• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 文京学院大学
  • 学校の特長

私立大学/東京・埼玉

ブンキョウガクインダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

多極化するグローバル社会で活躍できる人材を育成する「Bunkyo GCI」プログラム

グローバル人材育成のための教育プログラム「Bunkyo GCI(文京グローバルキャリア・インスティテュート)」。多様化する国際社会の中、特にユーラシア地域に注目しこれらの地域も含め、どこででも活躍できる語学力・専門知識・キャリア意識を養うことを目的とするプログラムです。所属学部で各専門領域を学びながら、加えてGCIカリキュラムを履修することで、発展的な語学力と国際性を身につけます。国際語としての英語(グローバル英語)と専門分野を深める特定目的英語の修得、ユーラシア地域をはじめとした国々の言語・文化・歴史の理解、海外インターンシップ、ロンドン芸術大学との連携プログラムなど、多彩なプログラムを用意しています。学校の特長1

インターンシップ・実習が充実

実社会で活躍できる力をつける、体験型授業を重視しています

4学部10学科を擁する文京学院大学の学びのキーワードは「自立と共生」。この教育理念に基づき、学んだ知識を確実に身につけ、社会で即戦力として活躍できる実践力を養うため、各学部・学科で上場企業や海外ホテル・海外企業でのインターンシップ、地域貢献活動や異文化との交流、企業・社会との協働プロジェクトなど、さまざまな体験型プログラムをカリキュラムに取り入れています。最新のトレンドをいち早くキャッチできる東京都心の本郷、実験・実習設備など施設環境を整えた専門研究型のふじみ野、2つのキャンパスで、常に時代に先駆ける学びを提供します。学校の特長2

学外の人との交流が盛ん

コミュニケーション社会学科が2キャンパス制へ!

コミュニケーション社会学科は、これまで埼玉県のふじみ野キャンパスで4年間過ごしてきましたが、3~4年次は都心の本郷キャンパスに移り学びの幅が広がります。1~2年次はふじみ野キャンパスで郊外や地方を学び、3~4年次は本郷キャンパスで都市部のコミュニティを学びます。両タイプの地域に実際に身を置いて学ぶことで、社会全体を見つめる視野を養います。また地域や行政・企業などと協働し、社会の課題に取り組む「まちラボ」プロジェクトで今の社会に求められる力を培います。学校の特長3
文京学院大学(私立大学/東京・埼玉)