• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京農業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物産業学部

私立大学/東京・北海道・神奈川

トウキョウノウギョウダイガク

生物産業学部募集人数:350人

オホーツクだからできる、自然資源を活かしたフィールドでの研究。北海道でフロンティア精神を学び、世界に羽ばたく人材に

募集学科・コース

北方圏農学科
※2018年4月名称変更

絶好の環境で生物生産、環境、生命を科学する

海洋水産学科
※2018年4月名称変更

生物資源豊かなオホーツクで学ぶ水圏のサイエンス

食香粧化学科
※2018年4月名称変更

食品開発・加工から香料・化粧品までを追究

自然資源経営学科
※2018年4月名称変更

地域に根ざして個性を磨き、地域社会の再生に挑む!地域産業の将来を描く力を養成

キャンパスライフShot

Photo
景色も環境も資源も、 抜群のロケーションが自慢のオホーツクキャンパス!
Photo
食品香粧学科では、 食品のフレーバーや化粧品のフレグランスに関わる研究ができます
Photo
東京農大唯一の水産系アクアバイオ学科では近郊の海・川・湖の生物研究を実践します

学部の特長

学ぶ内容
学部の概要
生物産業学部を置くオホーツクキャンパスは、 東京農大の教育理念 「実学主義」 を実践するにはまさしく恵まれた環境にあります。 実験 ・ 実習にウエイトを置いたカリキュラムで、 北海道の環境、 豊富な研究資源を活かし、 生命 ・ 食品 ・ 資源などに関する知識や技術を習得。 食料問題 ・ 環境問題といった世界的課題にも向き合い、 実践的な研究に取り組みます。
生物生産学科
資源を無駄なく生かし環境にも配慮した生産管理技術の開発や、 新たな生物資源機能の応用などがテーマです。 オホーツクの自然環境と生産の場をフルに活用し、 フィールドサイエンスから分子生物学に基づくバイオサイエンスまでを学び、 多様な動物 ・ 植物が織りなす生態について様々な化学で追究します。
アクアバイオ学科
独自の生物が多数生息し、 魅力的な研究テーマがあふれているオホーツク海やその沿岸の汽水域、 湖沼、 陸水域をフィールドに教育 ・ 研究を展開し、 地球規模の水圏環境問題、 食料問題など、 グローバルな視点に立って知識や技術を学びます。
食品香粧学科
化学を基盤として、 食品と香粧品の開発 ・ 加工から、 安全 ・ 安心に欠かせない微生物や保蔵に関する研究、 さらに素材や製品の機能性 ・ 生化学的特性に関する教育と研究を行い、 食品と香粧品で生活を豊かにすることをめざします。 食品や香粧品関連企業の方を講師に迎えた特別講義が多いのも特徴です。
地域産業経営学科
学部唯一の文系学科。 地域に育まれたヒトやモノの資源と技術を結びつけて活かすために、 生物や自然資源に恵まれたオホーツクをフィールドにして経営や経済の基礎から応用までを身につけ、 地域産業を活性化し地域が元気になる方法を学びます。 少人数のゼミに所属し、 企画力や実践力などを養います。
キャンパスライフ
キャンパス紹介
網走市中心部から車で10数分、 校舎屋上からは網走湖や能取湖、 オホーツク海までが見渡せる丘の上にキャンパスはあります。 多彩な分野の研究を支援する最新機器が揃った実験室や研究室、 農場、 家畜舎、 運動施設など、 学習 ・ 研究はもちろんクラブ ・ サークル活動のためにも充実した設備が整っています。 雄大な大自然と優れた教育環境は学生の意欲を引き出し、 自らの可能性や将来像を見つけ、 磨きをかける絶好の場所となるはずです。

就職率・卒業後の進路 

■平成28年3月卒業生就職実績
赤城乳業、 アルビオン、 エバラ食品工業、 角上魚類、 群馬銀行、 セブン-イレブン ・ ジャパン、 高砂香料工業、 東ハト、 日本ニューホランド、 ノエビア、 ホクレン肥料、 北海道旅客鉄道、 北海道糖業、 ユーシーシーフーズ、 教員、 公務員、 農業協同組合、 漁業協同組合  ほか

問い合わせ先・所在地

〒099-2493 北海道網走市八坂196番地
0152-48-3814

所在地 アクセス 地図・路線案内
オホーツクキャンパス : 北海道網走市八坂196 「網走」駅から東京農大行きバス 終点下車 30分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 農学部
  • 応用生物科学部
  • 生命科学部
  • 地域環境科学部
  • 国際食料情報学部

東京農業大学(私立大学/東京・北海道・神奈川)