラマー

    プログラム言語でゲームの世界をカタチにする

    ゲームをつくるための素材をすべてコンピュータを使って仕上げる。ストーリーが面白くてもプログラミングできなければ形にはできない。ゲームをつくりこむ職人的なスペシャリストとしての技術が必要。

  • サウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

  • ゲームCGデザイナー

    ゲームの世界を臨場感あふれるものにするCGを操る

    最近のゲームの多くは3DCG。立体感が出るからこそ、しっかりしたデッサン力や構成力が求められる。ただし、デザイン性とともに、データの重さなどの操作性もあわせて考える必要がある。新しいソフトや技術が出てくるので、それらを使いこなしていける柔軟性と吸収力も必要。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 189万5000円  (うち入学金25万円)

学科の特長

学ぶ内容

「遊び」の本質を学び、人が豊かになる未来をめざす
本学科は、ゲームを学問として捉え、その本質を理論的に追求し、未来の「遊び」を担っていくゲームクリエイターを育成する。ゲームや「遊び」について深く学び、制作の技術だけに留まらない、本質を知るクリエイター教育をめざしている。

カリキュラム

3分野が集まり、それぞれの能力をチームによるゲーム制作で発揮する
初年度から「企画」「デザイン」「プログラム」の3分野に分かれ、共通の概念や、各分野の基礎となる技術を学ぶ。2年次には3分野合同のチームを組み、ゲームを制作。アイデア出しから完成までのゲーム制作の実践を全うし、プロの制作現場同様、コミュニケーションやスケジュール管理など総合的な能力を養う。

授業

実力を高める独自科目
【プロデュース論】ゲームを市場に出すには、創造性のほかにマネージメント、マーケティング、生産、プロモーション、財務などの経営的視点が重要。これらを学ぶために現場のプロデューサーを招き、「プロデュースとは何か」を論じ、考察する。

先生

一流のクリエイターが揃う教授陣
株式会社ナムコ(現:株式会社バンダイナムコゲームス)で人気ゲームを開発した岩谷徹教授や人気シューティングゲームを手がけた遠藤雅伸教授など、一流のクリエイターから指導を受けられる環境も魅力。

学生

学生の活躍が目覚ましい。数々のコンテストで受賞続出!
学生チームの制作した作品が毎年数々のコンテストで受賞している。日本ゲーム大賞アマチュア部門 大賞・優秀賞・佳作、福岡ゲームコンテスト 大賞・優秀賞・入賞、Asia Digital Art Awardエンターテインメント部門優秀賞、メディア芸術祭エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品選出など。

施設・設備

ゲームの本質を探る様々な実験空間とともに、プロ同様のゲーム開発環境が整う
人間の自然な動きを自動的に抽出するモーションキャプチャーシステム、各種「ゲームルーム」や学科専用の「ゲームコンピュータルーム」など最先端の魅力的な機材を揃え、実験と制作に活用する。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 学芸員<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アフロ 、 A-1 Pictures 、 NHKメディアテクノロジー 、 カヤック 、 コロプラ 、 サイバーエージェント 、 スクウェア・エニックス 、 東映アニメーション 、 博報堂プロダクツ 、 ミクシィ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(芸術学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583
TEL 0120-12-5246(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
厚木キャンパス : 神奈川県厚木市飯山1583
(1、2年次)
小田急小田原線「本厚木」駅下車 「厚木バスセンター」7番乗り場からバス「東京工芸大学」行きで 20分

地図

 

路線案内

中野キャンパス : 東京都中野区本町2-9-5
(3、4年次)
都営地下鉄大江戸線「中野坂上」駅から徒歩 7分
東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


東京工芸大学(私立大学/東京・神奈川)