• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東洋大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会学部
  • メディアコミュニケーション学科

私立大学/東京・群馬・埼玉

トウヨウダイガク

メディアコミュニケーション学科

募集人数:
150人

各種メディアを通じて社会における人間行動を学ぶ

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • アナウンサー

    ニュースやスポーツ実況などを、正しい発声法と美しい言葉で伝える

    ニュース原稿を読むことから、番組のナレーターや司会、スポーツなどの実況中継まで仕事の領域は広い。TV・ラジオ局に勤務する局アナと、プロダクションに所属またはフリーのタイプある。

  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 120万円 

学科の特長

学ぶ内容

メディアを通じて人間の行動を研究
テレビ、新聞、雑誌、インターネットなどさまざまな情報メディアは、私たちの生活に欠かせないものとなっています。「メディアコミュニケーション学」とは、こうした情報メディアを通じて社会における人間の行動を研究する学問です。あらゆる業界や分野を支える原動力となるべく、情報化社会に対応できる力を養います。

カリキュラム

実習で専門的な技術を習得
メディアと情報についての知識と技能を、「情報学」「社会情報学」「マスコミ学」の3つの領域から体系的に学びます。また、実習を重視し、IT業界やSEを目指す学生には「プログラミングおよび実習」、メディア業界を目指す学生には「マスコミ文章法」「映像メディア制作」などの実習科目を設置しています。
学科独自の実習カリキュラム
本学科ではメディア業界・IT業界で即戦力として活躍できる人材を育てるために、独自の実習科目をそろえています。まず、デジタルコンテンツおよびコンピュータネットワークについての知識と技能を学ぶための専門科目と、映像メディアの知識と技能を学ぶための専門科目を開設しています。
新カリキュラムの特徴
●初年次は大学で必要な基本的な技能と習慣を徹底的に身につけ、以後、各年次のゼミで高いレベルの動機と意欲を維持できるように工夫。
●将来の展望を具体的に抱けるような各種プログラムを用意。
●変化するメディアコミュニケーション学に対応した、より多彩な講義、演習、実習を配置。

卒業後

情報に対する専門的なスキルを生かす
実践的な力をつけ、新聞社やテレビ局、出版社、広告代理店などのマスコミ業界をはじめ、情報化に応えられる人材として、一般企業や商社、システムエンジニア、公務員、教員などへの道も開かれています。

施設・設備

白山インターネットTVステーションプロジェクト
本学科はプロ仕様の設備がそろった撮影スタジオと調整室(メディアコミュニケーション実習室)、屋外撮影のための約20セットの撮影機材を備えています。これら施設と設備を活用し、学生がチームを組んで映像作品を作り、インターネットで広く一般に公開する課外活動も行っています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会調査士

社会福祉主事任用資格
社会教育主事任用資格

目標とする資格

    • 情報処理技術者能力認定試験

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    埼玉医科大学 、 セブン‐イレブン・ジャパン 、 そごう・西武 、 みずほフィナンシャルグループ 、 レナウン 、 星野リゾート・マネジメント 、 朝日広告社 、 東北新社 、 横浜市社会福祉協議会 、 TOTO ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※社会学部全体

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
TEL.03-3945-7272(入試部直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
白山キャンパス : 東京都文京区白山5-28-20 都営地下鉄三田線「白山」駅から徒歩 5分
東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東洋大学(私立大学/東京・群馬・埼玉)