• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 藤田保健衛生大学
  • 学校の特長

私立大学/愛知

フジタホケンエイセイダイガク

施設・設備が充実

隣接する大学病院など身近に学べる環境があります

広大なキャンパスには大学や看護専門学校だけではなく、大学病院・研究施設があり、教育・研究・診療の3分野をカバーする「医療を学ぶ理想の環境」が整っています。中でも併設する藤田保健衛生大学病院では、最先端医療から終末期医療、地域包括ケア中核センターなど幅広い領域の医療を、身近な環境で実習できることは大きな特長になります。臨床現場から医療経営まで、あらゆる分野で活躍でき、知識や技術だけではなく豊かな人間性を持ち合わせ、患者さんの心に寄り添うことのできる「良き医療人」を育成しています。学校の特長1

資格取得に有利

国家資格取得をめざし、常にトップクラスの合格率を誇っています

本学は創設以来、基本に忠実なプロセスを大切にした学習指導を実施しています。1年次から質の高い授業でインプットをおこない、定期試験や隣接した大学病院での実習を通して徹底したアウトプットにより実践力を養います。国家試験の対策としては、過去に出題された膨大な問題より傾向を分析し、効果的な対策を実施することで、全国でもトップクラスの国家試験合格率を維持しています。各学部・学科で多様な資格取得をめざすことができ、各自の希望する進路に羽ばたいていきます。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

アセンブリ教育を通して、現代医療に欠かせないチーム医療の基本精神を学びます

アセンブリ教育とは、藤田学園の理念「独創一理」にもとづき、患者さんの気持ちに共感し、責任ある医療を担う「良き医療人」の育成を目的としたカリキュラムです。特長は、医学部や医療科学部だけでなく、隣接する看護専門学校と共通の授業があること。学生がともに活動をおこなうことにより、早い段階でチーム医療に必要な協調性、多職種間の連携意識を高めることを可能にしています。それぞれの学びを深めてきた学生全員が、学部・学科の枠を超えチームを編成。"患者さんとともに""地域社会とともに"をキーワードに、チーム医療のあり方を広い視野で考えるプログラムをおこないます。学校の特長3
藤田保健衛生大学(私立大学/愛知)