• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 別府大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 食物栄養科学部
  • 発酵食品学科

私立大学/大分

ベップダイガク

発酵食品学科

募集人数:
50人

発酵の技術と知識を学び食品開発・流通を研究します。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 醸造・発酵製品企画・開発・研究者

    しょうゆ、みそ、酒、チーズなどの醸造・発酵製品を新たに作る仕事

    醸造・発酵製品とは、しょうゆやみそ、酒、チーズ、ヨーグルトなどのこと。これらの製品は微生物や酵素などの働きを利用して作られるため、企画・研究・開発にはバイオテクノロジー、生命科学、生物学などの分野の専門性が求められる。醸造・発酵製品には古くから親しまれているものも多いが、醸造・発酵のメカニズムや酵素の力などに関してはまだまだわかっていないことも多く、人々の健康増進につながる新たな製品の開発が期待されている。

  • フレグランスコーディネーター

    香水の処方・設計・調香を行う

    化粧品販売店の店頭や、香水の教室などで、客や生徒に、洋服や演出したい雰囲気、気分に合わせた香水をアドバイスする。パフューマーは、既製の香水のアドバイスにとどまらず、好みに応じた香りの処方、設計、調香を行う。香水は、酸化や濃縮する時間が早いので、最適な状態をキープするための知識・技術も難しい。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 132万円  (入学金・授業料・教育研究料含む)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

日本でも数少ない醸造発酵学が専門の学科
バイオ技術は古くから酒・味噌・醤油などの発酵食品製造に使われてきた技術で、近年では医学・工業分野でも重要な技術となっています。本学科では、地元企業や行政の支援協力体制のもと、企業実習など実践重視のカリキュラムを通じ、バイオの知識と技術を身につけた醸造発酵のスペシャリストを育成します。
1:発酵食品コース
発酵は食品づくりはもちろんのこと、地球規模の環境問題やエネルギー問題を解決できる能力を秘めています。発酵食品コースでは、発酵をキーワードに、微生物と食品に関する幅広い教育・研究を行います。
2:食品流通コース
食料生産から、流通・販売、外食・消費までを担うフードシステムにおいては、経営や流通だけではなく、食品に関する専門的知識や安全性についての知識が重要視されてきています。食品流通コースでは、自然科学と社会科学の両面から食品に関する教育・研究を行います。
3:食品香料コース
食品・飲料品やお酒、そして化粧品などの香粧品に含まれる様々な香りの成分について学び、生活を豊かにするための知識やスキルを身につけます。醸造発酵学に加えて、大分香りの博物館での実習をはじめとした香りについての実践的な教育を行うことで、食品産業から香粧品産業まで幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

卒業後

醸造発酵学の専門家として地元をはじめ各地に広がる活躍の場
味噌・醤油・酢や、乳製品、酒類などの発酵・醸造食品製造業、加工食品製造業、健康食品・機能性食品、化粧品や香料メーカーの技術部門、研究部門、販売部門での活躍。さらに食品検査を業務とする行政の各試験研究機関や分析センターなど、食物とバイオテクノロジーの専門家として幅広い分野での活躍が期待されます。

研修制度

地域の特性を生かした地元の企業と連携して、実践的な授業に取り組む
地元の企業との協力体制のもとで、実践的な授業を積極的に展開していきます。酒、焼酎、ワインの酒造所、味噌、醤油の製造所など、実際に現地に赴いて学習する臨地実習もカリキュラムに組み込んでいます。このような企業とのつながりは、学生の就職においても大いに役立っています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (一種) 、
  • 食品衛生管理者<国> 、
  • 食品衛生監視員 、
  • 司書<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    藤居酒造 、 藤居醸造合資会社 、 クロレラ本社 、 近藤養蜂場 、 児湯食鳥 、 鳥繁産業 、 天山酒造 、 あおき 、 福岡県醤油醸造共同組合 、 フジパングループ本社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒874-8501 別府市北石垣82
0977-66-9666(入試広報課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
別府 : 大分県別府市北石垣82 「別府(大分県)」駅からバス 別府大学前下車 25分
「別府大学」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

別府大学(私立大学/大分)