• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東邦大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉田 百恵さん(看護学部 看護学科/看護師)

私立大学/東京・千葉

トウホウダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

看護師  として働く  吉田 百恵さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

日ごろの何気ないふれあいの中にも、患者さんの心に寄り添う看護を心がけています

この仕事の魅力・やりがい

以前、終末期医療で担当した患者さんに「あなたが担当でよかった」といわれたことが心に残っています。これは死期が近づいていることを患者さんに伝えた時の一言でした。患者さんにもこの重い事実を冷静に受け止める心の準備ができていました。これは、毎日の関わりの中で患者さんの気持ちを理解し、プラスの話だけでなく、マイナスの話もできる関係性を築いてきたことから、発せられた言葉だと思います。特別なことは何もしていないのですが、日ごろのコミュニケーションが、お互いの信頼関係に結びついていたのかもしれません。このように、患者さんの心をきちんと汲み取れていると感じた時はうれしいですね。

看護師として働く吉田 百恵さん

さまざまな経験を積み重ねることが自信につながります

看護師として働く吉田 百恵さん
今の仕事との出会い・きっかけ

何事も先輩や仲間に相談。ストレスをためない秘訣です

今の仕事との出会い・きっかけ

体が弱く、入退院を繰り返していた小学校時代。学校に行けない時には看護師さんが折り紙を折って遊んでくれるなど、とても優しく接してくれたことが印象に残っています。この頃から、お世話をしてくれた看護師さん達の姿に、将来の自分を重ねるようになりました。そして大学へ進学。学生時代を振り返ると、臨床実習で初めて患者さんと接し、とても緊張したことを思い出します。元来人見知りしがちな性格ですが、今は患者さんと接することも苦になりません。難しい機器の取り扱いなども落ち着いて行うことができるようになりました。憧れていた看護師になり、こうした経験や学びが小さな積み重ねとなって今の自信につながっていると感じています。

これからかなえたい夢・目標

患者さんの検温、血圧測定などで病室をまわります

これからかなえたい夢・目標

今のところ将来の具体的な目標は決めていません。看護師になり、3年目ともなると、認定看護師などを目指して大学院へ進学する仲間もいて、今のままでよいのかと不安になることもありますが、むしろ、私自身はまだ目標を絞って視野を狭めたくはないと考えています。学生時代から社会人になったこれまでも、与えられたことをきちんと果たして、こつこつと積み上げてきた毎日でした。そして、その日常の中で数多くの体験をし、さまざまなことを学んできたと思っています。これからもさらに、看護師としての知識を蓄え、経験を積む中から、焦らずに自分の興味の持てる分野や目標を見つけていきたいですね。

プロフィール

吉田 百恵さん のプロフィール

東邦大学医療センター大森病院勤務/同大学医学部看護学科(現:看護学部看護学科)/2007年3月卒業/静岡県出身。東邦大学を選んだきっかけは、国際看護学が学べることや、外国語の選択が多かったこと。学生時代は海外に対する関心を強め、語学ではアラビア語を学んだ。海外研修にも積極的に参加し、看護についての視野を広げてきた。学生時代で一番印象に残っている思い出は、一年次の自然体験学習。新しい仲間と慣れない環境で集団生活を送ったことは、厳しい体験だったが、人間関係の中で多くを学ぶ。この時の体験が、今の仕事でも患者さんとのコミュニケーションに生きている。

この先輩が卒業したのは…

東邦大学 看護学部 看護学科

学校イメージ

看護学部は高度な専門知識や技術を習得すると同時に、豊かな人間性を育てることを重視しています。基礎看護学を土台に、成人看護学、小児看護学、高齢者看護学、家族看護学、精神看護学、地域看護学、国際看護学、感染制御学の専門領域を学ぶ3年次には付属の大学病院で専門領域の臨床実習を行い、実際の医療の現場に触れます。一般教育領域では、幅広い教養を身につけ、豊かな感性を養うことができる自然体験学習(電気、ガスのない場所でのキャンプ体験など)、文化講座、日本文化研修、外国語&異文化理解、海外研修などの数多くの科目が用意され、専門領域と共に全人的な看護のプロを育むよう構成されています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

東邦大学(私立大学/東京・千葉)