• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 文化学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 現代文化学部
  • 応用健康心理学科

私立大学/東京

ブンカガクエンダイガク

応用健康心理学科

募集人数:
30人

ファッション心理、健康心理、キャリア心理から人の行動と心の動きの関係を学び、実社会に応用できる人材を育成

学べる学問
  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 図書館司書

    本に関する情報整理の専門家

    公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うのが仕事。学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了することが必要。

  • 学芸員

    資料の研究や展示の企画などを行う、博物館などの専門職員

    博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行う。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もある。

  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

初年度納入金:2017年度納入金 134万800円  (諸経費を含みません)

学科の特長

学ぶ内容

健康的な生活を目的に心と行動のつながりを研究する「健康心理」
例えばストレスを効果的に解消するにはどのような方法があるのかなど、人間の健康に心理学の研究を取り入れた学問です。基礎となる心理学と健康についての知識を身につけたうえで、カウンセリングやスポーツ心理などの最新理論と技法を学び、現代の心理的ニーズに広く応えることのできる力を養います。
服やメイクが人に与える影響を研究し、生活を豊かにする「ファッション心理」
例えば気に入った色や形の服を着ている時、またはメイクの仕方ひとつで気持ちが高揚するのはなぜかなど、身につける衣服や化粧の心理的な効果を通して、人々の健康的な生活の維持と、一人ひとりの個性に見合う豊かな心をつくる心理学です。自己を表現する様々なファッションアイテムとそれらの心理的影響を研究します。
より良い人間関係をつくるための最適な支援法について学ぶ「キャリア心理」
働くことの意義と組織など集団の中で生じる人間関係を幅広く理解し、諸問題における要因を解明することで、どう行動すれば良好な人間関係を築くことができるかといったことを学びます。そして、円滑な組織運営のために働く人のサポートができる人をめざします.。

授業

健康心理・ファッション心理・キャリア心理の実践を通して、心や体の健康に取り組みます
1年次では、心理学の基礎理論を学び、知識を身につけ、2年次からは健康心理・ファッション心理・キャリア心理について学びを深める科目が増え、専門的な実習授業が始まります。授業を通して心理学が社会でどのように生かされているのかを体感し、身につけた理論や知識で問題解決を自ら考案できる力を養います。

卒業後

卒業後は心理学を生かして幅広い分野での活躍が可能
心理学の知識やカウンセリングの技法を身につけることで社会のさまざまな場面での活躍が期待されます。卒業後はカウンセリングセンターや福祉施設を始め、一般企業の総務・人事・営業部門などでもその知識を発揮できます。定められた課程を履修することで卒業時に「認定心理士」「認定健康心理士」の資格取得も可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 日本心理学会認定心理士 、
  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国>

日本健康心理学会認定健康心理士

受験資格が得られる資格

  • NPO日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー

目標とする資格

    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • 秘書技能検定 、
    • 実用英語技能検定 、
    • 日商PC検定試験 、
    • TOEIC(R)LISTENING & READING TEST 、
    • TOEFL(R)テスト 、
    • 健康運動実践指導者

    日本心理学諸学会連合心理学検定局認定 心理学検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    イッセイ・ミヤケ 、 オンワード樫山 、 コム・デ・ギャルソン 、 シャネル 、 JALスカイ 、 松竹衣裳 、 積水ハウス 、 バーニーズ・ジャパン 、 米国三越 、 ワコール ほか

※ 内定先一覧

※2017年3月卒業生内定先(学部全体・2017年2月時点)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1
入試広報課 TEL/03-3299-2311

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区代々木3-22-1 「新宿」駅下車。南口または甲州街道改札より甲州街道を初台方面へ徒歩 7分

地図

 

路線案内

※ 2015年度より現代文化学部は新宿新都心に移転。


文化学園大学(私立大学/東京)