• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京薬科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生命科学部
  • 分子生命科学科

私立大学/東京

トウキョウヤッカダイガク

分子生命科学科

募集人数:
70人

生命の本質を分子レベルで解明。基礎科学を重視した教育を通して、社会に貢献する研究者・技術者・教育者を育成します

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2018年度納入金 185万円 
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

理学と薬学にまたがる研究領域。生命(いのち)を支える仕組みを学びます
分子生命科学科では、科学の先端を目指し、くすり・遺伝子・細胞・脳など、生命 (いのち)を支える仕組みを広く学びます。分子生物学や化学、物理学、数学を使ったアプローチにより、生物の感覚や行動、細胞の仕組み、遺伝子やタンパク質の機能の解明から薬分子のデザイン、合成まで、多彩な研究を行っています。

カリキュラム

興味のある分野を伸ばし、高度な知識と技術を持つ研究者として成長
1~2年次では、分子生物や化学をはじめ基礎を習得。3年次では、興味に合わせて応用生命科学領域、医科学領域も自由に学ぶことができます。4年次には研究室に配属。これまで学んできた分野の研究をさらに深化させ、集大成である卒業研究へ。その後はプロの研究者になるべく、大学院、実社会へ羽ばたいていきます。

授業

科学の基本をもとに幅広い専門知識を習得します
有機化学、生理学、薬理学、細胞生物学、生化学など、広い基盤の上に成る「創薬」を、ほかの講義科目の内容と結びつけながら学ぶ「創薬概論」の授業や、医薬品開発に必要な有機反応、重要な概念について学ぶ「医薬品合成化学」の授業など、講義と豊富な実験を通して幅広い専門知識を習得します。

大学院・専科

5割以上の学生が大学院へ進学。さらに研究内容を深めていきます
生命科学部の学生は5割以上が大学院へ進学。大学院生命科学研究科は、「分子、細胞を基礎とした、ライフサイエンス・バイオテクノロジー及び地球規模の環境科学における指導力を持った国際的な研究者、高度技術者の養成」を目指しています。また、学生を支援する奨学金制度も用意。2013年度から学費が減額されています。

施設・設備

2011年3月に、新たな研究施設が完成。より活発な研究が期待されています
化合物の構造解析を容易にする「単結晶X線構造解析装置」や、「共焦点レーザー走査蛍光顕微鏡」など、研究室には先端機器が備わっています。国際的にも注目されている東京薬科大学の研究が、より活発な展開をみせることが期待されています。

研修制度

グローバルな視点を身につける「海外特別研修」
2008年より、カリフォルニア大学アーバイン校(米国カリフォルニア州)にて特別研修を実施しています。生命科学を学ぶために必要な英語能力の向上と、英語圏の人々や文化と接することで視野を広げ、自立心の養成を目的としている研修制度。学年に関係なく誰でも参加することができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 食品衛生監視員

目標とする資格

    • 技術士補<国> 、
    • 放射線取扱主任者<国> (第一種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    カルピス(株) 、 キッセイ薬品工業(株) 、 クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(株) 、 テルモ(株) 、 富士フイルムRIファーマ(株) 、 Meiji Seikaファルマ(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

〔主な進学先〕 東京薬科大学大学院(生命科学専攻)、東京医科歯科大学大学院、横浜市立大学大学院 ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1
TEL:042-676-5112

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都八王子市堀之内1432-1 JR中央線「豊田」駅からスクールバス 約8分
京王線「平山城址公園」駅から路線バス 約8分
京王線「平山城址公園」駅から徒歩 約20分
京王相模原線「京王堀之内」駅から路線バス 約8分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京薬科大学(私立大学/東京)