• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京造形大学

私立大学/東京

東京造形大学

トウキョウゾウケイダイガク

デザイン・美術の領域から社会に新しい価値を提案するデザイナー、表現者を育成します

2016年に創立50周年を迎えた美術大学。デザイン・美術活動を通して新たな価値を創造する人材を育成します。自分の所属する専攻領域とは異なる領域の科目を学ぶことも可能なカリキュラムで総合的な視点を養います。

東京造形大学の特長

学校の特長1

専門性を追求するとともに、他の領域に関する知識・理論や技法も学べるカリキュラム

自らの所属する専攻領域の専門性を究める「専門科目」と、学科・専攻領域の枠を超えてさまざまな領域の知識・理論や技法を習得する「学部共通科目」で構成されるカリキュラムにより、デザインや美術の領域において総合的な視点から社会の問題を解決できる人を育てます。なかでも学部共通科目のひとつとして開講され全学生が履修可能な「ハイブリッド科目」では、専門の異なる教員や学生が交流しながら授業が展開され、自らの専門領域以外の視点の獲得と新たな発見につながる教育が行われています。また、少人数制の教育により、教員から一人ひとりに行き届いた指導を受けることができます。

学校の特長2

緑に囲まれたキャンパスに整備されたスタジオやアトリエで制作活動に専念できます

本学のキャンパスは建築家・磯崎新により、“自然景観を活用する”という考え方にもとづき設計されています。最新鋭の機材が整備されたミキシングスタジオ(録音室)や天井が高く開放感あふれる撮影用スタジオ、絵画・彫刻のためのアトリエなど、制作活動に必要なスタジオやアトリエが本学の専門性を支えるための創作空間として設けられています。2010年に竣工したCS PLAZAには無線LAN完備の食堂、カフェが設置され、学生の憩いの場となっています。キャンパス内にある附属美術館では本学のコレクションの常設展のほか、卒業制作展や教員の作品展示など、さまざまな企画展も開催しています。

学校の特長3

専門分野や学内外の枠を超えた交流の場CS-Lab(学生自主創造センター)

学内に開設されているCS-Lab(学生自主創造センター)では、学生が中心となってさまざまなワークショップやシンポジウム、「学生による授業」などが企画・運営されています。その一環として学生自身が発案し企画した授業が正規カリキュラムの授業科目「自主演習」として開講されています。「自主演習(知の漂流教室)」では、学生が主体となって授業そのものと「豊かな知の体験」を作り上げることを目的として、外部からのゲストの招へい、トークセッション、シンポジウム、ワークショップ、講評などさまざまな形式の授業が展開され、領域や大学内外の枠を超えた交流が生み出されています。

学校の特長1

専門性を追求するとともに、他の領域に関する知識・理論や技法も学べるカリキュラム

自らの所属する専攻領域の専門性を究める「専門科目」と、学科・専攻領域の枠を超えてさまざまな領域の知識・理論や技法を習得する「学部共通科目」で構成されるカリキュラムにより、デザインや美術の領域において総合的な視点から社会の問題を解決できる人を育てます。なかでも学部共通科目のひとつとして開講され全学生が履修可能な「ハイブリッド科目」では、専門の異なる教員や学生が交流しながら授業が展開され、自らの専門領域以外の視点の獲得と新たな発見につながる教育が行われています。また、少人数制の教育により、教員から一人ひとりに行き届いた指導を受けることができます。

学校の特長2

緑に囲まれたキャンパスに整備されたスタジオやアトリエで制作活動に専念できます

本学のキャンパスは建築家・磯崎新により、“自然景観を活用する”という考え方にもとづき設計されています。最新鋭の機材が整備されたミキシングスタジオ(録音室)や天井が高く開放感あふれる撮影用スタジオ、絵画・彫刻のためのアトリエなど、制作活動に必要なスタジオやアトリエが本学の専門性を支えるための創作空間として設けられています。2010年に竣工したCS PLAZAには無線LAN完備の食堂、カフェが設置され、学生の憩いの場となっています。キャンパス内にある附属美術館では本学のコレクションの常設展のほか、卒業制作展や教員の作品展示など、さまざまな企画展も開催しています。

学校の特長3

専門分野や学内外の枠を超えた交流の場CS-Lab(学生自主創造センター)

学内に開設されているCS-Lab(学生自主創造センター)では、学生が中心となってさまざまなワークショップやシンポジウム、「学生による授業」などが企画・運営されています。その一環として学生自身が発案し企画した授業が正規カリキュラムの授業科目「自主演習」として開講されています。「自主演習(知の漂流教室)」では、学生が主体となって授業そのものと「豊かな知の体験」を作り上げることを目的として、外部からのゲストの招へい、トークセッション、シンポジウム、ワークショップ、講評などさまざまな形式の授業が展開され、領域や大学内外の枠を超えた交流が生み出されています。

学校の特長1

専門性を追求するとともに、他の領域に関する知識・理論や技法も学べるカリキュラム

自らの所属する専攻領域の専門性を究める「専門科目」と、学科・専攻領域の枠を超えてさまざまな領域の知識・理論や技法を習得する「学部共通科目」で構成されるカリキュラムにより、デザインや美術の領域において総合的な視点から社会の問題を解決できる人を育てます。なかでも学部共通科目のひとつとして開講され全学生が履修可能な「ハイブリッド科目」では、専門の異なる教員や学生が交流しながら授業が展開され、自らの専門領域以外の視点の獲得と新たな発見につながる教育が行われています。また、少人数制の教育により、教員から一人ひとりに行き届いた指導を受けることができます。

学校の特長2

緑に囲まれたキャンパスに整備されたスタジオやアトリエで制作活動に専念できます

本学のキャンパスは建築家・磯崎新により、“自然景観を活用する”という考え方にもとづき設計されています。最新鋭の機材が整備されたミキシングスタジオ(録音室)や天井が高く開放感あふれる撮影用スタジオ、絵画・彫刻のためのアトリエなど、制作活動に必要なスタジオやアトリエが本学の専門性を支えるための創作空間として設けられています。2010年に竣工したCS PLAZAには無線LAN完備の食堂、カフェが設置され、学生の憩いの場となっています。キャンパス内にある附属美術館では本学のコレクションの常設展のほか、卒業制作展や教員の作品展示など、さまざまな企画展も開催しています。

学校の特長3

専門分野や学内外の枠を超えた交流の場CS-Lab(学生自主創造センター)

学内に開設されているCS-Lab(学生自主創造センター)では、学生が中心となってさまざまなワークショップやシンポジウム、「学生による授業」などが企画・運営されています。その一環として学生自身が発案し企画した授業が正規カリキュラムの授業科目「自主演習」として開講されています。「自主演習(知の漂流教室)」では、学生が主体となって授業そのものと「豊かな知の体験」を作り上げることを目的として、外部からのゲストの招へい、トークセッション、シンポジウム、ワークショップ、講評などさまざまな形式の授業が展開され、領域や大学内外の枠を超えた交流が生み出されています。

東京造形大学からのメッセージ

☆専攻領域説明会☆
各専攻領域所属の教員が、それぞれの専攻領域の紹介・説明を行います。個別相談もできます。
6月4日(土)・5日(日)13:00~16:00(両日)

☆オープンキャンパス2016☆
作品展示、キャンパスツアー、公開授業、ワークショップなどの様々な企画で皆さまをお待ちしております。
7月16日(土)9:30~18:00・17(日)9:30~16:30(予約不要・入退場自由)

(2/2更新)

東京造形大学の学部・学科・コース

デザイン学科 (募集人数:285人)
  • グラフィックデザイン専攻領域

  • 写真専攻領域

  • 映画専攻領域

  • アニメーション専攻領域

  • メディアデザイン専攻領域

  • 室内建築専攻領域

  • インダストリアルデザイン専攻領域

  • テキスタイルデザイン専攻領域

美術学科 (募集人数:95人)
  • 絵画専攻領域

  • 彫刻専攻領域

学費(初年度納入金)

●2017年度納入金 【造形学部】 191万5000円
(入学時のみ校友会費・自治会費・学生災害傷害保険掛金合計4万1300円がかかります)

就職・資格

就職支援

学生一人ひとりの特性、希望進路に合わせた細やかな就職支援・キャリア形成支援

広告、出版、映像制作、自動車、家電、光学機器、事務機器、インテリアなど多岐にわたる分野の企業から求人があり、卒業生は各分野で、新しい価値を提案するデザイナー、クリエイター、表現者として活躍しています。また国公私立の中学校・高等学校の教員など教育分野にも人材を輩出しています。本学では進路支援センター(キャリア・就職支援)を設置し、専任職員の他、キャリアカウンセラーといった経験豊富なスタッフを配置し、学生一人ひとりの特性、希望進路に合わせて、細やかな就職支援・キャリア形成支援を行っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

進路支援センター

〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556
TEL:042-637-8716

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都八王子市宇津貫町1556 「相原」駅からスクールバス 5分
「相原」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
大学案内(2018年度版)+入試ガイド・入試問題集(2018年度版)


東京造形大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    国際力、人間力、創造力を磨き、国際舞台で夢を実現する人材になる

  • Photo

    伝統の少人数教育を継承「自ら課題を発見、解決し、社会に貢献できる」人材を育成

  • Photo

    就職に強い専修大学。ビジョンは「社会知性の開発」。未来社会へ貢献する人材を育成!

  • Photo

    想像力と表現力、課題解決力を身につけ、世界で活躍するデザイナー・クリエイターに

  • Photo

    文理融合の幅広い知識と国際性豊かな視野を獲得

  • Photo

    高い専門性を活かし次代を担うエンジニアやメディアコンテンツ・クリエイターをめざす

  • Photo

    128年の伝統と113万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    「造形表現」を通じて思考力と創造力を磨き、多分野で活躍できる、創造的な人間になる

  • Photo

    身をもって学ぶ「体験教育」を柱に、多様な学びを通して社会で生き抜く力を身につける

  • Photo

    自主性を重視した体験型カリキュラム。基礎力を身につけ無理なく適性を見極める!

次へ