• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京農業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 応用生物科学部
  • 食品安全健康学科

私立大学/東京・北海道・神奈川

トウキョウノウギョウダイガク

食品安全健康学科

募集人数:
140人

生命に直結する「食の安全・安心」と「食の機能と健康」を科学的に解明する

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • スーパーバイザー

    店舗ごとの状況を把握し、売上げ対策をアドバイス。店長の経営コンサルタント的存在

    コンビニや飲食店など、店舗をチェーン展開している会社の本部社員。複数の店舗を受け持って、商品の品揃えや従業員教育、販売促進策などを店長にアドバイスし、売上げアップをサポートする。ほかに、テレフォンコールセンターでオペレーターたちを管理する仕事も、同じ職種名が使われるので注意。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 159万3400円  (第1回109万8400円 第2回49万5000円)

学科の特長

学ぶ内容

人々の健康に貢献する食品の科学的情報を発見、発信
社会にあふれる食品に対して、衛生学的な視点からの「安全・安心」を検証するだけでなく「食品の機能」が「生体の機能」にもたらす影響の未知の部分を解析し、「食品の安全利用」とともに、人々の健康に貢献する科学的な情報を発信。食品の安全と機能の両面に深い理解をもつ人材の育成をめざします。

カリキュラム

段階的に知識や技術を身につけ、現場で活躍するための力を自分のものとする
1・2年次は、化学と生物学の基礎学力を習得。専門科目を初歩から学び、病原微生物学や分子生物学などの科目によりミクロのレベルから食材の安全性と機能性を理解します。3年次からは研究活動を通じて、食品の生理活性を理解し、流通やリスクマネジメントなどの専門領域を学習。4年次で研究成果の発信をめざします。

研究室

3年次から一つの研究室に所属し、卒業論文制作まで本格的な研究活動を実施
食品中の有害因子を探り出し、生体影響を定義する「食品安全解析学研究室」、食品の機能と安全に配慮した加工学を切り拓く「食品利用安全学研究室」、生活習慣病予防・治療につながる食品因子の機能を解明する「生理機能学研究室」、食品中の栄養素・機能性因子の生体影響を科学する「生体環境解析学研究室」等があります。

卒業後

将来の食の世界をリードしていく人材を育成
「食の安全・安心」と「食の機能と健康」の領域で専門的な知識と技術をもった人材には、食品産業から大きな期待が寄せられています。食品メーカーはもちろん、商社・小売業などの食品流通に関わる企業、食の安全・安心や医療を司る行政機関および公的研究機関、教育機関など、幅広い部門での活躍が期待されています。
学校概要

遺伝子から地球環境まで、あらゆる自然・社会科学を網羅。創立126年の生物系総合大学

食料、環境、健康、バイオマスエネルギーを追究する学生約1万3000人が集う国内最大級の生物系総合大学。その領域は自然科学だけでなく、食料経済、経営、国際協力、地域創成といった社会学分野まで広がっています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 食品衛生監視員 、
  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国>

HACCP管理者

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> 、
  • ビオトープ管理士

就職率・卒業後の進路 

<想定される就職先分野>食品産業(安全管理部門)(機能性食品開発部門)、行政機関、研究機関、教育機関

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
TEL 03-5477-2226

所在地 アクセス 地図・路線案内
世田谷キャンパス : 東京都世田谷区桜丘1-1-1 「経堂」駅から徒歩 15分
「用賀」駅から世田谷区民会館行・祖師ヶ谷大蔵駅行バス 農大前下車 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京農業大学(私立大学/東京・北海道・神奈川)