• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 比治山大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 健康栄養学部
  • 管理栄養学科

私立大学/広島

ヒジヤマダイガク

管理栄養学科

募集人数:
70人

社会の福祉に貢献する“食”と“健康”のプロフェッショナルをめざします

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 栄養教諭

    栄養バランスの取れた給食メニューを考え、栄養に関する指導も行う

    小・中・高校などで学校給食の献立を考え、栄養の管理をする。食材や調理場の品質・衛生管理や、生徒・児童に対して栄養に関する授業を行うのも重要な仕事。さらに、肥満、偏食、食物アレルギーなどの生徒・児童に対する個別指導や、地域と連携した地場産物の給食や授業への活用なども担当する。朝食をとらない、好き嫌いが激しいなど、子どもたちの食生活の乱れが問題視されるなか、栄養教諭が「食育」のために果たす役割は大きくなっている。管理栄養士と教員免許状を両方取得して活躍する栄養教諭も多い。

  • 管理栄養士

    医療や教育、スポーツ、美容に欠かせない栄養指導のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。栄養士資格を持った上で国家資格を取る必要がある。栄養士よりも高度な知識をもち、複雑な栄養指導、管理を行う。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • クッキングアドバイザー

    製品のPRを兼ねた調理アドバイザー

    調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種。製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をする。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合がある。経験を積んで、メーカー主催の料理教室の講師となったり、PR用のハンドブックの編集をするケースもある。

  • 料理研究家

    料理の解説をしたり、新しいレシピを考案する

    「健康によい」「短時間で作れる」「季節の食材を使って」など雑誌やTVで企画される料理のテーマに合わせたメニューを考案し、栄養面だけでない、料理のレシピや楽しみ方を提供する仕事。実際にお皿に盛り付けるまでやる場合もあるので、仕事範囲はその時々で微妙に変化する。また、スクールや講習会での講師や料理番組の解説をする場合もある。

  • 栄養士

    栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金 137万9660円  (入学手続時83万9660円、後期54万円※分納可)

学科の特長

学ぶ内容

人々の生活を食と健康面から支援し、社会の福祉に貢献できる管理栄養士、栄養教諭を養成
栄養科学に立脚し、幅広い視野と豊かな人間性をもって、人々の生活を食と健康面から支援し、社会の福祉に貢献できる管理栄養士と栄養教諭を養成します。なかでも管理栄養士の活躍の場は、保健・医療・福祉・介護・教育・スポーツなど非常に広範囲。対人支援の礎となる高度な知識、技術を広く、深く学びます。

授業

基礎知識を身につける「管理栄養論I」
専門科目を学ぶ前の導入教育として、栄養学の歴史、管理栄養士の使命や社会における役割、活躍する分野を理解します。そして、管理栄養士をめざす気持ちを育みます。
専門知識を身につける「解剖生理学」
管理栄養士としてからだの構造を知って、働きを理解することはとても大事なことです。私たちのからだを構成する循環系、消化系など全ての器官について学び、からだの仕組みを理解します。
実践力を身につける「臨床栄養学実習」
臨床栄養学で学んだ身体測定や代謝測定の手技、ケアプランの作成(栄養必要量、栄養投与の決定、食品構成、献立作成)などを実際に身をもって体験します。

卒業後

「子ども×食」をキーワードに、保育、教育、医療、保健、福祉、食品産業などで活躍できる人に
卒業後の進路としては、保育、教育、医療、保健、福祉、食品産業などの幅広い分野を想定しています。特に、学科連携の強みを活かし、「未来に輝く子ども」の食と健康に強い人材として、保育所や学校、福祉施設、研究・教育機関などで活躍できるよう、実践力を育て、きめ細かなキャリア支援も同時に行っていきます。

施設・設備

9号館は、最新設備の実験・実習室や講義室があり、専門的な学びを展開します
2014年3月に完成した9号館は、管理栄養学科の専門教育に必要な最新設備を整え、実験・実習室、講義室など、真新しく気持のよい環境が整備されています。専門的に学ぶ場としてはもちろん、1階にはカフェを設置し、学生同士の交流の場としても活用しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 栄養士<国> 、
  • 栄養教諭免許状<国> (一種)

受験資格が得られる資格

  • 管理栄養士<国>

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

保育、教育、医療、保健、福祉、食品産業などの各分野での活躍が期待されます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒732-8509 広島市東区牛田新町4-1-1
TEL 0120-229-145(入試広報室直通)
E-mail nyushid@hijiyama-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県広島市東区牛田新町4-1-1 JR「広島」駅からBホーム8番のりば発のバス 25分 牛田新町四丁目下車 徒歩 3分
JR「広島」駅から福屋広島駅前店前 20番のりば発のバス 12分 牛田新町四丁目下車 徒歩 3分
アストラムライン「不動院前」駅から徒歩5分

地図

 

路線案内


比治山大学(私立大学/広島)