• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桃山学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部
  • 法律学科

私立大学/大阪

桃山学院大学

モモヤマガクインダイガク

法律学科

募集人数:
200人

警察官を多数輩出。公務員を中心にあらゆる方面で活躍

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    社会秩序を維持するため、事件解決にあたる

    殺人や強盗、贈収賄など、多くの刑事事件を捜査して、違法行為があった場合に公訴を提起し、法の正当な裁きを要求する。刑の執行を指揮監督するのも職務の一つ。

  • 検察事務官

    検察官をサポートし、事件捜査も行う

    検察官をサポートし、検察業務を幅広く担当するのが検察事務官。具体的には、事件の捜査、取り調べ、公判手続きなどのほか、警察から送検される事件の受理、証拠品の保管、被疑者の犯罪歴の調査なども行う。また刑事局の人事・総務も仕事のひとつ。

  • 裁判官

    法秩序を維持し、人権を守る司法の番人

    最高裁、高裁、地裁、家裁、簡易裁判所など全国にある裁判所で、民事、刑事、行政、家庭、少年など訴訟事件を審理し、事実を認定したうえで、法律を適用し、判決を下す。国民の権利擁護と、法秩序を維持するのが職務。

  • 裁判所事務官

    裁判所の事務局の仕事に携わる

    各裁判所の事務局において、人事、会計、庶務などの事務や裁判部で裁判所書記官の仕事を補佐する事務を行う。裁判所書記官は裁判所事務官の上に立ち、民事事件や刑事事件に関する調書作成や判例、法令などの調査などを行う。

  • 家庭裁判所調査官

    事件についての調査報告を行う

    家庭裁判所裁判官の命を受けて、社会学、教育学、法律学などの専門知識を活用し、家事事件、少年事件についての調査・報告を行う。審判に立ち会って意見を述べ、裁判官の司法的判断を助けることも任務の一つ。

  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

初年度納入金:2017年度納入金 125万9000円  (入学金、春・秋学期授業料、春・秋学期施設費合計)

学科の特長

学ぶ内容

学びの指針になる3つの履修コースモデルを用意
1年次は少人数クラスで、実際の事件・事例を素材に憲法・民法・刑法の基本科目を初歩から段階的に学びます。2年次以降は基本科目をさらにしっかり学びながら、「企業コースモデル」「司法コースモデル」「行政コースモデル」と、3つのコースに沿って自分の興味や関心に合わせたカリキュラムを組むことができます。

授業

4年間全てに配当される演習科目
1年次の基礎ゼミナールでは、資料の集め方やレポート・論文の作成方法、ディベートなど、基礎力やコミュニケーション力を養います。2~4年次の3年間は、同じ教員が担当。興味のある研究分野を選び、少人数クラスで学びます。
職業観を養う「法職オリエンテーション」
法曹界で活躍している人や法務関係の公務員などを招き、法と社会の関わりなどを学ぶ講義。経験者の生の声は将来の職業選択にも役立ちます。

施設・設備

法職セミナー室
法科大学院進学や司法書士、国家公務員試験などの難関国家試験・資格などを目指す人のために設けられたティーチングアシスタント常駐のスペースです。室員選考に合格すれば法職セミナー室の自習机、ロッカー、パソコン、辞書、参考書などを自由に利用できます。警察官をはじめとした公務員を多数輩出しています。

制度

グループ学習を通じて学問の楽しさにふれる
新入生を対象とした学習グループ「テミス」や、オープンキャンパスなどで模擬裁判の実演をする「模擬裁判研究会(MMK)」、事例とクイズで消費者トラブルを解説する団体「LEX」など、先輩や担当教員の指導を受けながら、実演などを通して法学のおもしろさを知ることができます。
法職インターンシップ
法律事務所などでの就業体験「法職インターンシップ」を実施(約2週間)。弁護士の仕事など、現場を間近に見学。希望者は、選考後に事前研修を受けます。就業体験後は、事後報告会で参加者同士が情報共有をし、学びの効果を高めます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国> (博物館) 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 小学校教諭免許状<国> (1種〈神戸親和女子大学提携プログラムによる〉) 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 児童指導員任用資格

日本語教員資格(本学独自)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    大和ハウス工業 、 日本通運 、 紀陽銀行 、 伊予銀行 、 警視庁 、 大阪府警察本部 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒594-1198 大阪府和泉市まなび野1-1
TEL:0725-54-3245(受験生専用)
nyushi@andrew.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府和泉市まなび野1-1 「和泉中央」駅から徒歩 約12分
「和泉中央」駅から南海バス「松尾寺」または「美術館前」行き利用 約5分、「のぞみ野西」または「緑ヶ丘団地」下車すぐ
「和泉中央」駅から南海バス 「桃山学院大学行き」利用 約7分

地図

 

路線案内


桃山学院大学(私立大学/大阪)