• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東京理科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 基礎工学部

私立大学/東京・北海道・千葉

トウキョウリカダイガク

基礎工学部募集人数:360人

豊かな人間性を醸成する全人的教養教育で、幅広い視野と柔軟な発想力を身に付け、科学技術の発展に貢献できる人材に!

募集学科・コース

電子応用工学科

材料工学科

生物工学科

キャンパスライフShot

Photo
1年次を過ごす「長万部キャンパス」のおしゃれな女子寮。大浴場はオーシャンビューの温泉。
Photo
一部屋4人の寮生活。1年間で仲間意識も強まり、一生の親友となるでしょう。
Photo
広大な敷地に、緑豊かなキャンパスとして整備された「葛飾キャンパス」(2年次以降)。

学部の特長

学ぶ内容
電子応用工学科
電磁気工学、電子回路、電気回路および電子デバイスの動作原理やその利用方法を基礎として学び、インターネット、携帯電話、衛星放送、コンピュータシステム、情報通信、計測・制御などの工業分野を自ら手を動かす学生実験で専門知識が基礎から身に付きます。また、ナノテクノロジー分野の研究も盛んに行われています。
材料工学科
各種材料の進歩こそ、現在のめざましい技術革新を支えています。本学科は、物理、化学、生物のタテ割り型の分類をなくし、最先端材料を横断的に学び、合成から分析、評価に至るまで、体系的に習得することができます。既成概念にとらわれない、自由な発想と深い思考力のある人材育成を目標としています。
生物工学科
ヒト、動植物、微生物すべてを含む生物の生命現象を明らかにして、さまざまな分野に応用していくのが生物工学です。本学科では、最先端のバイオテクノロジーである遺伝子DNAを中心とした生命科学に最重点を置き、基礎分野を徹底するとともに、将来の進路を視野に入れながら、より工学的・技術的側面から生物工学にアプローチしていきます。
授業
カリキュラム
基礎工学部では最初の1年間、北海道・長万部で全寮生活を送ります。自然を通して地球環境への理解を深め、「寮生活」を通して社会性と協調性を育み、そして研究者としての自由な発想力を養います。この1年間で自主性を身に付け、2年次から葛飾キャンパスで専門課程に進むことになります。
学部のプロフィール
学部の特色
基礎工学部では、学生の未来を見据え、3学科連携の融合的・横断的な学問体制を敷いています。1年次を過ごす北海道・長万部キャンパスでは学科の枠を超え、融合的な基礎教育を学びます。2年次以降は平成25年に開設した葛飾キャンパスで、科学・技術の専門知識を深く学びながら、異なる分野を融合的に研究する新たなチャレンジも進めていきます。
キャンパスライフ
キャンパス
基礎工学部の2年次以降のキャンパスは、平成25年4月に開設した先端融合分野を研究する“学園パーク型キャンパス”である葛飾キャンパスにあり、都心型の「神楽坂キャンパス」、さまざまな研究施設を備えた「野田キャンパス」等との連携により、各特徴を生かした教育・研究が行われます(詳細は理科大HP参照)。

就職率・卒業後の進路 

■就職・進学状況
各業界の企業や研究所への就職のほか、大学院への進学者が多いのが特徴。平成28年3月基礎工学部卒業生の66.0%(206名)が大学院に進学しています。
■平成28年3月学部卒業生の主な就職先
国家・地方公務員、IHI、JR東海、日立製作所、大日本印刷、京セラ、富士通、ホンダ、LIXIL、大正製薬 NTT東日本 ほか

問い合わせ先・所在地

〒049-3514 北海道山越郡長万部町字富野102-1
01377-2-5111 (代)
〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
01377-2-5111 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
長万部キャンパス : 北海道山越郡長万部町字富野102-1 「長万部」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

葛飾キャンパス : 東京都葛飾区新宿6-3-1 「金町(東京都)」駅から徒歩 8分
「京成金町」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内


東京理科大学(私立大学/東京・北海道・千葉)