• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京造形大学
  • 学校の特長

私立大学/東京

トウキョウゾウケイダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

専門性を追求するとともに、他の領域に関する知識・理論や技法も学べるカリキュラム

自らの所属する専攻領域の専門性を究める「専門科目」と、学科・専攻領域の枠を超えてさまざまな領域の知識・理論や技法を習得する「学部共通科目」で構成されるカリキュラムにより、デザインや美術の領域において総合的な視点から社会の問題を解決できる人を育てます。なかでも学部共通科目のひとつとして開講され全学生が履修可能な「ハイブリッド科目」では、専門の異なる教員や学生が交流しながら授業が展開され、自らの専門領域以外の視点の獲得と新たな発見につながる教育が行われています。また、少人数制の教育により、教員から一人ひとりに行き届いた指導を受けることができます。学校の特長1

施設・設備が充実

緑に囲まれたキャンパスに整備されたスタジオやアトリエで制作活動に専念できます

本学のキャンパスは建築家・磯崎新により、“自然景観を活用する”という考え方にもとづき設計されています。最新鋭の機材が整備されたミキシングスタジオ(録音室)や天井が高く開放感あふれる撮影用スタジオ、絵画・彫刻のためのアトリエなど、制作活動に必要なスタジオやアトリエが本学の専門性を支えるための創作空間として設けられています。2010年に竣工したCS PLAZAには無線LAN完備の食堂、カフェが設置され、学生の憩いの場となっています。キャンパス内にある附属美術館では本学のコレクションの常設展のほか、卒業制作展や教員の作品展示など、さまざまな企画展も開催しています。学校の特長2

学外の人との交流が盛ん

専門分野や学内外の枠を超えた交流の場CS-Lab(学生自主創造センター)

学内に開設されているCS-Lab(学生自主創造センター)では、学生が中心となってさまざまなワークショップやシンポジウム、「学生による授業」などが企画・運営されています。その一環として学生自身が発案し企画した授業が正規カリキュラムの授業科目「自主演習」として開講されています。「自主演習(知の漂流教室)」では、学生が主体となって授業そのものと「豊かな知の体験」を作り上げることを目的として、外部からのゲストの招へい、トークセッション、シンポジウム、ワークショップ、講評などさまざまな形式の授業が展開され、領域や大学内外の枠を超えた交流が生み出されています。学校の特長3
東京造形大学(私立大学/東京)