• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 藤女子大学
  • 学校の特長

私立大学/北海道

フジジョシダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

多目的な学習をサポートする充実のアクティブラーニング環境

英語文化学科、日本語・日本文学科、文化総合学科の3学科からなる「文学部」では、学科の枠を超えて自由に履修できる「オープンカリキュラム制度」を導入。自分の所属する学科以外の科目も選択できるため、学びたいことを幅広く履修できます。「人間生活学部」は環境汚染や生活習慣病、高齢化社会、少子化など、従来の科学や学問の枠組みでは解決困難な現代社会の課題を、人間生活(ヒューマンライフ)という身近な視点でとらえ直し、再構築していく学問です。北16条キャンパス図書館には2015年4月、新たにラーニング・コモンズを設置。2017年4月には学生ラウンジやパウダールームなどを配した9階建ての新校舎が完成します。学校の特長1

クラブ・サークル活動が楽しめる

研究会やクラブ活動が活発

日本語・日本文学科の学生が参加する研究会活動「日本語・日本文学会」は、有志の学生たちによる「学生運営委員会」が主体となり、研究発表会や研修旅行、論文集の発行など充実した活動を続けています。クラブ活動では手話や環境エコロジー活動など、ボランティアを通して意義深い人的交流を行っているクラブや、他大学との共催の「YOSAKOIソーランチーム」など、それぞれに活発で有意義な活動を行っています。キャンパスが2カ所にある本学では、大学祭も年に2度開催。北16条キャンパスの大学祭(藤陽祭)と花川キャンパスの大学祭(藤花祭)、それぞれの個性が競い合い、両キャンパスをお互いに盛り上げています。学校の特長2

就職に強い

3年次には学生全員と個別面談を実施、個々のキャリアを丁寧にサポート

社会的・職業的自立に向けて基盤となる能力や態度等を身に付けられるよう、低学年次からのキャリア支援に力を入れています。1年次には必修科目「女性とキャリア」を開講し、2年次には体験型の「就職基礎力養成講座」や「ビジネスマナー講座」等を実施。3年次は、合計50回を超える豊富な支援行事や、学生全員との個別面談を通じて個々の希望に沿った支援を行っています。2015年に創立90年を迎えた本学園は道内外で活躍する数多くのOGがいるため、本学への期待が高く、様々な業界から求人が寄せられます。4年次にも、求人紹介や定期的な個別支援など小規模大学ならではのサポートを通じ、2016年3月卒業生の就職率は97.7%という結果になりました。学校の特長3
藤女子大学(私立大学/北海道)