• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物資源科学部
  • 獣医学科

私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

獣医学科

募集人数:
120人 (2017年度 参考)

動物医療を通して、動物の健康維持・増進を図るとともに、人類の健康と福祉に貢献できる獣医師を養成

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 獣医・畜産学

    動物の病気の診断や予防、動物生産の効率化や高度化を研究する

    獣医学は、家畜やペットの病気の診断や予防、治療の在り方を研究していく学問。畜産学は、実験や実習を通じて、おいしい肉や牛乳、品質のいい革製品などをいかに効率よく生産するか、つまり、人間の生活を豊かにするための動物生産を研究する学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 動物園スタッフ

    動物園で動物の世話や設備管理などをする

    動物園の職員として、飼育している動物の世話や、園舎の掃除などを行う。また、個々の動物の習性や、生態を理解し、健康状態をチェックしたり、快適に過ごせる環境も整備する。他に一般客の問い合わせに答えるなどの広報的な仕事や、繁殖計画や病気予防など獣医学の専門知識が必要な仕事もある。

  • 家畜人工授精師

    家畜の人工授精・授精卵移植をする

    都道府県知事の免許を受けて、家畜(牛・馬・豚・めん羊・やぎ)の人工授精や、牛の受精卵移植を行う。主に牛や豚を対象にして開業したり、農協などの職員として活躍している。個人差は大きいが、高収入が見込める。家畜の種類別に免許があり、免許を取得した家畜のみ取り扱うことができる。

  • 獣医師

    動物の診療から、保健・衛生面での検査業務まで

    動物病院の医師として、犬や猫などの小動物のペットから、馬や牛などの大動物まで、さまざまの動物の病気を診察し、治療にあたる。開業医としての仕事以外にも、公衆衛生局や、農業試験場、検疫所などに就職して、衛生面での検査等の仕事をするケースもある。いずれにしても国家試験に合格する必要がある。

  • 畜産技術者

    畜産農家に、保健衛生や医療、設備技術などに関する知識で支援し、経営が安定するよう協力する。

    豚や牛、鳥などの畜産農家にとって、効率的でかつ良質な食肉や食材を提供することは重要な課題。そのため保健衛生や医療、設備技術に関する知識で畜産農家を支援する畜産技術者が不可欠な存在。例えば、畜産試験場では品種改良や新しいワクチンの研究などを行い、その情報を畜産農家に提供する。また、都道府県の家畜保健衛生所のいる技術者は、病気を未然に防ぐ予防接種や伝染病の調査や対策方法などの情報提供を行う。

  • 獣医学・畜産学研究者

    獣医学研究者は医学的側面から動物の研究をし、畜産学研究者は家畜の繁殖や食品への加工方法など研究する。

    獣医学研究者は、大学や専門の研究機関で獣医学の研究を深める。例えば最近では話題になっている「トリインフルエンザ」のように、動物や家畜から広がるウイルスの研究なども、獣医学研究者の重要な研究のひとつになる。一方、畜産学研究者は、チーズやハム、食用肉、卵など、食品とする家畜を効率よく繁殖させたり、安全に育成したりする方法を研究する一方、民間企業の研究所の場合、製品として売れる新しい加工食品への加工技術開発や成分抽出などの研究も行っている。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 241万円  (入学金26万円含む。諸会費等除く)

学科の特長

授業

最先端の動物医療、生命活動のメカニズム、動物とヒトの健康・福祉に関わる広範囲な領域を網羅
動物の疾病の診断、治療、予防、公衆衛生はもちろん、野生動物の保護や環境保全など、幅広い範囲に対応できる獣医師を養成する。また、狂犬病、BSE(牛海綿状脳症)、高病原性鳥インフルエンザなど人獣共通感染症の研究を通じ、人の健康・福祉、動物との共生への貢献も目指す

実習

スケールメリットを活かし、充実した実習教育を提供
講義で学んだ専門知識を獣医療の現場で実践するために、獣医学教育では実習にも重点をおいている。日本大学のスケールメリットを活かした充実した実習設備と大学院生によるティーチングアシスタント制度の導入により、内容の濃い、きめ細かい実習を提供している。また、学外実習への参加も積極的にサポートしている
海外の最先端の獣医学を学ぶ夏期獣医臨床研修
ワシントン州立大学獣医学部において、20年以上にわたり毎年5~6年生を対象に夏期獣医臨床研修を行っている。日本では勉強する機会が少ない、馬医学、エキゾチックアニマル学、神経病や腫瘍の診断学と治療学について、アメリカの獣医界を代表する先生方によって、少人数グループで講義・実習を受け、単位を取得する

研究テーマ

専門教員の指導による最新獣医学の探究
4年生から研究室に所属し、卒業論文作成のための研究を行う。基礎獣医学、病態獣医学、応用獣医学および臨床獣医学を専門とする25研究室の教員の指導のもと、研究テーマに沿って卒業論文をまとめる。学会発表や論文発表に至る高度な獣医学研究を目標にしている

卒業後

動物病院勤務をはじめ多彩な進路へ
新卒者の約半数が、動物病院の勤務医として活躍する。一方、国や地方の公務員として食品衛生、動物愛護、家畜衛生に従事する卒業生も増加傾向にある。他にも、国内外の大学院進学や各種民間企業への就職、青年海外協力隊員として野生動物保護に従事するなど多彩な進路が開かれており、就職率もきわめて高いのが特色である

施設・設備

高度な動物医療を支える最先端の医療機器や研究を支える高精度な分析機器設備
付属動物病院ではMRI、CTなどヒトの総合病院と同レベルの最先端の医療機器を完備し、高度な動物医療が行われており、付属病院での臨床実習ではこれらの医療機器を活用して、専門的な診断技術と実践的な治療法を学習。DNA塩基配列解析装置、DNAチップ解析装置、透過型電子顕微鏡などの充実した機器で先端研究が行われている
学校概要

128年の伝統と113万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

創立以来128年目を迎えた日本大学は、多彩な学問領域に対応する国内最大級の総合大学として、113万人を超える卒業生を輩出。そのネットワークは日大人の絆として大きな力となり、夢を実現する皆さんを応援します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 食品衛生責任者 、
  • 食品衛生管理者<国> (任用資格) 、
  • 食品衛生監視員 (任用資格) 、
  • 学芸員<国> (任用資格) 、
  • 家畜人工授精師<国>

薬事監視員(任用資格)
環境衛生監視員(任用資格) 
と畜検査員(任用資格)
種畜検査委員(任用資格) 
狂犬病予防員(任用資格)
家庭用品衛生監視員(任用資格)
飼料製造管理者(任用資格)

受験資格が得られる資格

  • 獣医師<国> 、
  • バイオ技術者認定試験 (中・上級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    イオンペット 、 北海道農業共済組合連合会 、 アニホスフォレスト 、 日本大学家畜病院 、 日本動物高度医療センター 、 日本中央競馬会 、 農林水産省 、 埼玉県庁 、 千葉県庁 、 神奈川県庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL 0466-84-3812

所在地 アクセス 地図・路線案内
生物資源科学部キャンパス : 神奈川県藤沢市亀井野1866 小田急江ノ島線「六会日大前」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡)