• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 八戸工業大学

私立大学/青森

八戸工業大学

ハチノヘコウギョウダイガク

「工学」と「デザイン」で社会に向き合う。地域の課題を解決しつづける人材になる。

「工学」と「感性」6学科15コースの多彩な学び。社会との連携による実践教育。「よき技術はよき人格から生まれる」という理念のもと、学生の主体性を引き出しながら人間力豊かな技術者を育てます。

八戸工業大学の特長

学校の特長1

学生一人ひとりのキャンパスライフをサポートする充実の環境

八戸工業大学が誇る広々としたキャンパスには、2009年11月にオープンした多目的施設「メディアセンター」の他、自動車整備実習などに使われる「自動車工学センター」、夜9時まで85台のパソコンが開放される実習室やiMac48台を備えたデザインワークスタジオ、ビールとチーズのプラント施設などをはじめ、多くの大型装置を備えており学びの環境が整っています。また学生生活の全面的な支援を行う「学修支援室」では授業内容の質問はもちろん学生同士の情報交換の場としても活用され、「カウンセリングルーム」も設置。周辺には下宿・アパート街があるので安心です。

学校の特長2

産学官金連携を通じた学びや体験型学習で実践的な学びをサポート

八戸工業大学では、企業や自治体との共同研究を通じ、学生が社会とつながりを持つ機会を大切にしています。2013年度からは学生の自主的な活動を応援する「学生チャレンジプロジェクト」が始まり、さまざまなプロジェクトが進行中です。また、高校から大学教育へのスムーズな移行を図るため「導入転換科目」や「リメディアル科目」があり、体験型の授業も多く取り入れていますので、安心して学ぶことができます。さらに工学部ではJABEE(日本技術者教育認定機構)に対応したコースを設けており、国際基準を満たす技術者教育を受けることができます。

学校の特長3

学生一人ひとりのキャリアアップを支援。就職ガイダンスや担任制度が力強くサポート

希望する進路に向けて、1年次から継続的に学生一人ひとりの就職活動をバックアップ。全学科、全学年に担任を配置し、学内の諸手続きから就職支援までを支えます。就職課主催で年3回、『学生と企業との就職懇談会』を開催。 また、3年生を対象とした夏季休業時を利用してのインターンシップも行っております。さらに3年次の就職ガイダンスの際には、全員に本学独自の就職情報サイトへのログインIDとパスワードが発行され、よりスムーズな就職活動が展開できます。4年次は、ゼミナールの担当教員が卒業研究の指導と、就職へのアドバイスを行っていきます。

学校の特長1

学生一人ひとりのキャンパスライフをサポートする充実の環境

八戸工業大学が誇る広々としたキャンパスには、2009年11月にオープンした多目的施設「メディアセンター」の他、自動車整備実習などに使われる「自動車工学センター」、夜9時まで85台のパソコンが開放される実習室やiMac48台を備えたデザインワークスタジオ、ビールとチーズのプラント施設などをはじめ、多くの大型装置を備えており学びの環境が整っています。また学生生活の全面的な支援を行う「学修支援室」では授業内容の質問はもちろん学生同士の情報交換の場としても活用され、「カウンセリングルーム」も設置。周辺には下宿・アパート街があるので安心です。

学校の特長2

産学官金連携を通じた学びや体験型学習で実践的な学びをサポート

八戸工業大学では、企業や自治体との共同研究を通じ、学生が社会とつながりを持つ機会を大切にしています。2013年度からは学生の自主的な活動を応援する「学生チャレンジプロジェクト」が始まり、さまざまなプロジェクトが進行中です。また、高校から大学教育へのスムーズな移行を図るため「導入転換科目」や「リメディアル科目」があり、体験型の授業も多く取り入れていますので、安心して学ぶことができます。さらに工学部ではJABEE(日本技術者教育認定機構)に対応したコースを設けており、国際基準を満たす技術者教育を受けることができます。

学校の特長3

学生一人ひとりのキャリアアップを支援。就職ガイダンスや担任制度が力強くサポート

希望する進路に向けて、1年次から継続的に学生一人ひとりの就職活動をバックアップ。全学科、全学年に担任を配置し、学内の諸手続きから就職支援までを支えます。就職課主催で年3回、『学生と企業との就職懇談会』を開催。 また、3年生を対象とした夏季休業時を利用してのインターンシップも行っております。さらに3年次の就職ガイダンスの際には、全員に本学独自の就職情報サイトへのログインIDとパスワードが発行され、よりスムーズな就職活動が展開できます。4年次は、ゼミナールの担当教員が卒業研究の指導と、就職へのアドバイスを行っていきます。

学校の特長1

学生一人ひとりのキャンパスライフをサポートする充実の環境

八戸工業大学が誇る広々としたキャンパスには、2009年11月にオープンした多目的施設「メディアセンター」の他、自動車整備実習などに使われる「自動車工学センター」、夜9時まで85台のパソコンが開放される実習室やiMac48台を備えたデザインワークスタジオ、ビールとチーズのプラント施設などをはじめ、多くの大型装置を備えており学びの環境が整っています。また学生生活の全面的な支援を行う「学修支援室」では授業内容の質問はもちろん学生同士の情報交換の場としても活用され、「カウンセリングルーム」も設置。周辺には下宿・アパート街があるので安心です。

学校の特長2

産学官金連携を通じた学びや体験型学習で実践的な学びをサポート

八戸工業大学では、企業や自治体との共同研究を通じ、学生が社会とつながりを持つ機会を大切にしています。2013年度からは学生の自主的な活動を応援する「学生チャレンジプロジェクト」が始まり、さまざまなプロジェクトが進行中です。また、高校から大学教育へのスムーズな移行を図るため「導入転換科目」や「リメディアル科目」があり、体験型の授業も多く取り入れていますので、安心して学ぶことができます。さらに工学部ではJABEE(日本技術者教育認定機構)に対応したコースを設けており、国際基準を満たす技術者教育を受けることができます。

学校の特長3

学生一人ひとりのキャリアアップを支援。就職ガイダンスや担任制度が力強くサポート

希望する進路に向けて、1年次から継続的に学生一人ひとりの就職活動をバックアップ。全学科、全学年に担任を配置し、学内の諸手続きから就職支援までを支えます。就職課主催で年3回、『学生と企業との就職懇談会』を開催。 また、3年生を対象とした夏季休業時を利用してのインターンシップも行っております。さらに3年次の就職ガイダンスの際には、全員に本学独自の就職情報サイトへのログインIDとパスワードが発行され、よりスムーズな就職活動が展開できます。4年次は、ゼミナールの担当教員が卒業研究の指導と、就職へのアドバイスを行っていきます。

八戸工業大学の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

●2016年度納入金 【工学部】154万3000円 【感性デザイン学部】112万1000円
(入学金、施設設備費、実験・演習実習費、委託会費を含む)

問い合わせ先・所在地・アクセス

八戸工業大学 入試課

〒031-8501 青森県八戸市妙字大開88-1
TEL:0120-850-276 (入試課フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
青森県八戸市大字妙字大開88―1 「本八戸」駅から工業大学行バス 30分

地図

 

路線案内

八戸工業大学(私立大学/青森)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    学び続ける力、つながる力、確かめる力、3つの力を育て未来を拓く実践力を身につける

  • Photo

    2つの学部「経営法学」と「看護」において社会で活躍する高度な職業人の育成を目指す

  • Photo

    現代社会のニーズに応える「生命科学」の総合大学

  • Photo

    “美大”だと思ったら、もったいない。

  • Photo

    「モノづくり」の力で人々の暮らしを豊かに、そして未来を創る学生を育てます

  • Photo

    医療福祉、総合政策、IT・建築のスペシャリストとの協同で、問題に応えられる人を育む

  • Photo

    127年の伝統と110万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    ワクワクする出会いから自分の可能性を広げ未来へつなぐキャリア&スキルを身につける

  • Photo

    看護・作業療法・言語聴覚療法の3分野で、地域貢献のできる保健・医療の専門家になる

  • Photo

    オーダーメードの学びを通して、自分に合ったキャリアを見つけ活躍する!

次へ