• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文理学部
  • 情報科学科

私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

情報科学科

募集人数:
70人 (2017年度 参考 )

情報に関する科目を通して、「IT(情報技術)」を学びながら「論理的思考力」と「自主性」を養う。

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • アクチュアリー

    保険・年金の料金設定をする

    保険や年金の料率計算や財政運営のチェックをするスペシャリスト。死亡率やそれらにかかわる事故・災害の発生率などさまざまなデータを収集し、分析して保険料を決める。保険会社や企業年金の財政運営には、アクチュアリーの役割はとても大きく会社の経営を左右する非常に重要な役割を担う。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 156万円  (諸会費等除く)

学科の特長

学ぶ内容

情報数理の基礎やプログラミングの実習を通してITの基礎となる情報科学を学ぶ
1・2年次に情報数理の基礎とプログラミングの初歩を反復して学び、論理的にものを考える力を養う。3・4年次には研究室単位で少人数教育を行い、情報科学における専門性の高い研究テーマを自主的に学び、解決策を模索する。こうして育成される「問題解決能力」と「創造力」は実社会の要求に応えるものになる

カリキュラム

コンピュータ系の科目と情報数理系の科目をバランス良く配置したカリキュラム
初年次には多くのプログラミング系実習科目を配置し、これまでプログラミングを学んだことがない学生が無理なく基礎を身に付けるようにする。その後段階的にコンピュータ系、情報数理系の進んだ内容を学ぶカリキュラムとなっている

授業

情報科学の基礎を学ぶ授業から、高機能プログラムの開発のノウハウを学ぶ授業まで
1・2年次には、情報科学の基礎となる「離散数学」や、プログラミングの初歩を学ぶ「情報科学実習」などの授業がある。3年次からは、高機能プログラム開発のノウハウを学ぶ「デジタルコンテンツ」、大規模システム開発技術に触れる「オブジェクト指向プログラミング」など、専門的な授業がある

研究テーマ

幅広い分野から研究テーマを選び、情報科学を深く追究する
「3次元CG」、「自動作曲ソフトの作成」、「言葉の自動翻訳・要約」、「ビッグデータからの知識獲得」をはじめとする情報科学の幅広い分野から研究テーマを自主的に選び、指導教員の下で卒業研究に取り組む

卒業生

「希望する業界のエンジニアという職種を手にできました」
現在IT系の企業に勤めているので、プログラミングの授業は、コーディングの基礎がしっかりと身に付き、とても役に立っています。また、将来的に直接役に立つか分からない授業でも、自分から学ぼうとする姿勢を身に付けることはどんな職業でも必ず役立つはずです。 (2008年度卒業 ヤフー(株) 福田 奏さん)

資格

「数学」「情報」の教員免許状が取得できる
情報技術・コンピュータ科学関連の科目を履修すれば、高校の教科「情報」の教員免許状が取得できる。システム解析関連の科目を履修すれば「数学」の教員免許状を得ることができる。「情報」「数学」の両方を取得することも可能。また、在学中に基本情報技術者試験と応用情報技術者試験に合格する学生もいる

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (一種) 、
  • 社会教育主事任用資格 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国>

目標とする資格

    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    パイオニア 、 オービックビジネスコンサルタント 、 コロプラ 、 ジャステック 、 全労済システムズ 、 キヤノンITソリューションズ 、 富士ソフト 、 エイチ・アイ・エス 、 神奈川県教育委員会 、 埼玉県所沢市役所 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
TEL 03-5317-9380 日本大学文理学部 入学センター

所在地 アクセス 地図・路線案内
文理学部キャンパス : 東京都世田谷区桜上水3-25-40 京王線、東急世田谷線「下高井戸」駅から徒歩 8分
京王線「桜上水」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内


日本大学(私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡)