• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 徳山大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木庭 真吏雄さん(経済学部 現代経済学科コミュニティ経済コース/消防士)

私立大学/山口

トクヤマダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

仲間と一緒に働くを大事に

消防士  として働く  木庭 真吏雄さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 公務員
  • 皆で一緒に頑張るのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

学生時代に学んだことを礎に、日々学び、技術を磨いていきたい。

この仕事の魅力・やりがい

消防技術は、一般には知られていないところで、様々な進化を続けています。例えばハード面をとっても、車両性能の向上や、AEDの普及といった進化があります。おかげで管内において命が救われたという例も報告されています。そうしたハードを活用するソフト面、つまり私たち自身も常に勉強し、技術を磨きつづけることが求められ、それが今のやりがいとなっています。先日は、大型免許を取得し、機関員として消防車両の運転ができるようになりました。そのせいか、非番の日にドライブをしているときでも、少し特殊な立地があれば「この道で救助するとしたら、自分ならどうするか」とつい考えてしまうんですよ。これは一種の職業病ですかね(笑)。

消防士として働く木庭 真吏雄さん

学生時代を過ごした周南への恩返しにこの道を選択

消防士として働く木庭 真吏雄さん
私の学生時代!

学生時代に熱中したサッカー。今も続けています

私の学生時代!

私は熊本出身ですが、サッカーを続けたくて強豪校である徳山大学に入学しました。ディフェンダーとして試合に出る一方で、練習の進め方や他大学との試合の調整・段取りを行うマネジメントも経験させていただき、大切なことをたくさん学びました。中でも、当時の監督からは、「準備がすべて」という指導を徹底的に受け、身に沁みこませることができたのが大きく、それは今の仕事にも100%生きていますよ。消防はすべての業務がチームワークで行うものであり、チームの一員として「自分は次に何をすべきかを考え、先を読む力」が必要とされています。その基礎を大学で築けたのは、本当にありがたかったですね。

これからかなえたい夢・目標

機関員として、車両の運転を任されるようになりました

これからかなえたい夢・目標

気候も人もあたたかい。都会とはいえなくても、海が近くて釣りも楽しいし、とにかく住みやすい。私はもともと周南とは縁のない人間でしたが、学生生活を送っているうちに、すっかりファンになってしまいました。地元の九州・熊本に帰らず、この街でずっと働ける今の仕事を選んだのも、私を育ててくれたこの街に恩返しがしたかったからです。防災ヘリへの搭乗とか、救急救命士の資格取得とか、選択できるキャリアプランはいろいろありますが、今は救助・救急分野のスペシャリストとして活躍し、一人でも多くの命が救えるように自己研鑽と努力を続けようと思っています。そして、市民の方が安心して暮らせる街づくりに貢献したいですね。

プロフィール

木庭 真吏雄さん のプロフィール

周南市消防本部 中央消防署勤務/経済学部 経済学科(2007年4月より現代経済学科に名称変更)/2009年3月卒/[高校は熊本県立鹿本高校卒]/大学に入っても大好きなサッカーを続けたいという思いから、熊本からはるばるサッカー強豪校である徳山大学に入学。チームではディフェンダーとして、守備の要を担う。卒業後は周南市の消防士試験を受験。難関を突破して見事合格後、半年間を消防学校で過ごし、晴れて消防士としてデビュー。社会人となった今も、母校の仲間やサッカー部の監督と交流を温めながら、余暇はサッカーに親しむ日々を送っている。

この先輩が卒業したのは…

徳山大学 経済学部 現代経済学科コミュニティ経済コース

学校イメージ

木庭さんのように「地域の皆さんの役に立ちたい」という思いがある人、公務員をはじめ、まちづくりにたずさわりたい人、NPO・NGOに興味のある人にぴったりのコースです。コミュニティ経済コースの学びがめざすのは、地域社会に貢献できる人材を育てること。自治体、企業、大学、市民、NPOが一体となって地域を経営するという「ローカルガバナンス」の考え方を柱に、地元・周南市の職員を招いての『自治体学特論』など、将来の仕事に直結する科目を多数用意しています。「地域ゼミ」など、周南市の街へ出かけていくアクティブラーニングなども行っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

徳山大学(私立大学/山口)