• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 日本福祉大学
  • 学校の特長

私立大学/愛知

ニホンフクシダイガク

教育方針や校風が魅力

「ふくし」の総合大学として、多様なフィールドで活躍できる人材を育成

「ふくし」とは、すべての人が幸せに生きられるようにすること。今日、こうした「ふくし」の考え方は社会福祉分野にとどまらず、日常生活とは切り離せないほど、あらゆる領域に広がっています。社会のあらゆる領域で「ふくし」を深めることに必要な専門人材を育てるため、日本福祉大学には社会福祉以外にも多彩な学びが存在します。人と向き合い、暮らしと安全といきがいを支えるのが「ふくし」の仕事。多彩な学びを通じて「ふくし」を学んだ多くの卒業生が、それぞれの職場で「ふくしの視点」で仕事をみつめ、自分自身のやりがいを見つけています。「ふくし」の総合大学として多様なフィールドで活躍できる人材を育成します。学校の特長1

資格取得に有利

福祉系をはじめ教育、医療系など幅広い分野の国家資格取得をめざせます

社会福祉士をはじめ、教員や建築士、看護師など、様々な分野の資格にチャレンジすることができます。平成27年度第28回の社会福祉士国家試験では122名(通学課程)が現役合格しており、平成27年度第18回精神保健福祉士国家試験合格率は69.6%(合格者16名/全国平均61.6%)、理学療法士国家試験合格率は91.7%(合格者22名/全国平均82%)、作業療法士国家試験合格率は97.8%(合格者44名/全国平均94.1%)、介護福祉士資格取得者は34名、保育士資格取得者は134名、教員免許取得者は325名(のべ人数)です。(※全て平成27年度の実績)学校の特長2

就職に強い

福祉・医療業界だけでなく、公務員・教員・一般企業など幅広い分野で活躍可能

1953年の創立以来、卒業生は約8万人。全国に広がる卒業生ネットワークは、全国各地で就職を強力にバックアップしています。卒業生は福祉・医療、ヘルスケア部門を展開する一般企業や流通・商社、金融・保険、運輸・サービス、情報系の企業など、さまざまな分野にも進出。全国で幅広い分野での活躍が期待されます。また、本学では公務員・教員採用試験合格のために対策講座に力を入れており、多数の卒業生が、地方自治体、官公庁、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校などで活躍しています。学校の特長3
日本福祉大学(私立大学/愛知)