• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東洋英和女学院大学

私立大学/神奈川

トウヨウエイワジョガクインダイガク

新しい可能性と私に出会える、東洋英和女学院大学での4年間

東洋英和の学びは、幅広い教養と専門的な知識、他者への理解、社会に対する柔軟性と適応力を高めるカリキュラム構成が特長。きめ細やかな少人数教育を行っています。学院133年の歴史と伝統のもとで充実した4年間を。

東洋英和女学院大学の特長

学校の特長1

緑あふれる丘に広がる広大なキャンパス。英和生はこのキャンパスが大好き。

ゆるやかな丘の上の広々としたキャンパス。新緑の芝生や紅葉に彩られる通学路をはじめ、クリスマスシーズンには東洋英和のシンボルでもあるチャペルがライトアップされ、英和生たちは季節を身近に感じながら学生生活を送ります。30万冊の蔵書がある図書館、アクア・エクササイズセンターの温水プールやトレーニングルームで授業の合間にリフレッシュする人も。ゴルフ練習場やテニスコートなど、美しいキャンパスの風景を楽しみながらクラブ活動を行える施設も充実。食堂や、さまざまな目的に使えるカルテットホール、また2階のカフェはいつも多くの学生でにぎわっています。東洋英和には、充実した4年間を過ごせる環境が整っています。

学校の特長2

少人数制の女子大だからこそ実現される、きめ細やかな就職サポート。

学生の希望に合った職種、企業への高い就職実績は東洋英和の特色のひとつ。一学年が600人未満の少人数制の女子大だからこそ、一人ひとりの個性と適性を見極めて支援します。キャリアセンター・学習サポートセンター・授業科目が一体となり、1年次から4年間を通じて個別相談などキャリアコンサルティングの実施や、卒業生による講演会や就職相談、インターンシップなどの大学外部の企業人・社会人との交流の場を設けるなど、学生一人ひとりが納得できる進路を自ら切り拓き、人生を豊かにする就業力の獲得を支援しています。

学校の特長3

「留学したい」気持ちを応援する制度があります。

さまざまな留学制度があり、自分に合った留学制度を選択できます。「協定校留学」では学内選考を経て、アメリカ・イタリア・ドイツ・韓国など、交換留学協定を結んだ大学へ1~2セメスター期間、留学できます。「推薦校留学」では学内選考を経て、本学が選定した学校のプログラムに参加。「認定校留学」では協定校、推薦校以外への留学が可能です。制度ごとに授業料免除・減免や留学奨励奨学金などがあり、単位を満たせば4年間で卒業も可能。また、学科ごとの海外プログラムもあります。国際社会学部国際コミュニケーション学科では、希望者全員が海外留学することができ、派遣先や留学・研修の内容は、個別の指導によって決めていきます。

学校の特長1

緑あふれる丘に広がる広大なキャンパス。英和生はこのキャンパスが大好き。

ゆるやかな丘の上の広々としたキャンパス。新緑の芝生や紅葉に彩られる通学路をはじめ、クリスマスシーズンには東洋英和のシンボルでもあるチャペルがライトアップされ、英和生たちは季節を身近に感じながら学生生活を送ります。30万冊の蔵書がある図書館、アクア・エクササイズセンターの温水プールやトレーニングルームで授業の合間にリフレッシュする人も。ゴルフ練習場やテニスコートなど、美しいキャンパスの風景を楽しみながらクラブ活動を行える施設も充実。食堂や、さまざまな目的に使えるカルテットホール、また2階のカフェはいつも多くの学生でにぎわっています。東洋英和には、充実した4年間を過ごせる環境が整っています。

学校の特長2

少人数制の女子大だからこそ実現される、きめ細やかな就職サポート。

学生の希望に合った職種、企業への高い就職実績は東洋英和の特色のひとつ。一学年が600人未満の少人数制の女子大だからこそ、一人ひとりの個性と適性を見極めて支援します。キャリアセンター・学習サポートセンター・授業科目が一体となり、1年次から4年間を通じて個別相談などキャリアコンサルティングの実施や、卒業生による講演会や就職相談、インターンシップなどの大学外部の企業人・社会人との交流の場を設けるなど、学生一人ひとりが納得できる進路を自ら切り拓き、人生を豊かにする就業力の獲得を支援しています。

学校の特長3

「留学したい」気持ちを応援する制度があります。

さまざまな留学制度があり、自分に合った留学制度を選択できます。「協定校留学」では学内選考を経て、アメリカ・イタリア・ドイツ・韓国など、交換留学協定を結んだ大学へ1~2セメスター期間、留学できます。「推薦校留学」では学内選考を経て、本学が選定した学校のプログラムに参加。「認定校留学」では協定校、推薦校以外への留学が可能です。制度ごとに授業料免除・減免や留学奨励奨学金などがあり、単位を満たせば4年間で卒業も可能。また、学科ごとの海外プログラムもあります。国際社会学部国際コミュニケーション学科では、希望者全員が海外留学することができ、派遣先や留学・研修の内容は、個別の指導によって決めていきます。

学校の特長1

緑あふれる丘に広がる広大なキャンパス。英和生はこのキャンパスが大好き。

ゆるやかな丘の上の広々としたキャンパス。新緑の芝生や紅葉に彩られる通学路をはじめ、クリスマスシーズンには東洋英和のシンボルでもあるチャペルがライトアップされ、英和生たちは季節を身近に感じながら学生生活を送ります。30万冊の蔵書がある図書館、アクア・エクササイズセンターの温水プールやトレーニングルームで授業の合間にリフレッシュする人も。ゴルフ練習場やテニスコートなど、美しいキャンパスの風景を楽しみながらクラブ活動を行える施設も充実。食堂や、さまざまな目的に使えるカルテットホール、また2階のカフェはいつも多くの学生でにぎわっています。東洋英和には、充実した4年間を過ごせる環境が整っています。

学校の特長2

少人数制の女子大だからこそ実現される、きめ細やかな就職サポート。

学生の希望に合った職種、企業への高い就職実績は東洋英和の特色のひとつ。一学年が600人未満の少人数制の女子大だからこそ、一人ひとりの個性と適性を見極めて支援します。キャリアセンター・学習サポートセンター・授業科目が一体となり、1年次から4年間を通じて個別相談などキャリアコンサルティングの実施や、卒業生による講演会や就職相談、インターンシップなどの大学外部の企業人・社会人との交流の場を設けるなど、学生一人ひとりが納得できる進路を自ら切り拓き、人生を豊かにする就業力の獲得を支援しています。

学校の特長3

「留学したい」気持ちを応援する制度があります。

さまざまな留学制度があり、自分に合った留学制度を選択できます。「協定校留学」では学内選考を経て、アメリカ・イタリア・ドイツ・韓国など、交換留学協定を結んだ大学へ1~2セメスター期間、留学できます。「推薦校留学」では学内選考を経て、本学が選定した学校のプログラムに参加。「認定校留学」では協定校、推薦校以外への留学が可能です。制度ごとに授業料免除・減免や留学奨励奨学金などがあり、単位を満たせば4年間で卒業も可能。また、学科ごとの海外プログラムもあります。国際社会学部国際コミュニケーション学科では、希望者全員が海外留学することができ、派遣先や留学・研修の内容は、個別の指導によって決めていきます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

入試対策講座

・入試対策講座 ・ガイダンス ・個別相談 ・キャンパスツアー ・学食体験(11/19を除く) ~入…

続きを見る

詳細を見る

オープンキャンパス

・体験授業 ・ガイダンス ・個別相談 ・キャンパスツアー ・学食体験(3/18を除く)

続きを見る

東洋英和女学院大学からのメッセージ

9月17日(日)オープンキャンパス・入試対策講座が開催されます!
みなさまのご来校をこころよりお待ちしております!

◆東洋英和女学院大学 オープンキャンパス・入試対策講座2017◆
日時:9月17日(日) 10:00~16:00
場所:東洋英和女学院大学 横浜校地
プログラム:入試対策講座(小論文/面接)、個別相談、キャンパスツアー 他
詳細:http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigaku/nyushi/op/2017/03/2017OC0917.html

(9/6更新)

東洋英和女学院大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

ブライダルスタイリスト

佐藤 果奈さん

お客様もスタッフも満足してゴールを迎える。そのたびに、大きな達成感が得られます…

他の卒業生一覧を見る

キャンパスライフレポート

詳細を見る

人間科学部 人間科学科

上田 菜摘さん

2年生からインターンシップ。バリバリ働く大人の女性が目標です!

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 143万2650円

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数531名
就職希望者数477名
就職者数466名
就職率98.0%(就職者数/就職希望者数)
進学者数21名

就職支援

高い就職実績と就職満足度を誇る東洋英和のキャリア支援

就職活動を意識した実践的な支援は、主にキャリアセンターが行っています。就職活動の進め方、業界研究の方法、エントリーシートの書き方など、毎年30以上の「テーマ別就職支援プログラム」を開催し、学生の就職活動を支えています。また、経験豊かなスタッフが学生一人ひとりとじっくりと向き合いながら相談に応じる個別相談で、きめ細やかにサポートします。キャリアセンターによる支援だけでなく、授業科目や学習サポートセンターが一体となって、1年次から将来を考えるキャリアサポートを行っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32
TEL:045-922-5512 (直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市緑区三保町32 「青葉台」駅から23系統バスまたは東急バス「若葉台中央」行き(約15分)郵便局前下車 徒歩5分
「十日市場(神奈川県)」駅から23系統バスまたは東急バス「若葉台中央」行き(約5分)郵便局前下車徒歩5分
「三ツ境」駅から116系統バス(地区公園経由を除く)(約20分)霧が丘高校前下車 徒歩10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月20日 18:19 facebook

    【六本木校地】9月25日(月)より、大学院国際協力研究科主催連続セミナー「SDGs-国際協力の現在、未来」が始まります。 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標で、本セミナーではSGDsに対する多様なアプローチを学びます。一般公開で、参加費無料・事前申込不要ですので、関心のある方はぜひお越しください。

    https://www.facebook.com/246993752161977/posts/713088878885793

  • 2017年09月20日 13:19 facebook

    国際社会学部 河野毅 教授より、3年のゼミ合宿の様子が届きましたので、ご紹介します。 --- 夏休みの有効活用の一つはゼミ合宿です。9月8〜13日、国際社会学部の河野毅教授の3年ゼミは中国・四川(sichuan)省(面積は日本の1.3倍の広さ)を訪問しました(中国語が堪能なゼミ生相山美恵さんのお陰で支障なく回れました!)。 ゼミのテーマは国家の盛衰を「制度とインセンティブ」という側面から学ぶことで、前期の授業では中国の例を含め、国家制度とインセンティブの役割を学んできました。今回のゼミ合宿では急発展する中国でも内陸部を選びました。四川省都である成都(chengdu、人口1200万人)には世界中のトップ企業(iPhoneを製造するFoxconnなどIT企業含む)が進出しており、日本からはトヨタ、イトーヨーカドー、伊勢丹が進出していました。成都は真新しい地下鉄と高層ビルがそびえ建つ巨大なシンガポールという印象の街です。中国の重要な外交手段であるパンダ(xiong mao)を育成する研究センターの他、世界遺産である青城山(qing cheng shan)、峨眉山(e mei shan)も視察しました。史書『三国志』で有名な成都には、深淵な歴史と最先端の産業が混在しています。

    https://www.facebook.com/246993752161977/posts/712985008896180

  • 2017年09月19日 12:20 facebook

    夏休み期間、海外実地研修に参加する国際コミュニケーション学科2年生が、留学先に向け順次出発しました。 入学して間もない一年次5月からオリエンテーションが始まり、2月に留学先が決定しました。それから約半年間、前期の授業と並行して出発までの準備を進めてきました。 これまで身近で支えてくれた家族や友人から離れ、自分を頼りに生活し、学ぶ一学期間です。帰国後は、成長した姿でまたキャンパスに戻ってきてくれることでしょう。 今年度の参加者は52名です(留学先別内訳は以下の通り)。 <英語圏> サンディエゴ州立大学ALI(アメリカ):12名 ヴィクトリア大学ELC(カナダ):7名 オタワ大学OLBI(カナダ):4名 ブリティッシュ・コロンビア大学ELI(カナダ):14名 ニューカスル大学LC(オーストラリア):2名 ホーソン・メルボルン(オーストラリア):11名 <非英語圏> サラマンカ大学IC(スペイン):1名 國立政治大学華語文教學中心(台湾):1名

    https://www.facebook.com/246993752161977/posts/709960715865276

  • 2017年09月19日 10:12 BLOG

    9月17日(日)は、台風18号の接近する悪天候にもかかわらず、たくさんの方に本学...

    http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigaku/prospect/2017/09/oc20170917.html

  • 2017年09月18日 17:19 facebook

    本日から後期が始まり、キャンパスに活気が戻ってきました。 さて、一昨日土曜日は六本木の大学院棟にて大学・大学院の学位授与式が執り行われ、卒業生・修了生の旅立ちの日となりました。今後の皆様のご活躍をお祈りしております。 学長式辞はこちら http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigaku/about/2017/09/20170918.html

    https://www.facebook.com/246993752161977/posts/712196845641663

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
2018年度版大学案内
無料
2018度版大学案内+入試要項(願書)
無料
入試要項(願書)
東洋英和女学院大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    知性と感性との調和のとれた女性の育成を目指して

  • Photo

    現代社会で求められる教養と言語運用能力を身につけ、新しい時代を切り拓く女性を育成

  • Photo

    もっと日本を。もっと世界へ。

  • Photo

    外国語が飛び交う国際的なキャンパスで、自分らしく学ぶ

  • Photo

    世界に広がる、6学部16学科のグローバルな学び。国際交流やキャリア支援が充実。

  • Photo

    充実した音楽教育、高い就職率。保育者になる夢、本気で「叶えます」。

  • Photo

    キリスト教ヒューマニズムのもと、国際性と英語発信力を備えた人材を育成

  • Photo

    社会で活躍できる自立した女性を育成します

  • Photo

    千代田キャンパスに2つの新校舎がオープン!

  • Photo

    社会に貢献し、自分自身も成長できる「福祉」「保育」「心理」の専門家を養成します

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる