• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京工芸大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • メディア画像学科

私立大学/東京・神奈川

トウキョウコウゲイダイガク

メディア画像学科

募集人数:
100人

CG、バーチャルリアリティ、3D。時代を先取りしたイメージングテクノロジーを学び、次世代のメディアを創る力になる

学べる学問
  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 155万5000円  (うち入学金20万円)

学科の特長

学ぶ内容

画像の制作・表示から伝達までを「メディア情報技術」として学ぶユニークな学科
本学のルーツである「写真技術」から発展し、画像、印刷、色彩、CG、AR(拡張現実)、映像、プログラミングにいたるまでメディア情報技術を総合的に学ぶ学科。応用できる技術分野は幅広く、画像情報を伝達する精密機器や次世代ディスプレイ、ゲームなどのアミューズメントまで、社会には欠かせないものとなっている。

カリキュラム

技術に強いコンテンツクリエイターや高い感性を持つメディアエンジニアを育成
「写真工学」「印刷工学」に始まった教育研究を引き継ぎ、画像情報を創り、伝える技術を体系的に学ぶ。たとえばコンピュータグラフィックス(CG)、バーチャルリアリティ(VR)、3Dプリンターによる新しいモノづくり、さらに光や画像も、体系的に学ぶことができる。
工・芸連携の学び
どちらの学部の学生でも履修できる「工・芸融合科目」。1年次「工房」ではロボット・ラボ、アニメーション工房、マンガ工房、模型スタジオ、3DCGスタジオ、写真工房の6科目が開講され、正規の実習科目として単位認定される。所属学科の学びの枠を超えた科目履修によって、視野の広い技術者になることが期待される。

研究室

メディア画像の各分野に精通したエキスパートが揃う
コンピュータのデジタル技術を駆使して制作するCGアニメーション研究室では、最新の3DCG用開発キットを使い、CG制作に必要な機能を研究している。他にもユニークな研究室が多く、バーチャル(感覚)・ディスプレイ開発・レンズ・色彩・印刷などの研究実績は多く、幅広い研究分野を探究することができる。

卒業後

万全のサポート体制で就職率NO.1をめざす!
1・2年次から技術者(エンジニア)に必要な「心」と「力」を身につけるためのキャリア教育科目を開講。特に理工系学生が苦手とする文章力やプレゼンテーション力の強化に力を入れ、万全の準備で就職活動が始められる。こうした取り組みにより2016年3月卒業生では学部全体で98.0%(就職者数298人)と高い就職率となった。

資格

高校教諭1種(情報・工業)ほか、めざせる資格も多数
所定の単位を修得すれば卒業と同時に取得できる資格は、高等学校教諭1種(情報・工業)や学芸員。情報処理技術者、マルチメディア検定、CG検定、画像処理エンジニア検定、色彩検定(R)など、受験可能な資格も多数ある。
学校概要

高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

日本初の写真学校をルーツに持つ東京工芸大学は工学部と芸術学部で構成。知識と技術を応用しながら社会で活躍する人材と、日本が世界に誇るメディア芸術の創生に貢献する人材を育成します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国>

目標とする資格

    • DTPエキスパート認証試験 、
    • 3次元CAD利用技術者試験 、
    • シスコ技術者認定 (CCNA)

    国際光技術者検定
    情報処理技術者試験<国>(ITパスポート・基本・応用) 
    マルチメディア検定 
    CGエンジニア検定 
    色彩検定(R)  
    Webデザイナー検定   
    画像処理エンジニア検定 
    フォトマスター検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    市光工業 、 NECフィールディング 、 キョウデン 、 コニカミノルタヘルスケア 、 積水ハウス 、 大成建設 、 大和ハウス工業 、 前田建設工業 、 リコージャパン 、 警視庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(工学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583
TEL 0120-12-5246(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
厚木キャンパス : 神奈川県厚木市飯山1583 小田急小田原線「本厚木」駅下車 「厚木バスセンター」7番乗り場からバス「東京工芸大学」行きで 20分

地図

 

路線案内


東京工芸大学(私立大学/東京・神奈川)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路