• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本社会事業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会福祉学部
  • 福祉援助学科

私立大学/東京

ニホンシャカイジギョウダイガク

福祉援助学科

募集人数:
105人

要援助者が抱える問題について分析し、その人らしくより良い生活を実現するために必要な理論・専門技術を修得!

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 特別支援学校教諭

    特別支援学校や小・中学校の特殊学級などで、障害についての理解をもとにそれぞれの教科を教える教員

    視覚障害や聴覚障害、知的発達障害、肢体不自由など、なんらかの障害によって通常の学校で勉強するのが困難な生徒のための学校(幼稚園から高校まで)で教科指導を行う。また、一般の小・中学校でも、特殊学級などで特別な支援を必要とする子どもたちの指導を行う。それぞれの障害の特徴や困難さを理解した指導が必要になるので、通常の教員免許とは別に「特別支援学校教諭免許状」も必要である。教員免許を取得する前に所定の単位を履修して取得するのが一般的だが、教員になったあとに講習などを受けて取得することも可能。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

初年度納入金:2017年度納入金 103万4800円  (4年間総額:318万2200円 ※国の委託による運営のため、入学金および授業料は国立大学の標準額相当)

学科の特長

カリキュラム

「保健福祉コース」で個々の状況にあったケアを目指す
「保健福祉コース」では、高齢者や身体に障害を抱える人に対して、心身の健康や社会生活上のニーズを十分に把握しながら、保健医療の専門家らとチームを組んで、福祉の専門的支援を担う人材を育成。卒業生は、精神保健福祉士や医療ソーシャルワーカー、生活相談員、社会福祉施設の指導員・支援員などとして活躍しています。
「子ども・家庭福祉コース」で子どもたちの幸せを考える
昨今、児童虐待やDVなどの子どもと家族をめぐる様々な社会問題が起きています。「子ども・家庭福祉コース」では子どもの発達や現代の家族などの状況を理解し、支援できるソーシャルワーカーを育成しています。卒業生は、公務員(保育職)や子育て支援センター、保育所、児童相談所、母子生活支援施設などで活躍しています。
「介護福祉コース」で相談援助業務もできるケアリーダーになる
卒業時に全学生が取得する「社会福祉士」受験資格に加え、1年次にこのコースに登録することで、「介護福祉士」資格が卒業と同時に取得できます(定員25名)。両方の資格を取得することで、ケアワークはもちろん、相談援助業務もできる人材として、現場のケアリーダーとなることを目指します。
「スクールソーシャルワーク課程」子どもの表情が変わっていく、そんなドラマに立ち会える仕事
スクールソーシャルワーカー(以下SSW)は、子どもが抱える問題に特化したソーシャルワーカー。文部科学省が、全国にSSWを配置する事業をスタート。いじめ、不登校、暴力行為、児童・生徒虐待などの解決を図るために社会福祉等の専門知識や技術、教育現場にも精通した人材がいま求められています。
日本初の日本手話を使いこなす『特別支援学校教員養成課程』を設置
日本で初めて全員が日本手話も学べる『特別支援学校教員養成課程』を設置。近年の脳科学研究から手話が言語であるということが証明されています。現在日本に存在する日本語対応手話と日本手話と呼ばれる二通りの手話のうち、ろう者にとって言語である日本手話と文化を学び、多様性と国際性を意識できる教員を育みます。

実習

社会福祉士になるための必修の実習は、「自分の進路にあった実習先」を選択
相談援助業務に携わるソーシャルワーカーに必須とされる「社会福祉士」受験資格は全学生が取得。そのため、3年次に実習が必修。実習の準備は1年次から、様々なケースの実習先を見学することからスタート。見学後は担当教員と相談し、希望の実習先を決定します。進路にあった実習先が選べるのは、本学の魅力のひとつです。
学校概要

71年の伝統と実績。日本を代表する福祉教育のモデル校でソーシャルワーカーを目指す!

福祉系教育機関の先駆けとして、カリキュラムや授業内容、実習教育の開発に努めてきた本学。福祉の多様化・高度専門化に対応し、ソーシャルワーカーとしての活躍と、社会福祉士プラスワンの資格取得を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 介護福祉士<国> (※1年次課程登録[定員25名]) 、
  • 保育士<国> (※1年次課程登録[定員50名]) 、
  • 特別支援学校教諭免許状<国> (1種 聴覚障害者※3年次課程登録[定員20名]) 、
  • 高等学校教諭免許状【福祉】<国> (1種※2年次課程登録) 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 児童指導員任用資格

身体障害者福祉司任用資格
知的障害者福祉司任用資格
社会教育主事任用資格※2年次課程登録
認定スクール(学校)ソーシャルワーク※4年次課程登録(定員20名)
児童ソーシャルワーク課程修了認定※4年次課程登録(定員50名)

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国> 、
  • 精神保健福祉士<国> (※3年次課程登録[定員20名])

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日本赤十字社 、 金沢医科大学 、 総生会 、 東京都社会福祉事業団 、 カリタスの園 、 日本介護センター 、 静岡県教育委員会 、 大泉旭出学園 、 二葉保育園 、 地方公務員福祉職・行政職・保育職 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
TEL 042-496-3080(入試広報課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
清瀬キャンパス : 東京都清瀬市竹丘3-1-30 西武池袋線「清瀬」駅下車、南口バスターミナルから「下里団地」行または「花小金井駅」行で 約6分 「社会事業大学前」から徒歩 すぐ

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本社会事業大学(私立大学/東京)