• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東洋大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報連携学部
  • 情報連携学科

私立大学/東京・群馬・埼玉

トウヨウダイガク

< 情報連携学部(2017年4月開設)

情報連携学科

募集人数:
400人

つながりが、新たな価値を生む

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • データサイエンティスト

    大量のデータを分析して消費者の行動パターンなどを読み取る

    例えば、顧客の購買履歴など、今、企業はマーケット分析や消費者行動などを読み取るために活用できるさまざまなデータを大量に蓄積している。「ビッグデータ」といわれるこれらの膨大で多種多様なデータを分析するのがこの仕事。どのような切り口や角度からデータを取り上げるかを考え、統計学の手法を使ってデータを分析し、事業に役立つ情報を見極めていく。数学やITなど理系の知識も非常に重要だが、同時に、分析の前提になる仮説を立てたり、分析の結果を事業に生かしたりするためには経営やマーケティングなどの知識も必要となる。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

初年度納入金:2017年度納入金 151万円 

学科の特長

学ぶ内容

ICT(情報通信技術)を活用して“連携”し、アイデアを実現できる人財に
人々が持つスキルや能力のつながりが生み出す新しい可能性。あるいはシンプルな機能やサービスのつながりがつくる新しい豊かさ、“つながり(連携)”は今までにない製品やサービスの実現を可能にします。本学科が展開するのはICTを活用して人をつなぎ技術を活用して、これまでにないもの・新しい価値を実現する学びです。

カリキュラム

全コースでCS教育
連携の基盤としてCS(Computer Science:コンピュータ科学)教育を重視し、全コースでCS初級とプログラミング教育を実施します。1年次にCSの基礎とコミュニケーション力を身につけた上で、2年次からは4コースに分かれて専門性を高めます。
情報連携学科の4コース
【エンジニアリング・コース】
技術面から連携を支え、新しい情報サービスを具体化 
【デザイン・コース】
デザイン面から連携を支え、新しいサービスや製品を具体化 
【ビジネス・コース】
連携によって新しい情報ビジネスを構築しマネジメント 
【シビルシステム・コース】
情報技術と連携し、豊かな社会とくらしの創造に応用
コミュニケーション力の重視
異なる専門、多様な国籍を持つ者同士で、共通の課題解決を行うため、「英語」をはじめとして、「プレゼンテーション」や「ディベート」などの、実践的コミュニケーション能力を身につけます。

実習

コース横断のチーム実習
実習科目ではチームで課題に取り組みます。国籍や専門領域の異なる仲間とコラボレーションする体験を重ねて、実社会に適用する連携力を身につけます。

施設・設備

赤羽台に新キャンパスを開設
情報連携学部の拠点となる新キャンパスを赤羽台(東京都北区)に2017年春、開設します。全キャンパス内での無制限無線LANの利用が可能。ICT基本インフラの整備を徹底し、多用途で使える小規模実習室や3Dプリンタ、工作機械などを備える共同利用設備、実習・レポート作成で学生を支えるデジタルライブラリー等を設置します。

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 技術士<国>

目標とする資格

    • 情報処理技術者能力認定試験 、
    • 公認会計士<国> 、
    • 中小企業診断士<国> 、
    • ファイナンシャル・プランナー【AFP・CFP(R)】 、
    • 日商簿記検定試験 (1~3級) 、
    • インテリアプランナー 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • マルチメディア検定 、
    • CGクリエイター検定 、
    • Webデザイナー検定 、
    • CGエンジニア検定 、
    • 画像処理エンジニア検定 、
    • ウェブデザイン実務士 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • 3次元CAD利用技術者試験

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

情報関連企業、官公庁、スタートアップ(連携による新規事業の立ち上げ・起業) ほか

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
TEL.03-3945-7272(入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
白山キャンパス : 東京都文京区白山5-28-20 都営地下鉄三田線「白山」駅から徒歩 5分
東京メトロ南北線「本駒込」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


東洋大学(私立大学/東京・群馬・埼玉)