• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 裕一さん(生物資源科学部 獣医学科/獣医師)

私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡

ニホンダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

獣医師  として働く  山田 裕一さん  にインタビュー!

  • 農林・水産業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

「先生に診てほしい」という飼い主からの信頼が、何よりも仕事の励みに

この仕事の魅力・やりがい

千葉市稲毛区にある鈴木犬猫病院で、獣医師として勤務して約1年になります。当院は、身近な街の動物病院ながら、豊富なスタッフ、陽圧手術室など大学並みの設備を用意している総合動物病院。一般診療だけでなく、予防医療や専門的な高度医療にも取り組んでいます。また、診療については担当医制を取り、新人の私も他の先生と同じように動物を受け持ち、治療を任されています。いろいろな病気を診るため、覚えることも多く大変ですが、先輩方にも助けていただきながら、日々勉強を続けています。そんな中、自分が担当する飼い主が日に日に増え、先生に診てほしいと信頼して来ていただけることは、何よりありがたいことだと感じています。

獣医師として働く山田 裕一さん

先進的な設備を備え、高度な手術や検査にも対応

獣医師として働く山田 裕一さん
今の仕事との出会い・きっかけ

優しくスピーディな血液検査で「痛くないワン」

今の仕事との出会い・きっかけ

親戚に獣医師のおじがいて、飼っていたペットをよく診てもらっていました。その診察風景を見て、自分も同じ獣医師になりたいと考えるようになったのです。そのため進学先にも、おじと同じ日本大学を選びました。大学では病理学研究室に所属し、腫瘍の研究をしていました。そこに研究生として通っていたのが、この鈴木犬猫病院の院長先生だったのです。私は当時から、将来臨床の現場で働きたいという希望を持っていたので、そうしたことを院長に相談したところ、じゃあうちにきてみないかと誘われました。60歳を過ぎても大学に通い続ける、勉強熱心な院長の姿勢にも惹かれ、最終的にはこちらからお願いして使っていただくことになりました。

後輩への応援&アドバイス

顔なじみの猫ちゃんを診察「先生なら安心ニャ」

後輩への応援&アドバイス

獣医師は動物を相手にする仕事ですが、治療の選択権があるのはあくまで飼い主です。治療に際しては相手の意思を尊重し、こちらから選択肢を出して選んでいただくようにします。もちろんプロとして、治療内容をなるべくわかりやすくかみ砕いて説明するよう心がけています。ですから対人的なコミュニケーションというのは、治療に匹敵するくらい重要なポイントとなります。ところがそういう技術を大学で学ぶ機会は、あまりないんです。私は学生時代に日本獣医学生協会(JAVS)の活動に参加し、他大学との交流などでそれをやってきました。獣医をめざす人は、勉強以外にサークルやバイトなどで、対人スキルを磨くことをぜひおすすめします。

プロフィール

山田 裕一さん のプロフィール

鈴木犬猫病院/生物資源科学部獣医学科/2016年3月卒/鈴木犬猫病院という恵まれた環境で研鑽を積み、最終的には開業して自分の病院を持ちたいと考えている山田さん。「近くにあるからという理由ではなく、あなたに診てほしいといって来院してくれるような、そんな病院をつくりたいと思っています」と、将来の夢を語ります。治療に追われる毎日ながら、最近覚えた新しい息抜きがゴルフ。実はこれもゴルフ好きの院長先生の影響だそうです。「いまではどっぷりハマってしまって、暇があれば打ちっぱなしで練習しているところです。院長は上手いので、早く一緒にラウンドを回れるといいのですが」と、笑顔でお話しいただきました。

この先輩が卒業したのは…

日本大学 生物資源科学部 獣医学科

学校イメージ

獣医学科は“獣医師養成”を基本目標とする学科です。ここで学ぶ獣医学という学問は動物医療を根幹とする応用科学で、動物の健康維持・増進を図るとともに、ヒトの健康と福祉に貢献することを大切な理念としています。その達成のために、生命活動のメカニズムの探求や、疾病の診断・治療・予防、公衆衛生、野生動物の保護と環境保全など広範囲な領域をカバーしています。また、総合大学のメリットを生かして、学際領域では他学科・他学部との共同研究も活発に行われているのが特徴です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

日本大学(私立大学/東京・福島・埼玉・千葉・神奈川・静岡)