• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東邦大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理学部
  • 物理学科

私立大学/東京・千葉

東邦大学

トウホウダイガク

物理学科

募集人数:
70人

ビッグバンから最新テクノロジーの世界まで幅広く学ぶ。12ヵ国34研究機関とともに国際協力実験にも参加

学べる学問
  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 宇宙工学技術者・研究者

    「宇宙時代」を切り拓く技術を開発

    人工衛星やロケット、宇宙ステーションなどの宇宙機器関連開発、設計、製造に携わる。国内では宇宙開発事業団をはじめとする政府の関係機関のプロジェクトに参画することもある。人工衛星を使った気象観測、放送、防衛等のシステム開発に携わる研究者もいる。

  • 電気技術者・研究者

    家電製品から電力会社まで電気を扱う分野は幅広い。それらの電気を扱う場所での技術管理や研究開発を行う。

    あらゆる分野で「電気」は必要不可欠なものになっている。それに伴い、電気を扱う技術者はすべての企業や業界で活躍している。大きく分けると家電製品や通信・エレクトロニクスで使用する「弱電」を扱う電機機器や通信機器の開発・製造管理をする「弱電技術者」と、電力会社や送電所、変電所、大規模な工場などで使用する「強電」の電気設備を開発・管理する「強電技術者」の2種類になる。電気技術者は企業や工場などの現場ですぐ役立つ開発や管理を行うのに対し、研究者はより長期的な視野に立った電気技術の研究を行っているといえる。

  • 原子力技術者・研究者

    原子炉や医療機器、各種重機メーカーなどで原子力を扱う部門での設計、製造、建設、試験、運転などを行う。

    原子力というと発電所のイメージが強い。しかし、実際に原子力技術者が活躍する場面は幅広く、原子炉やプラントなどに関連する機器の設計、製作、建設、試験、運転など専門分野ごとに分かれている。そのため、活躍する場所も原子力発電を行っている電力会社をはじめ、電気機器メーカー、建設会社、機械メーカー、造船会社、鉄鋼会社、化学メーカーなどの原子力関連部門に広がっている。また、医療現場などでの応用も進んでいるので病院や大学、各種研究機関でも活躍する。より安全で信頼される原子力開発のための研究者も同様である。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 159万2000円  (委託徴収金を除く)

学科の特長

カリキュラム

ニュートンからアインシュタイン、そして先端技術まで、着実に学べるカリキュラム
物理学の枠組みから最新の研究トピックスまで、体系的に習得できるようにカリキュラムを編成。1・2年次は「力学」「電磁気学」「熱力学」などの基礎の物理学からスタートし、「物理入門」では高校物理も復習可能。さらに、3・4年次には量子力学や宇宙論など多彩な科目を学び、最先端研究にも触れることができる
JABEE認定技術者教育プログラムで、国際水準の知識・技術を習得可能
「物理エンジニアコース」は、2004年にJABEE(日本技術者教育認定機構)によって、物理・応用物理学関連分野では初の認定プログラムとして承認。このコースを修了した学生は、国家資格である「技術士」の第1次試験が免除される。このことは本学科が国際水準の技術者教育を実践している証明といえる

授業

世界的に注目される研究者や、第一線で活躍する企業人による特別講義を開講
物理学の最先端分野で世界的に注目を集めている研究者を招き、特別講義を実施。物理学がどのように応用されているのかを理解でき、学習意欲の向上へと繋がっている。また、第一線で活躍中の企業人による特別講義も行われ、最先端の技術まで総合的に学ぶ。さらに技術者倫理など人材育成に役立つ科目も置かれている

研究室

宇宙・素粒子から超伝導やレーザーまで、多彩な顔ぶれの8研究室
基礎と応用、理論と実験、ミクロの世界とマクロの世界、といった物理学の多彩な分野を網羅する8つの研究室がある。物質の特性を追究する物性系の研究室が特に充実し、2005年度から本学に設置された複合物性研究センターの一端を担っている。4年生は国立天文台などの外部機関に出向いて卒業研究を行う制度もある

卒業後

就職率100%(就職希望者数51名、2016年3月卒業生)の実績。IT関連企業などからも人気
物理学科出身の学生は、電気・精密関連企業、IT関連企業などからの人気が高く、2016年3月卒業生の実績は、就職率100%(就職者数51名)。また、本学大学院や他大学大学院へ進学し、更に深く研究を進める学生も多い。JABEEによる認定も卒業生の信頼性の高さにつながっている

研修制度

ハワイ・すばる望遠鏡、野辺山45m電波望遠鏡などを見学
宇宙・素粒子研究室では、日本が世界に誇るハワイのすばる望遠鏡や、野辺山45m電波望遠鏡を見学する研修を定期的に開催。本物を知るには、それらに直に触れるのが一番の近道との配慮から、研究の最先端を肌で感じられる貴重な機会が提供されている

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 小学校教諭免許状<国> (1種)

目標とする資格

    • 技術士<国> (「物理エンジニアコース」修了者は一次試験免除)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数51名 )

主な就職先/内定先

    新日鐵住金 、 マブチモーター 、 キヤノンITソリューションズ 、 三井造船システム技研 、 東京ガス 、 千葉興業銀行 、 独立行政法人国立印刷局 、 千葉県公立高校・中学校 、 埼玉県公立高校 、 中央学院高等学校 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒274-8510 千葉県船橋市三山2-2-1
TEL047-472-0666
nyushi@toho-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
習志野キャンパス(理学部) : 千葉県船橋市三山2-2-1 京成本線「京成大久保」駅から徒歩 約10分
JR「津田沼」駅から北口4番・5番バス 約10分 「東邦大学前」下車 すぐ

地図

 

路線案内


東邦大学(私立大学/東京・千葉)