• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京造形大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 造形学部
  • デザイン学科

私立大学/東京

トウキョウゾウケイダイガク

デザイン学科

募集人数:
285人

グラフィック、写真、映画、アニメ、メディア、室内建築、インダストリアル、テキスタイルの8つの専門分野を学ぶ

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • エディトリアルデザイナー

    出版物の紙面をレイアウトする

    写真、イラスト、図表、文章など印刷物に使う素材を限られたスペースに効果的に配置する。単にスペースに必要な要素を収めるだけではなく、編集者の意図や雑誌のテーマをしっかりと把握し、誌面全体にその流れを盛り込んだデザインを施さなければならない。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

  • インテリアコーディネーター

    住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する

    顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 191万5000円  (入学時のみ校友会費・自治会費・学生災害傷害保険掛金 合計4万1300円がかかります)

学科の特長

学ぶ内容

専攻領域の特長 (1)グラフィックデザイン専攻領域 / (2)写真専攻領域
◆グラフィックデザイン専攻領域では、広告や編集、イラストレーションや絵本など視覚を介したコミュニケーションの理論と技法を学びます。◆写真専攻領域では、アナログとデジタルの領域をクロスしながらそれぞれの技法を学び記録写真や芸術写真等の表現力を養います。
専攻領域の特長 (3)映画専攻領域 / (4)アニメーション専攻領域
◆映画専攻領域では、脚本、シナリオ、演出、監督、撮影、音響効果、編集など映画や映像制作の技術と理論を学びます。◆アニメーション専攻領域では、絵コンテ、コマ撮り、デジタル編集、キャラクターデザイン、身体や動きの基本などアニメーション制作の技術と理論を学びます。
専攻領域の特長 (5)メディアデザイン専攻領域 / (6)室内建築専攻領域
◆メディアデザイン専攻領域では、Webデザインを中心に映像メディア表現、サウンド、プログラミング、デジタルグラフィック等を学びます。◆室内建築専攻領域では、エスキス(手描きの間取り図)や粘土による空間構築など自ら手を動かして、家具、インテリア、建築を中心に空間構築や空間演出に関するデザインを学びます。
専攻領域の特長 (7)インダストリアルデザイン専攻領域 / (8)テキスタイルデザイン専攻領域
◆インダストリアルデザイン専攻領域では、文房具、家電、自動車などモノのデザインや商品企画、製品とマーケットや製品と人の関係などについて学びます。◆テキスタイルデザイン専攻領域では、「織」と「染」を中心に、ファッションやインテリアなど、多様なプロダクトと関わっている布のデザインを学びます。

カリキュラム

自分の専攻以外のデザイン領域に関する知識・理論や技法も学べるカリキュラム
本学デザイン学科の専門科目「共通専門科目」では、例えば写真専攻領域の学生がグラフィックデザイン専攻領域の科目を、あるいは映画専攻領域の学生がアニメーション専攻領域の科目を履修することが可能です。他専攻領域の専門知識や理論、技法を学ぶことで、自分の専門とは異なる視点の獲得と新たな発見につながります。
学校概要

デザイン・美術の領域から社会に新しい価値を提案するデザイナー、表現者を育成します

2016年に創立50周年を迎えた美術大学。デザイン・美術活動を通して新たな価値を創造する人材を育成します。自分の所属する専攻領域とは異なる領域の科目を学ぶことも可能なカリキュラムで総合的な視点を養います。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【美術】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工芸】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 児童指導員任用資格 、
  • 社会福祉主事任用資格

児童厚生員任用資格

受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (※要実務経験2年) 、
  • 二級建築士<国> 、
  • インテリアプランナー 、
  • 商業施設士 、
  • 建築施工管理技士<国>

1級施工管理技士(建築、造園、土木、建築機械、電気工事、管工事)
2級施工管理技士(建築、造園、土木、建築機械、電気工事、管工事)

目標とする資格

    • インテリアコーディネーター 、
    • ガス溶接技能講習<国>

    アーク溶接技能者<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    経済産業省 特許庁 、 博報堂プロダクツ 、 ADKアーツ 、 毎日新聞社 、 共同通信社 、 三越伊勢丹 、 東映アニメーション 、 コロプラ 、 富士重工業(SUBARU) 、 東日本旅客鉄道(JR東日本) ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556
TEL 042-637-8716(進路支援センター)
admission@zokei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都八王子市宇津貫町1556 「相原」駅からスクールバス 5分
「相原」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京造形大学(私立大学/東京)